« 【WRC】ラリー・サルディニアDAY2:T.ヌービルが自身最高の2位! #wrcjp #rxwrc | トップページ | 【レビュー】気化熱をMAXに利用して熱中症対策:すぐ冷えクールスカーフ »

2013年7月11日 (木)

【レビュー】ビジネスを強く意識した最強UltraBook:Lenovo ThinkPad X1 Carbon

image.jpeg

先日の ThinkPad Tablet 2に引き続きThinkPad X1 Carbonをお借りすることができましたのでレビューしたいと思います。UltraBookとしての完成度は高く、また伝統のThinkPadデザインは所有する喜びを与えてくれるマシンでした。

極薄ボディーに14インチの高解像度液晶に加え、剛性の高いキーボード、高いCPU処理能力は出張などで不安を全く感じさせないと思います。ただ、先日借りたTablet 2(576g)と比較すると1.36kgと2.3倍も重量がある為、毎日、鞄に入れて持ち歩くにはちょっと厳しく感じました。

【レビュー】圧倒的な存在感、安心感のあるWindows8タブレット:Lenovo Thinkpad Tablet 2: 碧き流星

お借りしたのは、最新のタッチパネル搭載のものではなく、OSもWindows7のモデルです。本当はタッチパネル+Windows8のモデルがよかったんですが仕方ありません。

image.jpeg

現在、自宅用に使っているノートPCはASUS A52N(後ろに写っているPC)という15.6インチ(1366×768)と標準的な液晶を搭載しているのですが、ThinkPad X1は画面サイズが小さいのに解像度が1.17倍となる1,600×900ですので表示が精細でぐっときます。解像度が高いと表示される範囲が広くなって使いやすいですね。EXCELやWORDでの作業も快適でした。もちろん、文字サイズも小さくはなってしまうのですが額縁が極小で13インチサイズのボディーに14インチ液晶を埋め込んでいるので見づらいことはありません。液晶は反射が少なく見やすくなっているのもビジネス用途にはうれしいですね(クリア液晶のA52Nの映り込みと比べると明らかです)

image.jpeg

撮影するのを忘れましたが、ACアダプターは結構重量(週ASCIIによると424g)がありました。LANアダプターやディスプレイアダプターも付属しているのはビジネスを強く意識していると思います。ただ、宿泊出張などでACアダプターも含めて持ち歩くとなると全部で2㎏近くになり肩にかけて長時間移動するのはかなりの負担です。このような時は堅牢性が高いのを逆手にとってキャリーバッグを使った方がよさそうです。

image.jpeg

新幹線のテーブルに乗せてみたところです。左右に余裕はありますが、前後に余裕はありません。前の席の方がリクライニングしているとさらに厳しくなります。この状態なのでACアダプターを置く場所がありません。新幹線で利用するならば一番前大きなテーブルがある席が電源も使いやすくよさそうです。

image.jpeg

キーボードまわりをいくつか。電源ボタンはヒンジのすぐ近くに。Functionキーはやや小さめですが、Deleteキーは横長になっていて使いやすくなっています。画面にはバッテリー残量が時間で表示されています。モバイルで利用する設定にすると8時間近くになりますが、現実的には4,5時間ってところですので1日出張の時にはACアダプターが必須です。ただ、急速充電に対応しており35分で80%まで充電できるので新幹線の中で回復しておけるのはありがたいですね。

 

image.jpeg

ヒンジの左側には音量ボタンやマイクなどのハードボタンがあります。マイクボタンがこの位置にあるということはテレビ会議などを想定していると思われますし、音量だけでなくミュートボタンも独立しているのはオフィスなどで不用意に音を出さないようにするという配慮ではないでしょうか。

image.jpeg

ThinkPadらしくトラックポイントもちゃんとあります。各キーが独立しているアイソレーションタイプですね。テンキーがなく14インチなのでキー配列に余裕を感じます。この手のキーボードに慣れていなかったので少し戸惑いましたが数日たてば慣れ快適に打てるようになりました。

□気になったポイント

image.jpegimage.jpeg

2週間お借りしていましたがタッチパッドの下部にうっすらと白い筋が見られました。どこかあたるのか?と思って液晶部分をみるとインカメラの下あたりの塗装が少し剥げていました。どうやら画面を閉じたときにこの部分が当たるらしく傷が入りやすいようです。液晶側もタッチパッド側も触ってみると、どちらも剛性が低いようでたわみ易いようです。持ち運ぶときはここに力が掛からないように気を付けた方がよいかもしれません。

□まとめ
ThinkPad X1 Carbonを2週間という短期間ですが利用してみた感想ですが、明らかにビジネスを意識したつくりになっているなと感じます。13インチサイズの筐体に14インチの高解像度液晶による視認性の高さ、短時間での充電機能、打ち易いキーボードに、テレビ会議やオフィス、プレゼンを意識したボタン配置と付属品がすべてがビジネスを意識しています。

自分の使った限りでは高いCPU性能を活かすことはできませんでしたが、Core i7を搭載していますし画像処理などヘビーな作業も問題なく行えるのもビジネスには重要なことです。

毎日の持ち運びに1.3kgという筐体はやや重いですが、出張などで一時的に持ち歩くならば十分軽いのでビジネスで使うならば高い信頼性と堅牢性を有するThinkPad X1 Carbonが間違いなく期待に応えてくれると思います。

□購入はこちらから
ThinkPad X1 Carbon:レノボ オンラインショップ
ThinkPad Tablet 2:レノボ オンラインショップ

16977-302-292967



|

« 【WRC】ラリー・サルディニアDAY2:T.ヌービルが自身最高の2位! #wrcjp #rxwrc | トップページ | 【レビュー】気化熱をMAXに利用して熱中症対策:すぐ冷えクールスカーフ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/52364545

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】ビジネスを強く意識した最強UltraBook:Lenovo ThinkPad X1 Carbon:

« 【WRC】ラリー・サルディニアDAY2:T.ヌービルが自身最高の2位! #wrcjp #rxwrc | トップページ | 【レビュー】気化熱をMAXに利用して熱中症対策:すぐ冷えクールスカーフ »