« 【iPhone】 iPhone 5がいよいよ9月12日(日本時間9月13日)に発表か?! | トップページ | 【デジカメ】夏の終わりに花火モードで花火アート »

2012年9月 7日 (金)

【Win8】タッチパネル搭載UltraBookが続々でてきた

IFA2012で続々とWindows8を搭載するパソコンが発表になりましたね。UltraBookはタッチパネルが搭載されタブレットのようにも使える仕様なのが多いようです。WindowsRTになると、タブレットとキーボードが分離できるタイプもチラホラ。さて、どれにしようかなw

自分が気になる(欲しい)マシンの情報を並べてみました。

SONY VAIO Duo 11(Impress Watch) プロセッサはCore i7ないしはCore i5で、タッチ操作および付属のペンでの操作に対応した11.6型のフルHD(1,920×1,080ドット)液晶ディスプレイを搭載しながら、厚さ17.8mmで重さ1.3kgと、薄型軽量を実現しているなどの特徴を備えている。

やっぱり筆頭はSONYのVAIO Duo 11でしょう。カッコ良さは文句なし。折りたたみ式でタブレットとノートPCスタイルを簡単に行き来できる仕様ですね。厚さが17.8mmで1.3kgはSONYの技術レベルからしたらやや残念な気がします。重量は1kgを切って欲しかったな。VAIO Tのタッチパネル版も出るのでそちらも選択肢の一つになりそう。

ASUS Vivo Tab 今回正式発表を迎えたVivo Tab は、6月の台北 Computex 2012でASUS Tablet 810 / ASUS Tablet 600 として先行公開されていた製品。主な仕様は Windows 8 版の Vivo Tab が 11.6インチ1366 x 768 Super IPS+ 液晶、10点マルチタッチ+ワコムデジタイザ、Atomプロセッサ、2GB RAM、64GB eMMC ストレージ。NFC や、前面に2MPカメラ、背面に8MP のLEDフラッシュ付きカメラも搭載します。重量は675g。

ASUSは新しいVivoというブランドを投入してきますね。Atomとありますが、Clover Trailであって欲しいですね。AcerのW510とライバルになりそう。ワコムのデジタイザという点が良さげ。

Acer ICONIA W510 Iconia W510は、従来AMD Eシリーズ APU(開発コードネームBrazos)ベースで開発されてきたIconia W500の後継となる製品で、プロセッサはIntelのClover Trailに変更されている。従来は1kg前後と重量があったW500に比べてW510は大幅な軽量薄型化に成功しており、10型液晶を搭載していながら重量は600g、厚さは8.8mm。W510のもう1つのユニークな点はキーボードドックが用意されている点は従来製品と同じなのだが、キーボードドックのヒンジ部分が295度回転することもユニーク。つまり単にキーボードドックをスタンドとして使うといった使い方もできる。

意欲的な製品なのはAcerのICONIA W510 CPUはAtomの後継のCloverTrailなので過度な期待はしてはいけませんが、何より8.8mmという薄さと600gと軽量なのがいいですね。ドックをつければノートPCとしても使えるのもポイント高いです。

Acer ICONIA W710 Iconia W710はスレート型タブレットで、11.6型(10点タッチ、1,920×1,080ドット(フルHD))液晶ディスプレイを採用している。プロセッサは第3世代Coreプロセッサで、メモリ容量は非公表ながら、実機で確認したところ2GBだった。W710の特徴は、ユニークなクレイドルが付属している点で、横にも、縦にも、そして水平まで近く傾けることも可能になっている。

W510のCPUに不満ならW710ですがスレートPC専用ですね。ちょっと前まではW700として発表されていたものかな?重量は未公表ですけどW510よりは重いのは確実で1kg前後でしょうね。

Acer  Aspire S7Aspire S7は、タッチに対応したUltrabook。プロセッサは第3世代Coreプロセッサで、13.3型ないしは11.6型の液晶ディスプレイを搭載した2つのモデルが用意されている。解像度は最大でフルHDで、10点タッチに対応したタッチパネルとなっている。 特徴的なのは、非常に薄く見えるデザインで、エッジの部分が曲線になっているため、11.9mmというスペック上の薄さ以上に薄く見える。なお、キーボードにはLEDバックライトが用意されており、内蔵されている光センサーにより暗い場所などで点灯する仕組みになっている。なお、バッテリ駆動時間は公称値で6時間となっている。

Aspire S7は1.3kgとありますが、11.6型なら1kg前後になるのでは?と期待のノートPC。うすさも11.9mmと充分でしょう。日本メーカーより安くて高性能が手に入れるならコチラかな。ASUSのZENとライバルになりそう。

HP ENVY X2IFA 2012 で各社が一斉に発表したWindows 8 タブレット + キーボードドック製品はもちろんHPからも登場します。名称はHP ENVY X2。インテルCore ではなく低消費電力の次世代Atomプロセッサ " Clover Trail " を搭載するタイプで、仕様は11.6インチ1366 x 768 IPS液晶(高輝度 400cd/m^2)、2GB RAM、64GB SSD、タブレット側に8MPカメラやNFC、microSDスロットなど。

Aspire W510のライバル機ですね。信頼性はややHPが上回るかな?キーボード付だとやや重そう。

TOSHIBA Satellite U920t 仕様は12.5インチのタッチ液晶ディスプレイ、カバーガラスはCorning Gorilla Glass、インテルCore i5 プロセッサ、Intel HD Graphics 4000、128GB SSDなど。重量は3ポンド(約1.36kg)をやや超えた程度、畳んだ時の厚さは約0.8インチ(20mm)程度。中身としてはれっきとしたUltrabook なので、USB 3.0 x2やHDMI出力などもひととおり備えます。

VAIO Duo 10の好敵手。画面サイズはやや大きい12.5インチ。

Windows 8でタッチパネルなスレート/ノートPCを買いたいのは間違いないのですが、スペック選択が難しいですねハイスペックだとCore i5以上ですが重量やコストを考えるとClover Trailでしょうね。Clover Trail+2GBメモリーでどこまで実用的なのかが気になります。

|

« 【iPhone】 iPhone 5がいよいよ9月12日(日本時間9月13日)に発表か?! | トップページ | 【デジカメ】夏の終わりに花火モードで花火アート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/46970007

この記事へのトラックバック一覧です: 【Win8】タッチパネル搭載UltraBookが続々でてきた:

« 【iPhone】 iPhone 5がいよいよ9月12日(日本時間9月13日)に発表か?! | トップページ | 【デジカメ】夏の終わりに花火モードで花火アート »