« 【スバル】新型インプレッサ関連本 | トップページ | 【レビュー】再起動より簡単にメモリー開放して安定操作に:Process Kill »

2011年12月 6日 (火)

【スバル】新旧インプレッサ比較

今、自分が乗ってる平成7年式のインプレッサスポーツワゴンと出たばかりのインプレッサスポーツを比較してみました。で、比較してみると排気量が200ccも小さいのにエンジンパワーが同じになってますね。そして燃費が実に37.5%もアップしています。FB型エンジン恐るべしです。

SUBARU : 車種紹介 > インプレッサ SPORT > スペック > 諸元表

できるだけ同じ条件にしたかったので、4WDと5MTと上級グレードの1.6i-Lを選択しました。価格差は5万円です。

最大パワーおよび最大トルクの発生回転数が400~500rpm低くなっていて扱いやすくなっていると思われますが、
ボディーが大きくなっていること衝突安全性などの対応があってか100kgも重たくなっています。

この辺が乗り易さにどこまで効いてくるかですね。低回転でトルクが出てくることもあるのでパワー感はおそらくほぼ同等ぐらいじゃないかと予測します。試乗してみないとなんともいえませんが、自分の車でもややパワー不足を感じることを考えると1.6Lではややパワー不足を感じそうです。

これが2.0Lだと車重はさらに80kg(自分の車からは180kg増)重くなりますがパワーは150psでトルクも20kg・mと大幅にアップ、パワーウェイトレシオでは実に1kgも減りますからこちらは数値だけ見ても余裕のある走りになっていると思います。それでも燃費は1.6Lよりわずかに下がるものの17.0km/Lと優秀。

メーカー、ブランド スバル スバル
車種 インプレッサスポーツ インプレッサスポーツワゴン
グレード 1.6 i-L 4WD 1.8 HXエディションS 4WD
発売年月 2011年12月現行モデル 1994年9月
標準車両本体価格184.8万円 189.9万円
駆動方式 4WD 4WD
車両型式 DBA-GP3 E-GF6
トランスミッション 5MT 5MT
全長×全幅×全高 4415×1740×1465mm 4340×1690×1450mm
室内長×室内幅×室内高 2005×1490×1205mm 1790×1385×1170mm
ホイールベース 2645mm 2520mm
最低地上高 145mm 165mm
車両重量 1260kg 1160kg
乗車定員 5名 5名
ドア数 5枚 5枚
種類 水平対向4気筒DOHC 水平対向4気筒SOHC
エンジン形式 FB16 EJ18
過給器 なし なし
総排気量 1599cc 1820cc
使用燃料 レギュラー レギュラー
燃料タンク容量 55L 50L
最高出力 115ps/5600rpm 115ps/6000rpm
最大トルク 15.1kg・m/4000rpm 15.7kg・m/4500rpm
パワーウェイトレシオ 11kg/ps 10kg/ps
燃料消費率(10/15モード走行) 17.6km/L 12.8km/L
最小回転半径 5.3m 5.1m
タイヤ 195/65R15 195/60R15
ブレーキシステム(前) Vディスク式 Vディスク式
ブレーキシステム(後) ディスク式 ドラム式
サスペンション(前) ストラット式 ストラット式
サスペンション(後) ダブルウイッシュボーン ストラット式

新型インプレッサ完全ファイル
新型インプレッサのすべて
歴代インプレッサのすべて

|

« 【スバル】新型インプレッサ関連本 | トップページ | 【レビュー】再起動より簡単にメモリー開放して安定操作に:Process Kill »

スバル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/43277211

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル】新旧インプレッサ比較:

« 【スバル】新型インプレッサ関連本 | トップページ | 【レビュー】再起動より簡単にメモリー開放して安定操作に:Process Kill »