« 【アプリ】Real Racing 3が無料で登場! | トップページ | 【独り言】Win8タブレットも欲しいけど、車が切実に欲しいw »

2013年3月 6日 (水)

【レビュー】パソコン内のデータを無線LAN経由で転送する:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L


妻だけで写真整理をしてもらう為に購入したおもいでばこですが、「過去に撮ったデータは私の管理対象外でしょ( ̄ー ̄)ニヤリ」ということで自分がおもいでばこへ転送することになりました。専用ツールを使って無線LANでの転送を試みましたが、92GBもあると無線LANでは時間がかかりすぎ何度も失敗してまいますので断念しました。

□製品ページ
写真・アルバム「おもいでばこ」|バッファロー
□説明書ダウンロード
PD-100Sシリーズ マニュアル

□取り込み準備

Windowsパソコン版(無償)おもいでばことりこみ・かきこみツールのダウンロードはこちら

まずは、おもいでばこのホームページからとりこみ・かきだしツールをダウンロードしてインストールします。
※私が試したのはv1.00で現在はv1.10が公開されています。

上記リンクから omoidebakotransfer-xxx.exeを任意のフォルダーにダウンロードして実行します。

すぐにインストールが始まるのかと思いきや

omoidebako_pc_00.png

.NET Framework4のセットアップからスタートでした…。
.NET Framework4のインストールについてはダウンロードページ上に説明がなく初心者には不親切な感じです。

同意するにチェックをいれてインストール

omoidebako_pc_02.png

.NET Framework4のインストールが完了。

omoidebako_pc_03.png

つづいて、おもいでばこ とりこみ・かきだしツールのセットアップ開始されます。

omoidebako_pc_04.png

同意するにチェックをいれて次へ

omoidebako_pc_05.png

インストールの準備が完了したら、インストール

omoidebako_pc_06.png

完了です。

omoidebako_pc_07.png

デスクトップにとりこみ・かきだしアイコンが作られていました。

まず、転送したいデータ容量をチェックしたところ92.0GBもありました。長男が生まれる前にデジカメを購入してからなので実に14年分のデータになります。

先ほどのアイコンをダブルクリックして起動します。

omoidebako_pc_09.png

最初はみつからず、あれ?と思ったらおもいでばこの電源が入っていませんでした。

電源を入れて、再試行すればOK

omoidebako_pc_10.png

こんな画面がでてくるので

とりあえず、ものは試しと1枚の画像では成功しましたので

2度目は全部だ!と意気込んで

omoidebako_pc_11.png

複数のフォルダーを一気にドラッグします。

omoidebako_pc_12.png

フォルダーの中に入っているデータをチェックして一覧にしてくれました。容量もあっていますので開始をクリック。

あとは待つだけ…

omoidebako_pc_13.png

でしたが、重複画像をチェックしている間にスリープになってしまいその時点でネットワーク遮断エラーとなってしまいました。何時間もほったらかしていたのに何も進まずがっかりです。

omoidebako_pc_14.png

仕方がないので容量を160MBぐらいにしてスリープしないようにiTunesで音楽をループ再生させて試してみました。

omoidebako_pc_15.png

再度、重複がないかのチェックをしましたが、これでも結構時間がかかります。

omoidebako_pc_16.png

160MBにしてようやく取り込み画面まで進みましたが、バーだけでどれぐらいの時間がかかるのか不明。

しかし、ネットワークが不安定になると通信途中で遮断されたりでまたもや失敗したので無線LAN経由での画像取り込みはあきらめました。

□まとめ
後で良く考えてみれば92GBものデータ無線LANで転送すること自体が無謀…ですよね。有線LANでも安定はするでしょうが、インターネットなど様々な通信が行き来するネットワーク経由で送るデータ量では無い気がしますし、その間パソコンを立ち上げておかねばならないことを考えるとUSB HDDやUSBメモリーで転送するのが確実なんだと実感しました。

とりこみ・かきだしツールについては、インストール方法に.NET Framework4がインストールされる旨の説明がどこにもないので不安に思うひとも多そうです。

ツールの動きとしては重複チェックがどれぐらいで終わるのかがわからず悶々としました。
160MB程度のデータでも無線LANの通信不安定で転送に失敗したぐらいなのでタイムアウトの判定が厳しいのかな?と思いましたが

とりこみ・かきだしツールは2013年3月5日リリースの新バージョンでは

  • デザインを変更して、とりこみの操作方法がわかりやすくなりました。
  • とりこみ済みの確認状況をプログレス形式に変更して、進捗がわかりやすくなりました。

とTwitterでの回答によるとネットワークのタイムアウトにも強くなったらしいので
上記の問題は解決している可能性がありますね。また試してみようと思います。

おもいでばこ自体が初心者をターゲットに簡単に管理できることをターゲットにしているのは十分理解できるのですが、HPには無線LANの有線LANの対応規格すらも書いてないのはやりすぎかと…どうかと思います。

ニュースリリースを見て同梱の無線LANアダプターが802.11 n/g/bに対応していることはわかりましたが、有線LANが100Baseなのかギガビットなのかはわからずじまいでした。

□転送時間についての目安
最近のデジカメは大容量のメディアが使えますので転送時間をちょっと計算してみました。
今だとコストパフォーマンスが高いのは16GB程度のメモリーカードだと思うのでそのデータを転送すると想定します。

我が家の場合はノートPCも無線LANルーターも802.11 n/g/bに対応しているので理論上は300Mbpsの転送速度ですが、実際には100Mbps程度なので

100Mbps ÷ 8 bit / Byte = 12.5 MByte
16GByte=16,000MByte
16,000MByte ÷ 12.5 MB/s = 1,280sec = 21min

データ転送だけで20分程度かかることになります。 実際には重複チェックもあるのでこれ以上かかることは間違いありません。

ちなみに、USBはUSB2.0なので理論的には480Mbpsで実行速度的240Mbps=30MB/sなので10分程度ですね。

前回のレビューで使用したメディアは8GB(Class10のTransendのメディア)で直接おもいでばこに差し込んだ状態で30分以上かかっています。16GBだと1時間以上かかることは確実だと思います。Class10の場合は10MB/sの速度保障と考えると無線LANとほぼ同等か少し早い程度と思いますので重複チェックで1.5~2倍程度は見込んだ方がよいのかなと思います。

ただ、保存されている画像が多くなれば重複チェックも時間がかかるようになると思いますし、確実にデータを転送するならば無線より有線、有線よりは直接USBかメモリーカードスロットで転送するのが確実な気がします。

□関連記事
【レビュー】妻だけで写真整理ができるのか?接続、取込編:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L: 碧き流星
【レビュー】妻だけで写真整理ができるのか?インターネット接続編:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L: 碧き流星
【レビュー】パソコン内のデータを無線LAN経由で転送する:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L: 碧き流星
【レビュー】パソコン内のデータをUSB HDDで転送する:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L: 碧き流星
【レビュー】保存枚数制限でHDDを使いきれない?!:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L: 碧き流星

17263-302-292249
17263-302-292083




おすすめのUSB-HDD。容量が1TBで7000円以下とリーズナブルです。



|

« 【アプリ】Real Racing 3が無料で登場! | トップページ | 【独り言】Win8タブレットも欲しいけど、車が切実に欲しいw »

iPhone/iPad/iPod/Android」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/49611252

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】パソコン内のデータを無線LAN経由で転送する:バッファロー おもいでばこ PD-100S-L:

« 【アプリ】Real Racing 3が無料で登場! | トップページ | 【独り言】Win8タブレットも欲しいけど、車が切実に欲しいw »