« 【重要】通信量が7GBになる前にメール通知をする設定方法:テザリング/LTE利用者は設定必須!#iPhonejp | トップページ | 【PC】2台以上の場合はどうしたらいい?Windows8のアップグレードの優待は1月31日まで »

2013年1月28日 (月)

【レビュー】Nexus7とGoogleマップでカーナビとして使ってみる

image.jpegimage.jpeg
Nexus7を買った理由のひとつがGPS内蔵によるカーナビ機能ですので、今使っている据え置きタイプのカーナビであるDVD 楽ナビ(AVIC-DRV120)と比較してみました。Nexus7のほうのナビは標準のGoogleマップのナビで通信はiPhone5のテザリングで行いましたよ。結果としてNexus7はカーナビとしてもなかなか優秀に感じました。

もともとiPhone5を使ってGoogleマップのナビ機能の使い勝手が良いのは分かっていたのですが、画面サイズが7インチとなったことで据え置きカーナビと変わらない見易さとなりぐっと実用的になります。iPhone5のテザリングはLTEでも3G接続時でも特に地図の更新が滞ることはなくスムーズにスクロールしていたので安心でした。

Googleマップのナビでは渋滞情報などはVICS FM情報以上の情報が得られる場合もありますし、地図情報は常に最新でカーナビ以上の便利さです。日没に応じて地図のカラーリングも夜用に変わったのにはびっくりしました。

ただし、楽ナビの

  • 自車位置の正確性
  • ルート(リルート含む)案内の早さや的確さ
  • 渋滞情報の常時表示
  • 多彩な地図表示方法や詳細地図の見易さ
  • 目的地設定の絞り込みやすさ
  • 学習機能
などは、Nexus7+Googleマップよりも優れています。

この辺はカーナビメーカーとしての経験がものをいう世界に思います。
ただ、その差は年々縮まっていくのだとは思いますし、Googleマップ以外のナビアプリで解決されるものもありそうです。

個人的には、Googleマップに

  • 渋滞情報のナビ中の表示
  • 経由地の指定
  • GPS電波が届かない部分での位置予想技術
この3つが無料で提供されるようになれば、かなり据え置きナビの地位は危なくなるのではないでしょうか?

あとは、ハンドルから手を離さなくてもナビがコントロールできるオプションがほしいところです。自分の楽ナビにはCD-SR5という音声コントローラーをつけていて音声認識をつかってナビをコントロールしていて便利なんですよね。車速センサー、学習機能やルート保存機能などと合わせて有料でも用意してくれれば本格的なカーナビとしての利用の道も開けそうです。

□関連記事
【カーナビ】楽ナビ用音声認識コントローラー(CD-SR5)装着: 碧き流星
【カーナビ】楽ナビをバージョンアップ(CNDV-R3324): 碧き流星

16701-302-291915


 iTunes Store(Japan)

|

« 【重要】通信量が7GBになる前にメール通知をする設定方法:テザリング/LTE利用者は設定必須!#iPhonejp | トップページ | 【PC】2台以上の場合はどうしたらいい?Windows8のアップグレードの優待は1月31日まで »

iPhone/iPad/iPod/Android」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/48973082

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】Nexus7とGoogleマップでカーナビとして使ってみる:

« 【重要】通信量が7GBになる前にメール通知をする設定方法:テザリング/LTE利用者は設定必須!#iPhonejp | トップページ | 【PC】2台以上の場合はどうしたらいい?Windows8のアップグレードの優待は1月31日まで »