« 【WRC】ラリーオーストラリアDAY2:フォード1-2のまま最終日へ | トップページ | 【レビュー】ソファーに置きっ放しできるアテックス ルルド マッサージクッション:AX-HL148 »

2011年9月12日 (月)

【WRC】ラリーオーストラリアDAY3:チームオーダーの嵐 #wrcjp

初日にシトロエンワークスが全滅するという波乱でスタートしたラリーオーストラリアが終了し久々にフォードが1-2でラリーを制しました。優勝はM.ヒル
ボネン、2位にはJ-M.ラトバラ、3位にはP.ソルベルグが入っています。4位には今回も完走したマシュー。5位にはアル-カシミ、6位はPWRC優勝
のパッドン。

ヨーロッパ圏外でWRカー参戦台数が少ないだけに、初日でリタイアし20〜30分のタイム差があったシトロエンワークス勢も最終的には10、11位まで順位を回復しS.ローブはドライバーズポイントを1point獲得出来ています。

最終日は、晴れていましたのでトップスタートのラトバラがタイムを落とすのかと思いましたが、まだ湿った路面もあるようで意外にもタイムロスはなく、トップタイムまでGetしています。

し かし、シトロエンワークスが初日にリタイアしたことで、フォードはポイントをがっちりと得る為にオーダーを発令しましたねSS25でラトバラはスローダウ ンしてミッコにトップの座を明け渡します。(でも最後のパワーステージではラトバラが2位にはいり3位だったミッコのポイントを奪ってしまうという一幕も チームオーダーは良く分かりません)。一方のシトロエンもS.ローブに1ポイントでも多くとあのS.オジェをSS25で10分も止めました。オジェはパ ワーステージも5.0遅れとなんともスッキリしない最終日となりました。まあ、チームのおかげでトップを争える車があるわけで…プロドライバーの宿命なん でしょうね。

とはいえ、今季はグラベルラリーで出走順コントロールが頻発したためにFIAは公式にチームがオーダーを出すことを禁じてい るはずなんですが、ドライバーが考えてタイムをコントロールすることまでは規制していません(できない)。ラリーXモバイルのイヌスケ氏も日記に書かれて いますが今回の件は半ば公然にチームオーダーが出されたわけでFIAがなんかいう可能性はなきにしもあらずですね。(フォードとシトロエンにタイムペナル ティーなんてことがでたらペターの繰り上がり優勝って可能性もあったりしてwwww)

※ローブとオジェの順位を勘違いしていたので修正しました。

|

« 【WRC】ラリーオーストラリアDAY2:フォード1-2のまま最終日へ | トップページ | 【レビュー】ソファーに置きっ放しできるアテックス ルルド マッサージクッション:AX-HL148 »

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/41645556

この記事へのトラックバック一覧です: 【WRC】ラリーオーストラリアDAY3:チームオーダーの嵐 #wrcjp:

« 【WRC】ラリーオーストラリアDAY2:フォード1-2のまま最終日へ | トップページ | 【レビュー】ソファーに置きっ放しできるアテックス ルルド マッサージクッション:AX-HL148 »