« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

【iPhone】iPhone 4 WhiteとiPad 2が発売

地震の影響で延期されていたiPad 2と、製造上の問題でながらく延期になっていたiPhone ホワイトモデルがようやく28日から発売になりましたね。

iPad 2はiPadから正常進化。薄く軽く速くなりました。

iPhone ホワイトモデルは長くかかりましたねー。私はiPhone 3GS Whiteですが背面だけで液晶面はブラックなんですよね。背面に不透明のケースをつけてるのでWhiteとわかるのは音量のスイッチ付近とかロゴの部分の切り欠きしかみえてません。iPhone 4のように液晶側も白いと印象がガラッとかわります。特にケースを付けてもWhiteってわかるのでよさげです。

iPhone ホワイトモデルはソフトバンクオンラインショップで購入できます(送料無料)

iPad 2 アクセサリーはAmazon

iPhone 4 アクセサリー はAmazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

【レビュー】サイズを超えた音質:Marantz M-CR603+Pioneer CS-770(改)

fostex_001.jpg fostex_003.jpg


みんぽすさんより、お借りしていたネットワークに対応した超コンパクトなコンポ「Marantz M-CR603」を返却する直前にMARUTO(妻)の実家にある、古いパイオニアCS-770という巨大なスピーカーに繋いでみました。

13056-302-217863


fostex_009.jpg fostex_010.jpg

CS-770はFBコーンというのを使っているようです。義父は早期定年退職後はかなり音楽に凝っておられてツイーター部分をFOSTEXのものに入れ替えられておられます。

このCS-770ですが、実はDENONのA級アンプ「POA-3000」に普段繋がれています。今回はこのA級アンプと比較してきました。

fostex_012.jpg fostex_011.jpg

POA-3000左からと、音楽についていかにも詳しく知っているような形で書きましたがA級アンプというのがどういうものか良く分かってません。とにかくゆがみが少なく大量に電流を使うパワーアンプということだけは分かりましたw。

そんなA級アンプをわざわざはずしてM-CR603に繋ぎかえて聴いてみたのですが、すごくいいです。大きなスピーカーでも低音から高音までしっかりと、バランスよく鳴らしてくれます。コンパクトな専用スピーカーとは比べ物にならない迫力も出るように。60W+60Wの出力からは想像できないパワフル感でした。

DENON_001.jpg DENON_002.jpg


A級アンプはDENONのCDプレーヤーDCD-780とつながっていたのですがCDプレーヤーの方がネックになって逆にM-CR603の方がバランスのよい音を出していたようです。一緒に写っているのは今はなき東芝のオーディオブランドAurexのSC-335のパワーアンプ(上)とプリアンプ(下)です。

義父も

「これは小さいのに全体がまとまっててすごいい」

と感心していました。

「CDプレーヤーを買い換えないといけないな」

とか、

Marantzの上級アンプならもっと余裕がでていい音がでそうだ調べてみないと」

と興味津々でした。

コンパクトなM-CR603ですが、大型スピーカーに繋いでもちゃんと音を出し切り、その実力は本格オーディオ並みの実力のようです。

13056-302-217863


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

【レビュー】音楽の天才たまごOlasonic:TW-D7WM

OlasonicWM_102.jpg

みんぽすさんからは音楽関係のレビューが続いていますが、今回お借りしたのは東和電子製の「Olasonic ウォークマン用ドックスピーカー TW-D7WM(T)」になります。独特の卵型をしたスピーカーが最大の特徴で雑誌やネット上のレビューでご覧になられた方も多いのではないのでしょうか?音質は結構評判が良いようで気になっていましたので今回おかりできてラッキーでした。それではレビューに入りたいと思います。尚、今回はレビュー用に「SONY ウォークマン NW-S754」も同時にお借りしています。

13578-302-216889

□関連ページ

Olasonic:オラソニック:株式会社 東和電子

□パッケージ

まずはパッケージから。

OlasonicWM_003.jpg OlasonicWM_005.jpg

白を基調としたシンプルなパッケージです。上に載せているが一緒にお借りしたウォークマンNW-S754です。

OlasonicWM_006.jpg OlasonicWM_007.jpg

上部の蓋をあけるとAC電源やWMアダプター、リモコンがぎゅっと格納されています。それをどけるとドック本体とUSBケーブルが現れます。

OlasonicWM_008.jpg OlasonicWM_009.jpg

ドックをどけるとインシュレーターがあり、それをどけてようやくスピーカーが見えてきます。

□設置

OlasonicWM_012.jpg OlasonicWM_013.jpg

スピーカーは美しい卵型でドックオリジナルカラーのチタニウムシルバーが独特の輝きを放っています。高さは14.1cmあるので意外と大きいです。イメージ的にはiPhoneと同じぐらいの高さを想像していて少々驚きました。スピーカーはシリコンゴムのインシュレーターの上に置くだけです。

OlasonicWM_111.jpg OlasonicWM_132.jpg

卵型ということもあり、スピーカーの置き方は自由。重心がかなり下にあるのでぐらつかず安定。ほぼ水平にも設置できます。背面にはパッシブラジエターというのを備えていて低音に効いているそうですよ。

OlasonicWM_011.jpg OlasonicWM_014.jpg

ドック本体。美しいスピーカーと比べるとややもさっとしたデザインなのが残念。ウォークマン同梱のアタッチメントを嵌めてウォークマンを置きます。背面には左右のスピーカー端子とAC電源、USB端子とケーブルがゴチャゴチャ。パソコンと繋ぐならばUSBから電源供給できるのでACは不要です。もちろんXアプリをつかっての同期にも対応。スピーカー単体モデルとは違ってクレードルにDAC(デジタルアナログコンバーター)やアンプも内蔵されているとのこと。

OlasonicWM_131.jpg

なくしそうなほど小さい付属のリモコン。下部にストラップホール付き。主に電源のON/OFF、音量や再生/停止/曲送りなど基本的な操作のみができます。

OlasonicWM_010.jpg OlasonicWM_105.jpg

Panasonic Let's Note CF-Y2やASUS A52Nに接続。もちろんどちらもバスパワーだけでも全然問題なく動作します。

OlasonicWM_016.png OlasonicWM_017.png

パソコンに繋いで、Olasonicで音を鳴らす場合は、オーディオのプロパティーでUSB audio DACを選択すればOKです。

□まとめ

約一ヶ月間、ノートパソコンとウォークマンとともにOlasonicを聴いてきましたが、ノートパソコンのしょぼいスピーカーから二度と音は聴きたくなくなるぐらいの音質で音楽を聞かせてくれました。USBでもACからも最大でも3Wしか供給されないのに、音が小さいときにパワーをためておくことで最大10W+10Wまで使える仕組みになっていることから、音質はそのサイズからは想像ができないぐらい、重低音がしっかりとでますし、中高音まで伸びのある音が再生できます。これだけ小さいのに意外にも音の指向性が少なく部屋に音を広がっていて聴く場所を選ばないのには驚きました。

フルに技術をつかってよい音を奏でる、Olasonicは音楽の"天才たまご"を称号として名乗っていいんじゃないかと思いますw。

天才タマゴといえば

これだけ音質がよいのですから、当然のことながらウォークマンだけでなくiPod/iPhone/iPadドックを備えたOlasonicも是非とも欲しいところです。 DACとしての性能もかなり高そうなので、光入出力端子も欲しいな、そうすればもっと可能性が広がりそうな気がします。

インシュレーターの上にスピーカーを置くという接地性の自由さはいいのですが、やはりコードがごちゃごちゃっとしてしまうので悩ましいところですね。 せめて、余ったケーブルなどを本体内に収納してスッキリとさせるなどの工夫があればより嬉しかったところです。

とにかく、ポータブルオーディオ用やパソコン用のスピーカーと思って鳴らしてみると、え?って思うぐらいの音にビックリしますので音に感度の高いウォークマンユーザーの方には「TW-D7WM」を間違いなくオススメします。パソコンのみでの利用ならドック付きの約半額のスピーカーのみの「TW-S7」方が配線もスッキリしていいかもしれません。

13578-302-216889

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

【WRC】ラリーヨルダンDAY3:0.2sでS.オジェが優勝

いやー。一時は開催すら危ういと思われた、ラリーヨルダンですがS.オジェとJ-M.ラトバラのコンマ1秒の争いに盛り上がりましたね。最終SS20を前にJ-M.ラトバラがS.オジェを交わして0.5sで首位に躍り出た時にはJ-M.ラトバラの勝利かと思いましたがS.オジェが踏ん張り返して見事優勝。また、強くなりましたね。S.ローブの牙城がこんなにも早く崩れていくとは思いもしませんでした。ミッコもピリッとしませんし、S.オジェと、J-M.ラトバラの時代が来そうです。

ペターは残ねながらSS17でコースオフしリタイアです。なんとか一勝して欲しいものです。



PosNoDriverGroup
Class
Stage
Time
PenaltiesTotal
Time
Diff
Prev
Diff
1st
12S. OGIERMA02:48:28.20:002:48:28.20.00.0
24J. LATVALAMA02:48:28.40:002:48:28.4+0.2+0.2
31S. LOEBMA02:48:55.90:002:48:55.9+27.5+27.7
43M. HIRVONENMA02:51:12.90:002:51:12.9+2:17.0+2:44.7
515M. WILSONA02:54:13.10:002:54:13.1+3:00.2+5:44.9
68K. RÄIKKÖNENMA02:54:43.10:002:54:43.1+30.0+6:14.9
77F. VILLAGRAMA02:57:46.90:002:57:46.9+3:03.8+9:18.7
810K. AL QASSIMIMA02:58:11.90:002:58:11.9+25.0+9:43.7
99D. KUIPERSMA03:02:55.70:003:02:55.7+4:43.8+14:27.5
1024B. SOUSASA03:03:33.70:003:03:33.7+38.0+15:05.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

【WRC】ラリーヨルダンDAY2:S.オジェはトップスタートを選択

ここ数日風邪でダウンしていてほとんどラリーヨルダンも追えていませんが、DAY1はオールキャンセルとなり、DAY2からスタートしています。トップスタートとなったM.ヒルボネンは砂掻き役となり全くタイムがでず、トップのS.オジェから2分半遅れてしまっています。

2位はS.ローブですが、DAY3の出走順コントロールのつもりがスローダウンし過ぎたようでS.オジェより31.6sも遅れてしまっています。ミッコの状況をみると30sが安全とは思えませんがDAY3の走行距離を考えるとS.オジェが有利な気がしますね。

3位以下のラトバラやペターもS.ローブのスローダウンに合わせてしまったようで...なんとも。

ヘニングはクラッシュでエンジンにダメージを受けたようです。DAY3はでる?



PosNoDriverTimeDiff
Prev
Diff
1st
1.2S. OGIERM1:32:53.40.00.0
2.1S. LOEBM1:33:25.0+31.6+31.6
3.4J. LATVALAM1:33:26.5+1.5+33.1
4.11P. SOLBERGM1:33:28.7+2.2+35.3
5.3M. HIRVONENM1:35:24.3+1:55.6+2:30.9
6.8K. RÄIKKÖNENM1:35:39.2+14.9+2:45.8
7.15M. WILSON1:35:51.2+12.0+2:57.8
8.10K. AL QASSIMIM1:37:43.1+1:51.9+4:49.7
9.7F. VILLAGRAM1:37:47.6+4.5+4:54.2
10.23N. AL-ATTIYAHS1:38:12.7+25.1+5:19.3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

【WRC】ラリーヨルダンがまもなく開催???

世界ラリー選手権第4戦ラリーヨルダンが今週末の木曜日~土曜日に開催される予定なのですが、ラリーの機材の運搬が遅れており既にDAY1のキャンセルが決定しています。実は運搬するルートに政情不安定なシリアが含まれていた為、急遽ルートをイスラエル経由に変更したのですが、運搬していた船のエンジントラブルで速度を落とした為到着が遅れ、さらに到着したものの現地の天候が悪く港に接岸できないという事態のようです。

現地時間の11:00(日本時間16:00)にミーティングが行われどうするのか決定される模様です。

まあ、ラリーが開催されるかどうかはもう任せるしかないのですが、ヨルダンはグラベルラリーですので走行順位が重要です。前戦までの結果だとミッコとローブが同点なのですが、スタート順位はどちらが上なんでしょうかね?オフィシャルサイトの順番では同点なもののミッコが上になってますがStartListがアップされていませんのでよく分かりません。トップスタートと2ndスタートでは全然違うので結構重要です。また、DAY1がすでにキャンセルされていることから出走順コントロールでどういう戦略をするのかもなかなか難しそうです。

あ、それと、次戦サルディニアで初お目見えになるBMWのMINIが公開されましたね。オリジナルよりもグッとワイルドになってますが、初代miniのような軽快さは感じられず重戦車のようです。前のラリーではS2000クラスながらなかなかいい位置を走っていましたので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

【レビュー】Marantz M-CR603でAirPlayを使えるようにする:申込編

IMG_2985.jpg


みんぽすさんより、お借りしていたネットワークに対応した超コンパクトなコンポ「マランツ ネットワークCDレシーバーMarantz M-CR603」ですが、iTunesやiPhoneなどのAirPlayに対応していますので早速試してみました。なお、今回のテストはみんぽすさん経由でお願いしたところMarantzさんに特別にAirPlayへのアップグレードをしていただけました。ありがとうございます。

13056-302-215252


下記より手順書がダウンロードできますのでその手順に従っていけば大丈夫だと思います。
M-CR603_AirPlayアップグレード手順書 (2.81 MB) (2/1/2011)
M-CR603_AirPlay取扱説明書 (2.48 MB) (3/28/2011)


基本的には同じ会社の別ブランドであるDENON製品と同じ方法ですね。

【レビュー】簡単AirPlay、iPhoneでもiTunesでも:DENON RCD-N7: 碧き流星

以前お借りしていたRCD-N7と同じようにID取得して、オンラインショップで購入、アップグレードという手順になります。

□AirPlayを申し込む前に

AirPlayを申し込むには事前にRCD-N7本体のUpgradeIDを調べておく必要があります。んで、UpgradeIDを取得する前にはFirmwareのupdateもしておかないといけないようですの実行。

リモコンから[MENU]を押して、
image.jpeg image.jpeg

[MENU]-[OTHER]-[Firmware Update]

と進んで

image.jpeg image.jpeg

ファームアップデートを行ないます。

image.jpeg image.jpeg

10分程度は掛かったと思いますので気長に...。

ファームアップデートが終わったら、再びリモコンの[MENU]を押して、

[OTHER]-[Add New Feature]

Marantz_AirPlay_303.JPG Marantz_AirPlay_304.JPG



と進みます。

この時点では

M-CR603_113.jpg M-CR603_114.jpg

Upgrade Package:[Not Registered]

と表示されていてまだ登録できない状態ですね。

下の方に移動し[Upgrade ID]を選んで表示される半角12桁の番号をメモにとっておきます。

M-CR603_120.jpg M-CR603_121.jpg

Upgrade
IDの表示だけでは数字の1と0と英語のIとOの区別がつきませんが、みんぽすさん経由でMarantzに確認してもらったところ、英語のIとOは使っていないとのことでした。

あと、Marantzの方ではMACアドレスも必要なので取得します。

MACアドレスは

[MENU]-[Network]-[Network info]-[MAC Adress]
MACaddress.jpg


で表示されます。
MACアドレスも1~9とA~Fまでの12文字の英数字で構成されたものです。O(オー)やI(アイ)は含まれません

□AirPlayの申込ページ

IDをメモしたらAirPlayを購入します。

M-CR603製品ページの左側バナーからMarantz AirPlay紹介ページにアクセスします。

Marantz_AirPlay_203.png Marantz_AirPlay_204.png

なぜかM-CR603のところだけComing Soonとなっていますが、アップグレードページにはM-CR603も含まれているので大丈夫でしょう(2011年4月7日時点)
Marantz_AirPlay_205.png

「購入ページ」に移動します。DENONのAirPlay購入ページでは製品ごとに購入しますが、Marantzは製品単位ではないようです。
Marantz_AirPlay_206.png

「次へ」をクリックしてショッピングカートに入れて「会計」をクリックします。
Marantz_AirPlay_207.png

クレジットカード精算しか駄目なのでクレジットにチェックをいれて「次へ進む」をクリック
Marantz_AirPlay_208.png

ご依頼人情報入力ということで必要事項を入力します。最後のコメント欄(赤枠部分)にあらかじめ調べておいた

製品名:M-CR603
MACアドレス:01AB23CD45EF(例)
アップグレードIDナンバー:01AB45CD89EF2(例)

を入力します。「次へ進む」をクリックして
Marantz_AirPlay_209.png

注文内容を確認して「次へ進む」をクリックして

Marantz_AirPlay_210png.png


クレジットカードの情報を入力して「商品を注文する」で完了です。

注文してから3日営業日ほどで設定が完了するようです。

本体の
[MENU]-[OTHER]-[Add New Feature]で
Upgrade Package:[Registered]

となればアップグレード可能なのでちょくちょくチェックしましょう。

□まとめ
M-CR603でのAirPlayの申込までの手順を書いてみました。DENONは各製品単位で申し込んだのに大して、MarantzはAirPlay対応製品一括での申し込みと同じ母体会社なのに申し込み方法が違うのには少々戸惑いました。個人的には入力項目UpgradeIDだけと少ないDENON側がいいと思いますね。MarantzはMACアドレスや製品名、UpgradeIDまで必要でちょっと大変です。

どちらの製品でも感じたことですが、AirPlay専用ページではなく、他製品と共通のページを流用しているということですね。

次はアップグレード編です。

13056-302-215252


| | コメント (0) | トラックバック (1)

【レビュー】Wizz App:Marantz M-CR603をリモートコントロールするアプリ

M-CR603_051.jpg
みんぽすさんより、ネットワークに対応した超コンパクトなコンポ「Marantz M-CR603」をセットでお借りしている間に試した、Marantz機器をコントロールできるiPhone/iPod touchアプリ「Wizz App」のご紹介です。MarantzとDENONは同じ母体ということで当然ながらアプリ開発社も同じでDENONのアプリ「DENON Online App」とも同じ操作系になっています。先日さらに新しいバージョンがリリースされたようなのですが基本は変わらないとおもいますのでご参考に。
13056-302-215251

□関連ページ
【レビュー】iPhoneが簡易リモコン代わりに:DENON Online App [RCD-N7編]: 碧き流星
(レビュー掲載当時はさらに古いバージョンだったので一部画面が違います)

Wizz App - D&M Holdingsのダウンロードはこちら→Wizz App - D&M Holdings

□起動画面

IMG_2917.png
Marantzは紺色をベースにした渋い配色。同じネットワーク内にあるM-CR603を自動的に認識しています。固定IPなどでネットワークを構築されている方は二段目にIPアドレスを直打ちすれば認識できるようです。

□トップ画面

IMG_2918.png E256FD62-F936-44A5-B44A-54DEE73B37B6
トップ画面、一発で各ソースにアクセスできるボタンが配されています。DENON RCD-N7のアプリ画面(旧バージョン)とはベースカラーが違うだけで随分印象が変わります。旧バージョンからはQUICK STARTが追加されてダイレクトにソースにアクセスできるようになっています。

IMG_2937.png IMG_2938.png
トップ画面の下段にあるTONE CONTROLやスリープタイマーです。あまり複雑なことは出来ません。楽曲にあわせたプリセットイコライザーや本体にあるエブリデイタイマーやワンスタイマー設定も欲しいところ。

□設定画面
右上の設定アイコンをタップするとセットアップ画面に。トップ画面のQuickStartに表示できるソースを選択できます。

IMG_2928.png

6個は最低選ぶ必要がありますので、ほぼ全てのソースが選ばれる形になるかと思います。例え6個内に使わない機能があっても表示されっぱなしです。良く使う2つや4つに絞ってもっと大きなボタンにした方が使い勝手は上がりそうです。

それでは各ソースの操作画面を見て行きます。

□iPod/USB

IMG_2919.png
iPod/USB選択時のトップ画面です。右下の再生マークをタップすると、基本的な操作キーが出てきます。

image.jpeg image.jpeg
右側にフリックすると、iPodの中身を見ることができるのですが、「ダイレクトモード」(左)ではアプリではなにも操作できません。リモコンの[Mode]ボタンを押して「リモートモード」(右)に切り替えればiPodの中身までアプリで操作できるようになります。アプリ内でモード切替が出来ないのは不便ですので改善して欲しいです。

画面に入りきらないリスト部分をドラッグすると順次通信して取得するようになっているのでレスポンスは悪いです。もちろん最初に全部通信で取得してしまうのもレスポンスは悪くなるでしょうけど、同じ階層ぐらいはダウンロードしていて欲しいなと感じました。

image.jpeg
動画を視聴する場合などで音声のみをスピーカーから出したいときなどの場合はダイレクトモードを使うという感じですね。iPodやiPhoneを接続中にムービーを再生しようとすると外部出力をするかどうかを聞かれますので「いいえ」を選択すればOKです。
IMG_2935.png IMG_2936.png
曲を再生中はアートワークも表示されるのはいいですね。ただ、ここでも右下のアイコンを開いても、再生停止、早送り、巻き戻しなどの基本操作しかできず、リピートやシャッフルの設定が出来ないのが残念。もちろん全曲シャッフルやアルバム内シャッフルも無理。これはDENON Remote App同様に是非とも改善して欲しい部分。

もっともダイレクトモードにすれば本体でコントロールできるのでiPodやiPhoneの機能にあるものは全てOKですが...。

□Music Server

image.png image.png

DLNAクライアント機能があるのでパソコンのWindows Media Playerで管理している曲も操作できます。複数台のパソコンがあっても切り替えできます。

image.png image.png
iPod同様にアートワークも表示されます。 Music Serverでも表示範囲外のリストは都度通信で取得するのでレスポンスはあまりよくありません。

□CD

IMG_2921.png IMG_2922.png
SOURCEにCDプレーヤーを選択。iPodとはちがって右下に簡易再生アイコンは表示されません。右側にフリックするとCDプレーヤーのコントロール画面がでてきます。iPodとは違ってシャッフルやリピートなどが選択できます。

CD-Rに保存したmp3などのデータも扱えるようですが、CDDBに対応しないのでCDではタイトルなどは表示されません。CD textは所有してないので不明です。

□Tuner

IMG_2923.png IMG_2940.png
TunerではFM/AMラジオをコントロールできます。プリセット単位での切り替えになっているので細かい周波数あわせはできません。
周波数単位での調整もしたいところです。

IMG_2950.png
ラジオに関してはあらかじめ本体側でプリセットしておかないとアプリでは使い勝手が悪いです。

しかし、本体のプリセットもFMは自動で聞ける周波数はかろうじて自動で収集してくれるものの、AMは手動だったり、放送局名に関してはFM/AM両方とも自分でリモコンから入力で、漢字の表示に対応しているのに放送局名等の入力は英数字のみと、本体での操作も使い勝手が悪くゲンナリしてしまいます。

プリセットはWizz appからも放送局名も含めて編集できるとグッと使い勝手がアップすると思いますが、せっかくインターネットに接続できるのですからMarantz側のサイトから自動的にダウンロードするなどして最新情報をぱっと設定してほしいところです。

□Internet Radio

IMG_2954.png IMG_2955.png

インターネットラジオに関してはあらかじめ登録されているチャンネルを階層を追って選局できます。ただ、リストに収まらない範囲は順次本体と通信して表示されるのでレスポンスはあまりよくありません。あんまりインターネットラジオは聞かないので良く分かりませんが、なかなか目的のものを探すのは難しく感じました。

今回はお借りしている商品だった為に試せませんでしたが、あらかじめ登録されているラジオ以外でも自分で好きなラジオを下記サイトから登録できるようです。
http://www.radiomarantz.com
登録には本体のMACアドレスとご自身のメールアドレスが必要だそうです。
MACアドレスは[MENU]-[Network]-[Network info]-[MAC Adress]で表示されます。
1~9とA~Fまでの12文字の英数字で構成されたものです。O(オー)やI(アイ)は含まれません

IMG_2961.png
インターネットラジオですが丁度震災があったのでNHKのラジオなどは便利でしたね。できればRadikoに対応して欲しいところ。そうすれば、FM/AMアンテナをつける必要もないですし、ノイズのないクリアーな音声でラジオを聞けますからね。アップデートで是非対応してほしいところです。

□まとめ
DENON Online App」同様にiPhone/iPod Touchを簡易リモコンとして使えます。付属のリモコンと違ってよいところは、液晶があることで本体を見なくても動作状況がわかること、無線LAN経由で操作するので本体に向けて操作しなくてよいことが利点ですね。

DENON Online App」の時にも書きましたが、完全にリモコンの代わりになるぐらいの機能が欲しいなとも思います。ラジオ局名の入力とかもiPhoneから出来たら便利ですし。

あとは、リモコンとは関係ないですが、CDDBに対応したり、FM/AMの局名も含んだオートプリセット機能などは他社のコンポじゃ一般的ですので是非アップデートで対応してほしいところですし、せっかくのネットワーク対応なのでインタネットラジオに加えてRadikoにも対応してくれたりすればM-CR603の魅力はさらにアップすること間違いないでしょうね。

※2011年4月27日追記
iPod PLAYER機能が追加されたようです。下記のリンク画像を見る限りシャッフル機能やリピート機能も追加されていてiPod再生機能は大幅にアップしていますね。

D&M、iOS向けアプリをアップデート - アプリ内でのiPodライブラリ再生が可能に - Phile-web バージョン2.28では、新たに「iPod PLAYER」機能を追加。iOSデバイス内のiPod音楽ライブラリーにアクセスし、アプリ内で直接再生することが可能になった。また、iPod PLAYER機能で再生している楽曲をAirPlayで対応機器に配信することも行える。

Wizz App - D&M Holdingsのダウンロードはこちら→Wizz App - D&M Holdings

13056-302-215251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

【PC】USB接続のプリンターを無線化したい

プリンタはCANONのiP4100なんですが、ノートPCを買ったので、今までデスクトップPCにUSB接続してたプリンタをノートPCから直接に無線LAN経由で印刷したくなってます。単純にプリントサーバーを買うよりかは他の機能と合体した商品買った方が得な気がしてます。プリンタを買い換えるというのもありますね。


□USB端子付きルーター
http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLAN-W300NDR/
アンテナ無しタイプがLAN-W300N/DR4,603円、アンテナありの強力タイプLAN-WH300N/DGRが6,281円、バッファローのWZR-HP-G302Hは7,679円。

□USB端子付きNAS
http://buffalo.jp/products/catalog/storage/hd_lan.html
ベーシックなものでLS-CH1.0TL11,380円、転送速度が速いLS-V1.0TLだと15,791円。RAID組めるLS-WX1.0TL/R1は16,528円、転送速度が速いLS-WV1.0TL/R1が20,545円

□USBデバイスサーバー

http://www.iodata.jp/product/network/option/etg-dsus/
ハイスピードモデル ETG-DS/US-HSで7,089円、スタンダードモデル ETG-DS/USで5,040円(2011年4月11日現在)

□無線LAN対応プリンタ(複合機)
Canon PIXUS インクジェット複合機 MG5230は17,380円
無線LANなしのMG5130は11,795円と5585円の差。(2011年4月11日現在)
上位のMG6130BKは有線LANもあり液晶も大きく、インク6色なのに600円しか差がありませんがランニングコストは高くなりますね...。

といろいろな選択肢があって迷いますね。それぞれ利点があります。
今使っているパソコンのHDDはケースにいれてUSB外付けHDDとして使いたいし。

皆さんはどうされているのでしょうか?

iPhoneでもプリントできたりするのかな?(覚書)

http://www.paraches.com/iphone-info/airprintprintersharewin


あと、こんなのも発見(覚書)
内蔵HDD・外付けHDD・USBメモリ・NASなどの空き容量を統合して1つの巨大なファイル保存ストレージにできるフリーソフト「VVAULT Personal」


http://gigazine.net/news/20110405_vvault_personal/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

【PC】二台目のASUS A52N-EXN830をセットアップ

1301807891188.jpg

ARUTOの実家のASUSの「A52N A52N-EXN830」もセットアップしています。

2回目だから楽々。

元々あったノートパソコンはHP Compaq nx6120でCeleron M 360J (1.4GHz/1MB/400MHz)


1301816591438.jpg

Windows 7移行ツールでやってみてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

【レビュー】ASUS A52N セットアップ中

先日購入したASUS ノートパソコン A52N A52N-EXN830 のセットアップ覚書です。随時追記していくかもw

とりあえず、電源をいれてセットアップ。起動中にワイヤレスネットワークの設定をする項目がありましたが、WEPキーを入れても認識せず、とりあえずスルー。後ほどコントロールパネルから設定したらあっさり成功。なんだったんでしょうか?

Recovery

まずは、リカバリーディスクの作成。DVD6枚が必要といわれましたが、3枚で終了。これまた不思議。 続いてウィルス対策ソフトのインストール。あらかじめトレンドマイクロのウィルスバスターの海外版がインストールされていますが、我が家にはウイルスバスター2011 クラウドのライセンスがまだあまってますのでそれをインストール。当然ですが、海外版はアンインストールされます。

File_shairing00

File_shairing01

今まで使っていたデスクトップPCからデータを移動させようと思ったのですがファイル共有をしてもデスクトップ側から認識されません。

Winxp_7_network01

しらべてみたら、なんかWindows 7はかなりセキュリティーが厳しいらしく、「パスワードの保護共有をオフ」にしたらようやく共有設定したフォルダーがXP側から表示されました。

いつもレビュー用に使っている画像処理ソフトIrfanViewですが、どうやら本家サイトからダウンロードするとうまく動かないらしいですが、日本語化されているサイトからZIPのものをダウンロードして解凍したら使えました。自己解凍タイプはうまく出来ず。たぶんセキュリティー問題なんでしょう。

IrfanView 日本語版のページ

次はiTunesを移し変えたいと思っています。

iTunes:iTunes ライブラリを外付けハードドライブにコピーしてバックアップする :Appleサポート

ファイル容量が結構あるので、LAN経由ではなくUSBデータリンクケーブルでも購入しようか、外付けHDDケースを使うか、いっそのことNAS(BUFFALO 72MB/s RAID対応 高速ネットワーク対応HDD (NAS) 2.0TB LS-WV2.0TL/R1 )を買ってしまってライブラリーを外に出してしまおうかなとかいろいろ考えちゃってます。

追記:2011年4月8日

さて先日、iTunesの移動したのですが、ちょっとトラブル発生。ライブラリー情報を保存している

iTunes Library.itl

Itunes_library_00

が、ファイル-ライブラリー-ライブラリー整理のファイルを統合を実施しても

編集-設定-詳細の[iTunes Media]フォルダの場所

になかったんですよね。結局検索したら

Itunes_library_01_2


[iTunes Media]フォルダの場所のリセットで表示される場所、つまりマイ ミュージックフォルダの下のiTunesフォルダの下にありました。うまく動作してなかったようです。とりあえずライブラリーの保存場所をリセットしてライブラリーを移動してから、iTunesフォルダを新しいマシンにコピーしました。結局ファイルの移動はLANケーブルを引き回してしました。無線LANよりははるかに速く待てる時間にかろうじてなりました。

□プリンタの共有設定
続いてやらなければならなかったのがプリンタですが、本来は無線LAN経由で印刷を実施したく、デスクトップPCにUSB接続されているプリンタを共有しました。

我が家の環境としてはデスクトップPCがWindows XP(32bit)で新しいのがWindows 7(64bit)、プリンタがCANONのPIXUS iP4100でした。

妻の実家先にUSBで直つなぎしていればいけると思ったのですがそうはいかず
これも一筋縄ではいかず、こちらのサイトを参考に実施したらようやく成功。

3139-302-220665

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

【AppStore】動画ファイルから静止画を切り出せる便利アプリ:Movie2image

もともと、動画でざっと撮影しておいてその中からレビューに使えそうな画像をスクリーンショットで抜き出してたりしてたんですが、画像サイズがiPhone 3GSだと480x320になってしまいます。

そこで

MovieToImage

というアプリを追加しました。

動画から写真を切り出すソフト
スクリーンショットよりも高解像度でカメラロールに保存できます。

スクリーンショットと違いシャッター音がでないのと、縦横もちゃんとそのままなので抜き出した画像を回転させる必要もありません。

操作説明をしたい場合など、動画で撮っておけば抜けもれなく画像を用意できるので便利ですよ。

MovieToImage - DreamOnline,Inc.のダウンロードはこちら→MovieToImage - DreamOnline,Inc.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »