« 【試乗レビュー】これはSUVじゃなくスポーツカーだ:Forester 2.0XT(DBA-SJG) | トップページ | 【電池】eneloopがPanasonicになっちゃった »

2013年3月 1日 (金)

【デジカメ】DSC-TX30はDSC-TX300の廉価版か?GPSやWi-Fiが省略:DSC-TX5の後継選び




SONYからサイバーショットの新製品が一挙に発表されましたね。手振や望遠に強くなったようですが、個人的には防水・防塵・耐寒性能をアップさせたDSC-TX30がとても気になっています。前モデルのDSC-TX300と何が変わったのでしょうか?どうやら防水性能が2倍の10mになったのは良いのですが、最近のトレンドになりつつあるGPSやWi-Fiが削除されており実質的にはDSC-TX300の廉価版的モデルのようです。


□関連ページ
光学20倍ズーム搭載で世界最小・最軽量実現、“サイバーショット”計3機種 | プレスリリース | ソニー
DSC-HX300 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
DSC-WX300 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
DSC-TX30 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー
DSC-TX300V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー:旧製品
DSC-TX5 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー:旧製品(所有)

DSC-TX30とDSC-TX300の違いですが、防水深度が2倍の10mになってる他、レンズまわりにLEDリングライトが増え、スライドカバーが復活しています。しかしながら、DSC-TX300で装備されたGPS,Wi-Fi,Transjetが省略されています。特にGPSやWi-Fiがなくなったのは残念です。やはり、地図情報が画像に入っていると楽しいですし、Wi-Fiがあればスマートフォンからのすぐに画像を利用でき便利です。むしろ防水深度が増えなくてもよいので残してほしかった気がします。

主な違い
改善機能
  • 撮影可能枚数が30枚増加の250枚
  • 防水深度が2倍の10m
  • レンズまわりにLEDリングライト
  • 拡大鏡+
  • スライドカバーの復活
  • 認識シーンの増加

改悪機能
  • GPSの削除
  • Wi-Fiの削除
  • Transjetの削除
  • 重量は6g増の125g


型番からみてもTX300の次がTX30となっていることからTX300の廉価版とみるのが正しい気がします。
防水深度に関しては我が家的にはTX300の5mもあれば十分で、むしろGPSやWi-Fiの方が欲しいのでTX300かTX300の後継機が狙い目ではないかと思っています。深い防水性能が不要な人にとってはさらに廉価なDSC-TF1Rとの位置づけも微妙ですね。




|

« 【試乗レビュー】これはSUVじゃなくスポーツカーだ:Forester 2.0XT(DBA-SJG) | トップページ | 【電池】eneloopがPanasonicになっちゃった »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/49739615

この記事へのトラックバック一覧です: 【デジカメ】DSC-TX30はDSC-TX300の廉価版か?GPSやWi-Fiが省略:DSC-TX5の後継選び:

« 【試乗レビュー】これはSUVじゃなくスポーツカーだ:Forester 2.0XT(DBA-SJG) | トップページ | 【電池】eneloopがPanasonicになっちゃった »