« 【DIY】エクシーガ専用スマホスタンドを自作してみた:SUBARU EXIGA 2.5i Spec.B Eyesight | トップページ | 【レビュー】ルンバ621のダストボックスはちりとり型:iRobot Roomba 621 »

2016年4月17日 (日)

【レビュー】モバイルルーター Aterm MR04LNでスマートループを接続する方法:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009


パイオニアの楽ナビ『AVIC-MRZ009』とモバイルルーターの『MR04LN』を使ってスマートループが接続できました。So-netの0SIMと組み合わせればナビの通信はほぼ無料でできるのでかなりお得便利ですね。

MR04LNはBluetoothのDUNプロファイルを持っているのが驚きました。今時のスマホはiPhoneもそうですがDUNプロファイルではなく、PANプロファイルを持っていることがほとんどなのでかなり珍しいです。前のMR03LNもPANのみでした。

で、気になったのが接続方法なのですがDUNプロファイルだからといってダイアルアップ接続(SPモードでもなさそう)している様子ではなく、パケット接続しているっぽいことです。

DTI SIMのデータSIMで使えました。



□接続方法



  1. 楽ナビの設定>Bluetooth設定>登録を開く


  2. MR04LNの設定>BluetoothをONにしてペアリングを選択


  3. AtermXXXXXというのがでたらタッチ


基本的にこれだけの設定でスマートループにつなげることができました。業者はなんでもいいみたいです。docomoの回線ですがSoftBankを選んでもつながっています。おそらくカスタマイズで適当にやっても繋がるはず。この辺の動きがDUNプロファイルに対応させるアプリと同じなんですよね。もちろん、2度目以降はナビを起動すれば勝手にBluetooth接続してくれるので簡単です。ウェザーニュースも取得できます。




Bluetooth接続設定画面。ペアリングを選択


ペアリング中



Bluetooth接続リスト。一番上がMR04LN。



 




左下のSの時間がスマートループで情報取得した時間。右側にはちゃんと電波マークとBluetoothアイコンが表示



スマートループで取得された渋滞情報は点線で表示。



□まとめ



いままで、パイオニアの楽ナビとはAndroidタブレットや古いスマホとPDAnetというDUNプロファイルとWi-Fiをつなぐアプリを使ってiPhoneとのテザリングでの接続をしていましたが不要になりました。

MR04LNは単体でナビと格安SIMでつなぐことができるのでとても便利です。DUNで接続していますが、データはパケットに流していると思われ格安SIMでも問題なく繋がるようです。



□関連ページ



【レビュー】iPhoneやAndroidのテザリングで無料でスマートループを使えるようにする方法:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009



【レビュー】iPhoneやAndroidのテザリングで無料でスマートループを使えるようにする方法 Part2:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009: 碧き流星



◽︎オススメ
万能SIMフリーMobileルーター



|

« 【DIY】エクシーガ専用スマホスタンドを自作してみた:SUBARU EXIGA 2.5i Spec.B Eyesight | トップページ | 【レビュー】ルンバ621のダストボックスはちりとり型:iRobot Roomba 621 »

iPhone/iPad/iPod/Android」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/64921570

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】モバイルルーター Aterm MR04LNでスマートループを接続する方法:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009:

« 【DIY】エクシーガ専用スマホスタンドを自作してみた:SUBARU EXIGA 2.5i Spec.B Eyesight | トップページ | 【レビュー】ルンバ621のダストボックスはちりとり型:iRobot Roomba 621 »