« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

【購入】刃の交換サインがでた!交換刃はRQ12/61:PHILIPS RQ1280

image2.jpeg

約2年前に購入したPhilipsのシェーバーRQ1280CCですが、先日、液晶に見慣れないサインがでていました。刃のようなアイコンだったので刃の清掃時期か不具合か何かかと思ったのですが、交換時期のお知らせでしたw。ということで早速、交換刃を注文しました。

交換刃は発売当時の型番はRQ12/51でしたが現在はRQ12/61となっているようです。RQ12/51を比較するとカラーリングなどが変更になっており、レビュー内容をみるとコストダウンされているような感じ…。

とはいえ、現在販売されている最新のセンソタッチ3Dと同じものになるようなので問題なし。

image1.jpeg

□購入

RQ12/51(旧モデル)

PHILIPS シェーバー RQ1275CC

iPhoneから送信
‾‾‾‾‾‾‾‾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

【WRC】ラリー・スペイン:S.オジェが優勝!2年連続の王者に #wrcjp #rxwrc

ラリー・スペインが終了しています。優勝はVWのS.オジェ。2位には同じくVWのJ-M.ラトバラが入っています。3位には久々にフォードのM.ヒルボネン。S.オジェはこの勝利をもってドライバーズチャンピオンを獲得。2年連続してのチャンピオンとなりました。


VWはS.オジェ、J-M.ラトバラ、A.ミケルセンの三人ともが来季も継続して契約することを、発表しています。フォードとシトロエン、ヒュンダイのドライバーシャッフルがあるのかP.ソルベルグの復帰があるのか?!まだ、ラリーGBがありますがストーブリーグも目が離せません。

WRCスペイン総合順位
1:S.オジエ(フォルクスワーゲン)3:46:44.6
2:J.ラトバラ(フォルクスワーゲン)+11.3
3:M.ヒルボネン(フォード)+1:42.2
4:M.オストベルグ(シトロエン)+2:13.3
5:D.ソルド(ヒュンダイ)+2:22.2
6:T.ヌービル(ヒュンダイ)4:01.0
7:A.ミケルセン(フォルクスワーゲン)+4:02.9
8:M.プロコップ(フォード)+8:06.8
9:H.パッドン(ヒュンダイ)+9:12.4
10:N.アル‐アティヤ(フォード/RRC)+12:39.8

iPhoneから送信
‾‾‾‾‾‾‾‾

□公式サイト

World Rally Championship Official Page

World Rally Championship - Results:Results

□情報サイト

WRC速報!! ラリーXモバイル / RALLY-X mobile(PC版)

ラリー専門ウェブサイトRALLY PLUS.NET

□iOSラリー情報アプリ

iRallyiRally World Rally Championship Intercontinental Rally Challenge (WRC 2011 & IRC, Motorsport and Motor Sport, not F1, MotoGP or NASCAR!) - Crown House Media

□iOSおすすめラリーゲームアプリ

WRC: The Game - MILESTONE s.r.l.WRC: The Game - MILESTONE s.r.l.:WRC公認

Rally Master Pro 3D - FISHLABSRally Master Pro 3D - FISHLABS

Cubed Rally Racer - nocanwinCubed Rally Racer - nocanwin

Tiny Cars - IRIX PTY LTDTiny Cars - IRIX PTY LTD


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

【スバル】レガシィ、アウトバック発表、ツーリングワゴン消滅

スバルは24日、レガシィとアウトバックのフルモデルチェンジを発表しました。この型からレガシィツーリングワゴンがラインナップから消滅します。レガシィは高級セダンの道を。アウトバックも高級SUVの道を歩んでいく感じです。ツーリングワゴンの消滅は寂しいですがワゴンのDNAはレヴォーグに引き継がれることでしょう。

□関連ページ
富士重工業株式会社 ニュースリリース
SUBARU:車種紹介>レガシィ B4
SUBARU:車種紹介>レガシィ アウトバック

日本市場ではレガシィはどうなるんでしょうね?レヴォーグもよく見かけるようになりましたがセダンB4とアウトバックになったレガシィは日本市場に受けいられるのかですね。特にB4をわざわざ乗る人がいるのかが未知数。アウトバックはそのままアウトバックのユーザーの乗り換え需要はありそうですけどね。

個人的には、エクシーガをこのアウトバックのプラットフォームでリニューアルして新しい7人乗りを提案して欲しい限りです。
オデッセィもスライドドアを搭載した1BOXタイプに切り替えましたしスバルも追従していいのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

【修理レビュー】開きが悪くなったレンズシャッターを分解修理してみた:Panasonic HDC-SD100

image2.jpeg

次男の誕生をきっかけ(理由)に購入したハイビジョンビデオカメラPanasonic HDC-SD100ですが、その次男が幼い頃にヨダレ攻撃にあってレンズシャッターの左上が完全に開かない場合がずっと頻発していました。で、思い切って分解修理してみましたのでその模様をレビューです。

□関連ページ
デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-SD100 商品概要 | ムービー/カメラ | Panasonic
HDC-SD100 | デジタルビデオカメラ | お客様サポート | Panasonic

レンズシャッターが一部開かないことによって困るのは、撮影時にシャッターが一部映り込んでしまうことですね。派手に半分ぐらいでも閉じてくれればすぐにわかって撮影する前に指で開いたりもできるのですがホンの少しだけ影ができる程度なのがタチが悪かったんです。撮影を開始してしばらくして気づいたり再生した時に気付くなんてのはしょっちゅうあって困ってました。

ブロアーで吹いてみたり、潤滑油を入れてみたりといろいろしてみたものの一向に改善されずだったんですが、、ヨダレ攻撃が収まってからと思っているうちに次男も6歳wwww。良く考えてみればこのパーツだけ部品注文すればよかったんですよね。

ということで、どうせ部品注文するなら分解してみようと思ったのがきっかけです。

□修理手順

image12.jpeg

まずは、レンズシャッターの部分を外します。もともとワイドコンバージョンレンズなどが取り付けられるように外せるようにできているので簡単です。

image11.jpeg

まずは、裏返します。

image10.jpeg

分解は極細のマイナスドライバーで爪がありそうな隙間に差し込んでテコの原理で真上に持ち上げてみたら以外とあっさり取れました。

image1.jpeg

シャッター部を外した直後の画像。なにやら粘り気のありそうな液がシャッター周辺にこびりついているのが分かります(汗)

image3.jpeg

取れてしまえばあとは、爪を外して簡単にバラバラに分解できましたので、各パーツを綺麗にアルコール除菌ティッシュで拭き拭き。すっかりきれいになりました。

image1.jpeg

ベースとなるパーツはグレーのパーツがバネで稼働するようになっています。

image5.jpeg

グレーのパーツの下のパーツから出ている突起にシャッターパーツの穴を合わせるようにして外側のシャッターを嵌めます。

image6.jpeg

内側のパーツも同じ突起に上から重ねるようにおけばシャッターの配置は完成です。

image7.jpeg

動作テストです。何も触っていない状態ではシャッターが開いていますが、右にあるグレーの突起を下に下げると

image8.jpeg

このようにシャッターが締まります。手を離せば中のバネで元に戻ってシャッターが開きます。外した時と逆にレンズリングに装着しなおせば終了です。

image13.jpeg

本体に取り付けたところ。本体側に先ほどのグレーの突起を動かす機構がついているので取り付けただけでシャッターは締まります。

image14.jpeg

録画側に電源を入れるとシャッターが開きます。何度繰り返しても完全にシャッターが開いて直ったことがわかりました。

ここまで撮影しながら修理して30分でした。部品注文する必要もなく簡単に直ってしまいました。

□関連記事
【ビデオカメラ】Panasonic HDC-SD100を選んだ理由: 碧き流星

□おすすめ商品
ビデオカメラには三脚が必須です。
おススメはSLIKのFX640。目の高さまで三脚が伸びるのと水準器がついているので安定した撮影が出来ます。

パナソニックのハイビジョンカメラなら3MOSを搭載したX920がおススメ。私が持っているHDC-SD100の正当後継機種です。

ソニーなら手振れ補正が強力でレンズの性能が高いCX900がおススメ。でもパナに比べるとやや大きいです。

ソニーは4K対応モデルも家庭サイズなので余裕のある方はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

【Apple】iPhone 6 PlusをiOS 8.1にアップデート。メールの未読問題が消えてスッキリ。

image1.png

iPhone 6 Plusに機種変更してから2度目のOSバージョンアップです。なんとなく8.0.1の時のトラブルがあったので1日置いてからのバージョンアップです。今回のバージョンアップの目玉はカメラロールの復活だったりしますが、個人的にはメールの開封済み処理が正常に行われない場合があることのバグ修正が大きかったです。特にGmailで頻発していて標準メールアプリでは一括で開封済み処理しても未読が残るのでGmailアプリで閲覧して未読を消化してととても面倒でした。

image4.png

アップデートの内容。

image6.png

アップデートのダウンロード

image7.png

アップデートのインストール

image9.png

OTAでアップデートして約30分ほどでアップデートが完了しました。(Wi-Fiの回線スピード20Mbps程度です)

image10.png

アップデートをしてからは開封済み処理をすればキチンと開封になってくれスッキリしました。Google側の問題かと思っていたのでよかったです。

□おすすめiPhone アクセサリー

Ultra Fine Glass

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

【試乗レビュー】WRX STI vs レヴォーグ1.6GT

image1.jpeg

愛車のエクシーガ 2.5i spec.B Eyesightが1年半の点検だったのでスバルに寄ったついでレボーグ1.6GTと出たばかりのWRX STIに試乗してきました。どちらも思っていた以上の出来で最近のスバルの好調さを感じさせてくれました。

□レヴォーグ1.6GT
地元のスバルに置いてあったレヴォーグは2.0GT-S EyeSightと1.6GTでした。本当はWRX STIを含めて3車とも乗りたかったのですが時間がなかったのでレヴォーグは1.6GTを選択しました。

image2.jpeg

1.6GTということで、1.6Lのエンジンにターボをつけて、2.5Lの自然吸気エンジンと同等以上のパフォーマンスを得ているモデルになります。残念ながらEyeSightなしのモデルなのでレーンアシストは試すことが出来ませんでした。これはまた次回ですね。

この試乗の1週間ほど前にBPレガシィの3.0Rに乗る機会があったのですが、こちらはパワフルながらもしなやかな足回りで包み込まれるような乗り心地に関心したのですが、当然ですがレヴォーグ1.6GTはそこまでのしなやかさやパワフルさはありません。しかし、自分のエクシーガ 2.5i spec.B Eyesightと比較するならばパワフルさはほぼ同等のレベルと感じました。1.6Lエンジンだから非力ということはなくターボによるアシストが自然吸気の2.5Lクラス以上のパフォーマンスを発揮していることは間違いないようです。

レヴォーグで関心したのは、フロントの視界の良さです。低く構えたシルエットですがワイドなフロントウィンドウでピラーが邪魔にならず前方視界は開けています。

乗り心地に関しては、フワフワな感じもゴツゴツ感もなく常に水平に保たれている感じがあり好印象でした。営業さんいわくGT-Sはビル足なんで硬いですよとのこと。自分の車のビル足は高速域でかなり安定する印象があるのでGT-Sなら高速道路を試乗したいところです。

□WRX STI

WRX S4は置いておらず、STIのみが試乗車でした。当然6MT。1年半前まで乗っていたインプレッサSWはMTだったのでMT車の試乗は全然大丈夫!と思っていたのですが完全にMTの感覚を忘れていて焦りました。しばらくぶりに乗るMT車がWRX STIはやはり過激すぎましたw

WRX STIの以外のなほどしなやかな足回りに驚きました。STIバージョンだから低偏平タイヤにガチガチに絞められたサスでさぞ乗り心地が悪いだろうと思っていただけに拍子抜けです。タイヤがブリヂストンからダンロップに変わったり車体の剛性が上がったことでサスペンションの味付けが大きく変わったのかもしれません。

残念ながら夕方の渋滞の中で、まともにアクセルを開けることすらできませんでしたのでフル加速はチェックできませんでしたが、少し前の車と距離を開けて、軽く踏み込んでみると3000rpmあたりから強烈にトルクが立ち上がりあっという間に距離が縮まってアクセルを緩めないといけないというほどでした。また、ブレーキも強力で、普段と同じようにブレーキを踏んだらガツンっと止まってしまい慌ててクラッチを切るという久しぶりにMT車を乗る自分にとっては冷や汗ものの試乗となってしまいました。

結局、加速も減速も強烈すぎて渋滞が走りにくいマシンという印象が残ってしまいました。WRX STIを試乗するならば、平日に休みをとって渋滞の無い時間で試させてもらう方がよいと思います。是非、WRX STIはサーキットで試乗会をしてほしいですね。

□まとめ

WRX STIの意外なまでのしなやかな乗り心地が印象的でした。久しぶりの6MTと渋滞の中だったのでそのパフォーマンスをほとんど体感できなかったのは残念ですがSTIだから同乗者には我慢してもらうというようなことは無い気がします。

レヴォーグについてはやはり1.6Lターボのエンジンは十分にパワフルだったということですね。スペック的に2.5L NAを上回るトルク特性ですしレガシィも含めて他車展開にも期待したいです。

で、レヴォーグとWRX STIの試乗の後に、自分のエクシーガを乗るとシートの高さが凄く気になってしまいました。もともと、車高が高いのと前方の見易さを考えてシートポジションを大分高い位置にしていたんですよね。なので、試乗後にのると違和感がありすぎて…シートポジションを下げてしまいました。エクシーガでもシートポジションを下げるとレガシィやレヴォーグのように深く腰を落として座ることができるので、走行中の安定感にもつながります。シートポジション大事です。

□おすすめ
WRX STI

レヴォーグ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月11日 (土)

【iPhone】さらば、iPhone5

image2.jpeg

iPhone 5からiPhone 6 Plusに無事移行できたので、ソフトバンクショツプでiPhone 5を下取りしてもらいました。出先だったのですが契約した店とは違っても受付してもらえたので助かりました。

□iPhone 6/6 Plusへの機種変更での旧機種下取りについて
タダで機種変更キャンペーン | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク

□下取り前のバックアップについて
お申し込み前の準備 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク

iPhone 5にする前はiPhone 3GSを3年間使っていたときだったので、動作も遅くメモリーも常にいっぱいいっぱいという状況でとにかく早く機種変更を!という感じでしたが、今回は2年間しかつかっておらず、iPhone 5の性能もまだまさ高いので特に機種変更を急いでという感じではなかったですね。メモリーが1GBと容量が大きかったのが良かったのかもしれません。

□おすすめiPhone アクセサリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

【iPhone】iPhone 6 Plusを数日使った印象

iPhone 6 Plusに機種編してから数日が経過しました。印象を少し書いておきますので参考にどうぞ

・ ポケットに入るか?

ポケットに入らないと思っていたのですが、会社の制服やYシャツのポケットにはジャストフィットで入りました。ただ上部1cm程度はみ 出しますがw。胸ポケットに入れていると少し重さを感じましたがまあすぐになれました。会社以外では腰にシザーバッグを付けているのでそこにINしていま す。iPhone5はシザーバッグの中で横になって底の方に入ってしまって取りにくくなっていたのですがさすがにiPhone 6 Plusではそんなことはなく逆に取り出し安くなりました。

・片手での操作

確かにバカデカイので片手では持てますが利用するには大きすぎるサイズでした。ただ、フリップケースを付けたことでそもそも片手で使うような気が起きず常に両手で使う 感じにすぐに慣れてしまいました。むしろ片手で操作していたころより使用頻度が下がりスマホ依存度が減ってよかったかもwww。

・フリック入力

片手で入力しないのでフリック入力も特に問題なく出来ます。iPhone5より幅が広がったのでまだ感覚にズレがあり入力ミスがありますがその内なれるでしょう。

・ブラウジング

大画面の効果は絶大!高解像度でもあるので広いエリアで細かいところまでしっかりとみることができます。スマホ用のサイトを用意していることろだとバランスが崩れているところもチラホラ。

・写真、動画

こちらも大画面の効果が絶大!。フリップケースがスタンドにもなるので、通勤中に動画を良くみるようになりました。7GBの壁が怖い…。

・ゲームアプリ

ランドスケープで両手で操作するアプリには最適ですPSPよりもでかいですからね迫力もあります。縦画面で操作するアプリも両手で行わないと画面の端に届きません。

・電子書籍

iPhone 6 ではなくiPhone 6 Plusにした理由の一つが電子書籍を読みたかったからです。iPhone 5では画面が小さくてつらかったのでNexus7(2012)と併用していました。その後、Windows8タブレットのMiix 2 8も購入したので3台持ち歩くことになり重たかったんです…。

で、5.5インチサイズでの電子書籍ですが文庫本や漫画レベルはいい感じで読めますがA4サイズの雑誌は文字が小さくてつらいです。ただ、ほんの少し拡大するだけで充分のサイズになるのでiPhone 5よりもかなり見やすいのは確かです。

Nexus7(2012)は今のところ家に置いておくことにしました。

・ランドスケープ

iPhone 6 Plusにしかないのがホーム画面やアプリのランドスケープ表示。公式アプリはランドスケープ表示にするとiPad同様に2ペイン表示になったりかなり便利。
ただ、一般アプリは非対応のものが殆どで使い勝手が今一つ。今後どんどんiPhone 6 Plusのランドスケープ表示に対応することに期待。

ちなみにランドスケープモードは

設定>画面表示と明るさ

の画面表示の拡大を「標準」にしていないと動作しないので注意が必要です。最初「拡大」にしていてならないので重力センサー異常かと思って焦りました。

拡大表示でもランドスケープ表示に対応して欲しいところです。

・電波感度

iPhone 5/5Sまでは3Gと4G LTEのみですがiPhone 6/6 Plusでは、今までAndroid用として提供してきた4GのAXGP(TD-LTE相当)にも対応しています(SoftBankではHybrid 4G LTEと呼称)。体感としても4Gで接続されているエリアが増えたように感じます。新幹線(山陽エリア)の中でも電波切れが減っていますのでその効果はあると思います。

2015年以降には4G LTEでCA(キャリアグリげーション)に対応し最大187.5Mbps(4G LTEは最大112.5Mbps)まで速度がでるようになるようです。

Hybrid 4G LTEとは | ソフトバンクのネットワークサービス | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク
LTE-Advancedへの取り組み | 電波改善の取り組み | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

・バッテリー

iPhone 5を機種変更する直前にバッテリー交換したので、それとiPhone 6 Plusのバッテリーの持ちを比較すると、ほとんど差が分かりません。

激減するということは今のところ発生していませんしモバイルバッテリーを使うような状況にもなっていません。

出張とか長時間充電できない状況の時に実感できるかなと思います。

・Touch ID

iPhone 5Sから採用されたTouch ID。自分はiPhone 6 Plusで初めて利用しました。今までホームボタンを押していたのは親指と人差し指がメインだったので両手の親指と人差し指を登録しました。特にiPhone 6 Plusは画面が広くなってスライドしてパスコードを入れるのが大変なのでTouchIDがあるのとないのでは大きく操作性が異なります。

・iMovie、Garage、iTunes U、Keynote、Pages

無料でインストールできました。使う可能性があるのはiMovieぐらいかなぁ

・U2のアルバム

iPhone 6に限りませんが、こちらも無料。いままでU2を深く聴いたことがなかったのですが、iPhoneのCMでヘビロテされている曲だけじゃなく他の曲も魅力が満載でU2がなぜ世界的アーチストになったのかよくわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

【iPhone】iPhone 5からiPhone 6 plusへの機種変更(トラブルあり)

本日、ソフトバンクショップでiPhone 5からiPhone 6 plusに機種変更してきました。いろいろトラブルはありましたがiPhone5からiPhone 6 Plusへの復元作業が無事終了しようやく使えるようになりました。

□iPhone 6 Plusへの機種変更

通話をほとんどしないので、スマ放題にはせず従来通りのホワイトプラン+パケット定額のままです。

iPhone 5は下取りしてiPhone 6 Plusへの機種変更資金にあてがいます。iPhone 5はiPhone 6 Plusに移行後にソフトバンクショップに持ち込めば回収してくれます。直接発送も可能です。画面にひび割れや水没などの形跡がなく完全に動作していれば、傷などに関係なく下取りしてくれるのはありがたいことです。

ソフトバンクショップで箱を開けられ、USIM挿入とSoftBankのプロファイル一括設定を勝手にされてしまいましたが、復元したら消えてしまうので意味なし…。

自分で開封して設定したかったですが何も聞かれずだったので止めるすべがありませんでした(涙)

同じmicroUSIMなのですが新たに発行するのは意味があるのでしょうかね?仕様が変わっているからiPhone5にいれても動作保障しませんとかなんとか言ってましたけど、SIMフリー版にiPhone 5のSIMをいれても動くのでそれはあり得ない…。のべの契約者数を増やすためではないかと勘繰ってしまいます。

ということでiPhone 5とiPhone 6 Plusを抱えたまま一旦自宅へ。すぐに出かけないといけなかったので、iPhone 6 plusを箱にいれたままBluetoothイヤホンの設定をして通話だけできるようにして外出しましたw

□iPhone 5のバックアップ

=?utf-8?Q?iPhone6plus=5F01.png?=

64GBのモデルで無料のiCloud(5GB)ではバックアップは到底不可能なのでiTunesでのバックアップにしています。

バックアップを暗号化しておくと、ブラウザのパスワードなども完全に移行できるのでおススメです。

□iPhone 6 Plusへの復元

復元の前に、iPhone 6 PlusですがOSは当然iOS 8.0.0のままでした。iPhone 5は8.0.2にしており、復元時にOSバージョンが違うと面倒なことになりそうだったのでiPhone 6 Plusも先にOSを8.0.2にアップデートしておきました。

=?utf-8?Q?iPhone6plus=5F02.png?=

パソコンにiPhone 6 plusを接続すると「新しいiPhoneとして設定」するか過去の「バックアップから復元」するか聞いてくれますのでiPhone5の復元データを選択して続けるを進めます。

・トラブル1

=?utf-8?Q?iPhone6plus=5F03.png?=

まず、最初のトラブル、iPhone5のバックアップデータからの復元するにはバックアップを暗号化する時に必要なパスワードの入力を求められます。

てっきりiPhoneのロックパスかとおもったのですが、これがパスワードが一致しません

じゃあAppleIDのロックパスか?とおもったのですがこれも不一致

思い当たるパスをいくつか入力したものの不一致の連続…

焦りました。

結局、かなり前に使っていたパスコード(iPhone5を購入時のあたりで使っていたパス)がビンゴしました。

いやぁ、復元できなくなるかと思い焦りました…。

・トラブル2

で、すんなり作業が終わるはずだったのですが…トラブル発生。

やけに早く同期がおわるなと思っていたら、アプリは表示されているものやや暗い状態(登録はされているがインストールされていない状態)。音楽もビデオも同期されていませんでした。

再接続して再度同期するも状況は変わらず。今度はポップアップで「iPhoneのバックアップに必要な空き容量がない」というようなメッセージがでてしまいました。

保存フォルダーは容量に余裕のあるDドライブにしていたのにおかしいな?と思ったらCドライブが数MBの容量になっていました。

調べてみると音楽や動画などのデータ以外のバックアップはCドライブに保存されるようなのでした。

過去の不要なバックアップやパソコンにインストールしてある不要なソフトを何とか削除し30GB以上の容量を確保したところ、ようやくバックアップが可能になり最後まで同期が進みました。

あとで調べてみたところiPhone5(64GB)のバックアップファイルも移行先のiPhone 6 Plus(128GB)のバックアップファイルも約20GBありました。そりゃ足りなくなります。

バックアップファイルの保存先も指定できるようにして欲しいところです。

一応、WindowsのMylinkという機能で他の保存先とリンクして別ドライブに保存することもできるようです。

・トラブル3

で、まだあります。同期は最後まですすんだものの音楽やビデオの同期が出来ていませんでした。途中で同期が止まるということを繰り返したため画面上では同期済みになっているにも関わらず本体に保存されていない状態になってしまったようです。

ま、これは単純で、音楽や動画を一旦同期しない設定にして同期をさせたあとに再度、同期するようにしてやれば完了。今までは容量を少しでも確保したかったのでAACの128Kbpsを選択していましたが、AACの256kbpsに変更しました。心なしか音がスッキリしたような気がします。

□購入
私が装着しているケース:SoftBank SELECTION EQUAL fold

液晶保護フィルム Ultra Fine Glass for iPhone 6 Plus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【カーナビ】楽ナビにリモコンと音声検索が復活。最新スマホとのテザリングも可能に!:PIONEER AVIC-RL09/AVIC-RW09/AVIC-RZ09

パイオニアの楽ナビの2014年の最新機種が発表されました。楽ナビにリモコンと音声検索機能が復活し、ついにBluetooth(PANプロファイル)やUSBケーブルを介してネットにつなげられるようになりました。2013年以前のモデルと比較してかなりの性能向上であり相当な人気がでることは確実ではないでしょうか?

□関連ページ
「高性能×使いやすさ」をさらに磨き抜いた カロッツェリア メインユニットタイプの『楽ナビ』 9機種を新発売 | 報道資料 | ニュース | パイオニア株式会社
楽ナビ | カーナビ ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社

新機能で気になった部分をちょっと紹介
○Bluetooth(PAN)接続に対応:
今まではBluetooth接続といってもDUNプロファイルというダイアルアップに近い接続方法しか対応していなかったのですが、iPhoneなど最新のスマホで採用されているPANプロファイルにようやく対応しました。スマホと直接テザリングが可能なのでスマートループや音声検索がネット経由で簡単にできるようになりました。

○スマートコマンダー:
過去の楽ナビにはリモコンがついていたので復活。スティックとダイヤルと4つのボタンで構成されコンパクトになっています。ワイドタイプのAVIC-RW09には右サイドにスマートコマンダー的な操作パネルがついています。エアージェスチャーも一応搭載されていますが初期設定ではOFFになっているようです(次のモデルでは消えそう…)

○フリーワード音声検索機能:
過去の楽ナビは本体機能で行っていましたが、ネット経由で音声認識し検索する機能になっています(要ネット接続)

○マルチウェイスクロール:
地図移動もドラッグやフリックに対応しスマホと同じように地図が操作できるようになっています。

○アイドリングアッテネーター:
アイドリングストップを検知すると音量を絞る機能。アイドリングストップすると車内は静かになりますので便利。エコにもなります。

○ドライブレコーダー:ND-DVR1
同時に発表されたドライブレコーダー「ND-DVR1」と連携して機器の設定や録画された画像を再生できたりします。旧楽ナビにも対応して欲しいところです。

□残念なポイント
○Lightning端子搭載iPhoneに非対応
対応するiPhone、iPod接続ケーブル(CD-IUV51M)は30pinドックコネクタの仕様のものでApple社製「Lightning - 30ピンアダプタ」を使用しても音声のみでiPhone 5以降は本体での動画再生に非対応となります。サイバーナビはLightningに対応してHD動画再生もできることから残念でなりません。当然CarPlayにも非対応。
carrozzeria | iPhone、iPod接続情報

○音声認識コントローラー:
「スマートコマンダー」には音声認識ボタンが見当たりません。カスタムボタンがあるので音声認識を割り当てることができれば使えるのかもしれませんが…。ハンドルに取り付けられるアダプターもなさそうです。

かつてAVIC-DRV120に接続していた音声認識コントローラー「CD-SR5」はハンドルに取り付けられて音声認識だけでナビをコントロールできたのでかなり便利でした。

○Wi-Fi接続に非対応
ようやくBluetoothのPANプロファイルに対応しテザリングでの利用がやりやすくなったもののWi-Fiは非搭載で高速な通信には非対応のままです。スマホもLTEで150Mbpsなど高速な通信が当たり前となっていますし、マップ更新などは高速な自宅のWi-Fiなどに接続して車のなかだけで完結できたりできれば便利なだけに残念です。

□まとめ
私が最初に買ったカーナビである楽ナビは2003年発売のAVIC-DRV120でした。この楽ナビは上位のサイバーナビとほぼ同等のCPU性能やGPS性能を持ち、タッチパネルだけでなくリモコンやハンドルリモコン、音声認識まで搭載しており非常に満足度の高いカーナビでした。

現在、自分は車を買い替えたことを機に後継のAVIC-MRV009購入しました。残念ながらこの楽ナビは、それまでの楽ナビLite以上楽ナビ以下という性能で音声認識やリモコンなどが省かれてしまいエアージェスチャーという新たな機能は入ったものの使い勝手ではAVIC-DRV120に及ばない部分が多くありました。

また、渋滞情報などを取得できるスマートループを取得するにも専用通信モジュールかガラケーや古いスマホにしか搭載されていないBluetoothのDUNプロファイル接続でしか利用できず。古いスマホ経由でiPhoneのテザリングを利用するなどという面倒なことをしています。

参考:【レビュー】iPhoneやAndroidのテザリングで無料でスマートループを使えるようにする方法 Part2:Pioneer 楽ナビ AVIC-MRZ009: 碧き流星

今回の2014年モデルはその不満を一気に解消すべくフルモデルチェンジしたようです。楽ナビLiteから決別し真の楽ナビになりました。2013年モデルはやすくなるでしょうがこれだけバージョンアップしていれば少々高くても2014年モデルを買うべきです。これを2年前に出してほしかった…。

次のフルバージョンアップではWi-Fiの搭載やCarPlayへの対応に期待したいですね。
□購入
AVIC-RL09(8V型液晶搭載ラージサイズメインユニットタイプ)

AVIC-RW09(200mmワイドメインユニットタイプ)

AVIC-RZ09(2D(180mm)メインユニットタイプ)

パイオニア iPod用USB変換ケーブル CD-IUV51M(ナビとの接続にはPioneer USB接続ケーブル CD-U420も必要)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

【WRC】ラリー・フランス:J-M.ラトバラがターマック初勝利。

WRCのラリー・フランスはS.オジェが初日に脱落する波乱でスタート。その後はJ-M.ラトバラとミケルセンの、VW1-2となり、J-M.ラトバラがターマック初勝利を挙げました。

WRCフランス:暫定総合順位
1:J.ラトバラ(フォルクスワーゲン)2:38:19.1
2:A.ミケルセン(フォルクスワーゲン)+44.8
3:K.ミーク(シトロエン)+1:05.3
4:D.ソルド(ヒュンダイ)+1:48.7
5:M.ヒルボネン(フォード)+2:00.7
6:E.エバンス(フォード)+3:00.8
7:M.オストベルグ(シトロエン)+3:02.5
8:T.ヌービル(ヒュンダイ)4:08.4
9:B.ブフィエ(ヒュンダイ)+4:12.9
10:M.プロコップ(フォード)+6:07.5

iPhoneから送信
‾‾‾‾‾‾‾‾

□公式サイト

World Rally Championship Official Page

World Rally Championship - Results:Results

□情報サイト

WRC速報!! ラリーXモバイル / RALLY-X mobile(PC版)

ラリー専門ウェブサイトRALLY PLUS.NET

□iOSラリー情報アプリ

iRallyiRally World Rally Championship Intercontinental Rally Challenge (WRC 2011 & IRC, Motorsport and Motor Sport, not F1, MotoGP or NASCAR!) - Crown House Media

□iOSおすすめラリーゲームアプリ

WRC: The Game - MILESTONE s.r.l.WRC: The Game - MILESTONE s.r.l.:WRC公認

Rally Master Pro 3D - FISHLABSRally Master Pro 3D - FISHLABS

Cubed Rally Racer - nocanwinCubed Rally Racer - nocanwin

Tiny Cars - IRIX PTY LTDTiny Cars - IRIX PTY LTD


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

【レビュー】スタンド機能も備えるフリップ付ケース:SoftBank SELECTION EQUAL fold for iPhone 6 Plus

image1.jpeg

SoftBank ShopからiPhone 6 Plusが入荷したと連絡が入ったので、早速ケースを購入しました。いろいろと悩んだのですが、iPadの風呂蓋タイプに近い、SoftBank SELECTION EQUAL fold for iPhone 6 Plusにしてみました。

iPhone 6 Plusはかなり大きく普通のスマホ的に扱うよりタブレット風に扱うのがいいのではないかなと思っていますし、通常の横フリップタイプよりも薄く蓋部分が邪魔になりにくいのもポイント的に高いです。液晶保護フィルムがなくても液晶が保護されるのもいいですよね。

ラウンドしたエッジの為に液晶フィルムを貼ると目立ちますので貼りたくないというのもあってフリップタイプにしました。

iPhone 6 Plusに装着してみたところです。風呂蓋の部分はiPad純正と違ってパタンパタンとたたむというよりぐぃぐぃと曲げていく感じでたたみます。ケース自体にもマグネットが無い為、畳んだ状態でがっちり固定されるわけではありませんが、iPhone 6 Plusの重みで畳んだ状態が維持されるのでスタンドとしてちゃんと機能します。

=?utf-8?Q?EQUAL=5FFOLD=5F004.jpg?=

折りたたんだ部分を上部に持ってきた場合。画面傾斜角度は約19度でした(コンパスで計測)

=?utf-8?Q?EQUAL=5FFOLD=5F001.jpg?=

タッチ操作をするならばこの角度が使いやすそうな印象。

=?utf-8?Q?EQUAL=5FFOLD=5F003.jpg?=

折りたたんだ部分を下部に持ってきた場合。画面傾斜角度は約38度でした(コンパスで計測)

=?utf-8?Q?EQUAL=5FFOLD=5F002.jpg?=

やや角度が浅いですが動画などは見やすくなります。タッチ操作もできます。

iPhoneから送信

‾‾‾‾‾‾‾‾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »