« 【レビュー】2つの対照的なBrain:PW-A9200 & PW-AC40 | トップページ | 【レビュー】液晶付で多機能、高音質なBluetoothアダプター audio-technica AT-PHA05BT »

2012年4月 8日 (日)

【レビュー】手書き枠は3枠が便利:PW-A9200 vs PW-AC40

みんぽすさんより、SHARPの最新電子辞書2機種を同時にお借りしていたのですが、タッチパネルが搭載されるようになった電子辞書でやっぱり気になるのは手書き認識機能だと思いますので変換の様子をiPhoneで撮影してみました。やや画像と字が汚いですがご了承ください。

15697-302-272391

【レビュー】手書き認識:SHARP BRAIN PW-A9200

【レビュー】手書き認識:SHARP Brain PW-AC40

□まとめ
2つのBrainの手書き認識の様子はいかがでしたでしょうか?PW-A9200はキーボード部にあるサブ液晶の方で入力すると入力枠を1枠か3枠かを左上で切り替えられます。一方のPW-AC40は1枠のみになっています。

結果的にはPW-A9200の3枠が圧倒的に手書き入力に適していますね。いくら技術が進歩してきたとは言え手書きを認識するのはそれなりに時間がかかるため、1枠だと次の文字を入力するのにかなり待たされてしまいます。3枠あると次の文字を入力している間に変換していくので待たされることがありませんので圧倒的に便利です。

複数枠での変換はCLIEやZAURUSなどで昔から取り入れられてましたし目新しいものではありませんが、変換速度も変換精度もその当時とそんなに変わっていないのだなぁというのが印象ですね。

どうしても、手描きの癖によって変換ミスというのは起きるものですが、手書きにすると文字認識を重視するためか、携帯やスマートフォンだと一般的な予測変換というのが働かないことが多いのが残念です。

私なんて字が汚いもんで「ありがとう」とうっても「ありがとラ」と変換されたりして、いちいち変換候補から「う」を選ばないといけないので面倒なのです。「ありが」まで入力したら変換候補に「ありがとう」ぐらいでてくれば少ない文字数で検索単語まで辿りつけますし、たとえ「ありがとラ」と認識しても「ありがとう」と予測して変換してくれれば便利だと思うんですよね。

これはキーボードでの入力もそうで、最近のYahooやGoogleの検索の用に打ち間違いでもその打ち間違いを予想して正しい検索ワードに変換してくれるわけで、これも電子手帳に導入してほしい機能の一つです。

手書き認識+予測変換もキーボード+予測変換もかなりマシンパワーがいるかもしれませんが、これを実現してくれたら電子辞書だけでなくスマートフォンでも飛躍的に入力がしやすくなるのではと思いっています。

15697-302-272391
13775-302-272392

|

« 【レビュー】2つの対照的なBrain:PW-A9200 & PW-AC40 | トップページ | 【レビュー】液晶付で多機能、高音質なBluetoothアダプター audio-technica AT-PHA05BT »

デジモノ」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/44796963

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】手書き枠は3枠が便利:PW-A9200 vs PW-AC40:

« 【レビュー】2つの対照的なBrain:PW-A9200 & PW-AC40 | トップページ | 【レビュー】液晶付で多機能、高音質なBluetoothアダプター audio-technica AT-PHA05BT »