« 【購入】ガラスフィルムにフィンガーリングまで100均で | トップページ | 【スバル】トライベッカ後継はアセント。:ニューヨークモーターショー »

2017年4月11日 (火)

【レビュー】iPhoneユーザーに最適、AAC対応多機能Bluetoothイヤホン...:JPRiDE JPA1 Mk-II

Img_1367_2

先日、購入検討していたBluetoothイヤホン『JPRiDE JPA1 Mk-II』を購入しましたのでレビューしたいと思います。4000円しないイヤホンでこれほど軽量でAACとApt-Xに接続でき2つのスマホに同時接続でき更に防水防塵など、ここまで多機能なイヤホンはなかなかいのでお勧めですね。

□購入動機
今、使っているBluetoothイヤホンはAudio technicaのアンプ内蔵AT-PHA05BTにSONYのXBA-3を繋いでいたのですがケーブルが煩わしくなってきたのと、iPhone 7 Plusに加えてAmazon Fire タブレットを併用し始めてからというものイヤホンの切り替えが面倒になって来たからです。

□イヤホン選び
最近はAppleのAirPodに代表される様にケーブルレスで左右が独立したものが出てきましが、まだ高価な上に片方のみ紛失というリスクを考えるとなかなか難しいかなと思っていました。そこで、次の候補として上がったのが2つのイヤホンを短いケーブルで繋いだだけのタイプだったのです。

このタイプのBluetoothイヤホンは、今、非常に多くのメーカーから多く出ており選び放題な状態です。OEMも多くあり同じ製品が、いろんなブランドででています。Android系の高音質コーデックのapt-xや防水防塵は殆どの製品で対応しています。

そんな中で、JPRiDE JPA1 Mk-IIを選んだのはこの価格帯では珍しいAAC対応に有ります。AACはAppleブランドの音楽の圧縮に使われるフォーマットでiPhoneやiPadで使えば本体からはデコードなしに送信されるため低遅延かつ高音質になります。外で聴くとはいえ音質が高い方がいいですし、動画やゲームなどでは音の遅延が少ない方がいいのは当然ですよね。Mk-IIが付かないJPA1も有りますがそちらはAAC非対応なので注意が必要です。

さらに、JPRiDE JPA1 Mk-IIは2台の端末と同時に接続できるマルチポイントに対応していて使い勝手が非常に良いのです。通話はもちろん音楽や動画の音声もボタン一つで切り替えられます。

この2点だけでも結構選択肢は狭まり4000円以下という条件をつけるとJPRiDEのJPA1 Mk-IIと前モデルのQY8 Mk-IIしか残らなくなります。QY8とは機能は同じですがイヤホン部のサイズが全然違います。QY8を装着している人を以前見かけたのですがイヤホン部が大きく耳に入っているというより貼り付いてるという感じでしたのでちょっと...という感じ。JPA1の方は普通のイヤホンサイズなので耳に入っていると言う感じで収まっています。

□主な仕様

  • Bluetooth v4.1
  • AAC、apt-x、SBC対応
  • 防水防塵
  • マルチポイント対応
  • 軽量12.7g

□パッケージ

Img_1276

パッケージはエコな感じになっていて好印象。シールにModel名があるので他のイヤホンとの共通なのかもしれませんね。

Img_1278
中蓋を開けると本体と付属品がいっぱいに詰め込まれています。

Img_1280
同梱物です。本体はシンプルなのですがこれだけ部品がついているのはすごいですね

Img_1281
イヤーチップも密閉と半密閉、イヤーフック、コードストッパーもついています

Img_1282
イヤホンヘッドは小さいです。

Img_1283
コントローラー。音量や早送り巻き戻しができる+-ボタンと中央にマルチファンクションボタンがあるオーソドックスなスタイル。

装着すると見えない位置にコントローラーが来るのですが中央ボタンが手探りだとわかりづらいです。ポッチでもあれば手探りでもすぐにわかるのですけどね。惜しいです。

Img_1286
側面にmicroUSB。蓋つきです。特に蓋はシールされている感じはありません。

蓋がなくても防水?

Img_1287
充電すると赤いLEDが点灯します。充電が完了すると青いLEDに代わります。

Img_1372

ペアリング中は青いLED

Img_1288
ソニー XB-3と比較。

さすがに、バッテリーがある分厚みはありますが、ヘッド部のサイズがほぼ同じなのが分かります。

Img_1290
イヤーポッドと比べても小ささがわかります。

Img_1303
コードが長い時のコード留めも付属

Img_1321

収納に使ってもいいかもですが断線が心配。

Img_1385

マルチポイント機能でiPhone 7 PlusとAmazon Fireタブレットに同時に接続。

□まとめ

iPhone 7 PlusとAmaozn Fireタブレットにペアリングして使い始めていますが、マルチポイント機能は便利ですね。

音質に関しては、癖がなくスッキリしているので万人向けだと思います。iPhone 7 Plusと接続しているとAAC接続の効果かFireタブレット(SBC)と比べればかなりハッキリとクリアな音がでていると感じられます。

耳に装着した感じも普通のイヤホンと同じ感覚で特に重いと感じることはありません。イヤーフックの角が耳のくぼみに引っかかるので落ちにくくなっているのはいいですね。

コードはホルダーで固定する方が服などに引っかかりやすくなって擦れ音が発生しましたので今はつけていません。

自分はAmazonで3,480円で購入しましたが、この価格でこの音質、この軽さに、この多機能さはかなりコストパフォーマンスが高く満足できるイヤホンです。

iPhone ユーザーならば、このJPRiDE JPA1 Mk-II一択ではないかと思います。

 

□購入

JPRiDE JPA1 Mk-II

|

« 【購入】ガラスフィルムにフィンガーリングまで100均で | トップページ | 【スバル】トライベッカ後継はアセント。:ニューヨークモーターショー »

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/70143156

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】iPhoneユーザーに最適、AAC対応多機能Bluetoothイヤホン...:JPRiDE JPA1 Mk-II:

« 【購入】ガラスフィルムにフィンガーリングまで100均で | トップページ | 【スバル】トライベッカ後継はアセント。:ニューヨークモーターショー »