« 【iPhone】iTunes10.3へアップデート | トップページ | 【レビュー】増設ソケットでiPod用FMトランスミッターの位置改善 »

2011年6月 9日 (木)

【PR】UQ WiMAX:ADSL並の速度がモバイルに

最近よく、青いガチャピンとムックを家電量販店などで見かけますが、UQ WiMAXなんですね。UQ WiMAXは月額3,880円(1年契約)でADSL並のスピードをモバイル環境で使える新しい通信サービスですね。携帯電波を使うのでWiMAXのエリア内であれば家の中に限らずどこでもネット環境が構築できるわけでうまく使えばめっちゃ便利ですよね。

最近は一般ケータイもWi-Fi接続できますし、スマートフォンやPC、ゲーム機(DSやWiiなど)もWi-Fi機能が標準ですから、URoad-8000一台あれば即接続できますよね。バッテリー内蔵で9時間も使えるので、外出時にも家の中と同じように使えてしまうのが最大の特徴ですね。

例えば、iPadのようなタッチパッドは、3G回線内蔵のものがありますがWi-Fi版だけで十分になりますし、コスト的にも有利です。

WiMAX Speed Wi-Fiプロモーション動画

もっとも、ケータイやiPhoneのようなスマートフォンはバックグラウンドで3G回線を使って通信をしていることが多く、そのままの設定ではパケット上限までいってしまう可能性が高いのと、設定でネット接続をWi-Fiだけにした場合は、使える機能が制限されてしまって不便になることがあるので、ケータイのコストダウンはあまり考えない方がよいかなと思います。

あくまで家のネット環境をモバイルでも仕えるようにしてコストを抑えるというのが良いかと思いますね。
光回線を使っている方はスピードが低下しますし、3G回線ほどエリアも広くないのでどこでも使えるとは思わないことですね。

また、IP電話もないので、電話回線の代わりに使うのも無理ですね。

個人的には、1人暮らしの学生や社会人などがネット環境としてWiMAXを選ぶというのはかなり"アリ"だと思っています。

当方はRipreの会員です。




|

« 【iPhone】iTunes10.3へアップデート | トップページ | 【レビュー】増設ソケットでiPod用FMトランスミッターの位置改善 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【PR】UQ WiMAX:ADSL並の速度がモバイルに:

« 【iPhone】iTunes10.3へアップデート | トップページ | 【レビュー】増設ソケットでiPod用FMトランスミッターの位置改善 »