« 【ゲーム】ゲームセンターでキングテレサのセンサーライトをGet!!: | トップページ | 【カーナビ】ワイドモデルやAR HUD対応もLightningには非対応:パイオニア カロッツェリア 楽ナビ AVIC-MRZ099 »

2013年10月 2日 (水)

【スバル】次世代アイサイトはカメラがカラー化して信号もブレーキも認識!レーンキープアシストにも対応

スバルは2013年10月2日に次世代「アイサイト(EyeSight)」を発表しました。ステレオカメラがカラー化したことで信号やブレーキランプの点灯も認識できる用になっています。プリクラッシュの制御も従来の30km/hから50km/hと大幅アップしています。そのほかレーンキープアシスト機能やAT誤発進も後進に対応したりとかなりのバージョンアップを図っています。2014年に国内で発売予定の新型車より搭載されるそうです。

□関連ページ
富士重工業株式会社 ニュースリリース:~ステレオカメラの認識技術刷新と操舵制御追加で安全性能向上とさらなる運転負荷軽減を実現~
富士重工業株式会社 ニュースリリース:スバル レガシィ、アウトバック(EyeSight装着車)が米国IIHSの衝突回避性能評価で最高評価である「superior」を獲得

来ましたねぇ、次世代「アイサイト(EyeSight)」現在がver2.0なのでver3.0となるのでしょうけど、ステレオカメラが白黒からカラーになったことでもう一歩踏み込んだ制御ができるようになったようです。

カラーになると情報量が飛躍的に増加しますが、白黒では判別しづらかったことも識別しやすくはなるので制御範囲の大幅な拡大になったのだと思います。従来は距離のみで判断していた速度制御を前方車のブレーキランプの点灯を確認して制御を早めに行いスムーズな操作になっているようです。あと赤信号の認識は嬉しいですね。交差点での誤進入防止など一歩踏み込んだ制御ができるはずで安全にかなり貢献しそうです。

レーンキープアシストについては、ハンドルを操作している状態を認識していればレーンの中央をキープするように自動操舵してくれるそうですし、仮に逸脱しようとしても中央に戻すようにトルクが掛かるとのこと。あくまで運転者のサポートをするにとどめているようです。あくまで高速道路での運用を想定しているはずでキツイコーナーはないとは思いますが仮にハンドル操作だけで曲がれない場合は減速はしてくれるのでしょうかね?

もちろん、ICに降りる時は早めに自動追従をオフにしないと出れなくなりそうです。

自分は今、エクシーガのEyesight ver2.0つきに乗っていますが、30km/hというのは意外と遅いので今回の50km/hへの引き上げは大歓迎です。50km/hというと、市街地の一般道での速度に近いわけでこれはかなりのインパクトに思います。レーンキープはどのように動作するのか体験してみたいですね。

あと、2014年の新型車より導入とありますが、どうやらインプレッサベースの新ワゴンをさしていると思われます。レガシィワゴンより一回り小さいワゴンとして噂されており、元インプレッサスポーツワゴン乗りとしてはこの新車種にも期待したいところです。

□購入
ぶつからない新車選びの本

自動車の衝突安全

|

« 【ゲーム】ゲームセンターでキングテレサのセンサーライトをGet!!: | トップページ | 【カーナビ】ワイドモデルやAR HUD対応もLightningには非対応:パイオニア カロッツェリア 楽ナビ AVIC-MRZ099 »

スバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/53465197

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル】次世代アイサイトはカメラがカラー化して信号もブレーキも認識!レーンキープアシストにも対応:

« 【ゲーム】ゲームセンターでキングテレサのセンサーライトをGet!!: | トップページ | 【カーナビ】ワイドモデルやAR HUD対応もLightningには非対応:パイオニア カロッツェリア 楽ナビ AVIC-MRZ099 »