« 【iPhone】XperiaとiPhoneを同列に扱うのはちょっと... | トップページ | 【車】自分の車好きさをあらわしてみるテスト #kurumazukitest »

2010年1月26日 (火)

【レビュー】ソニー ワイヤレスオーディオレシーバー DRC-BT30

SONY Bluetooth ワイヤレスオーディオレシーバー BT30 ブラック DRC-BT30/B

デザインが良くクレードルもついた前モデル「DRC-BT15」とかなり迷いましたけど、Bluetooth 2.1に対応した最新の「SONY Bluetooth ワイヤレスオーディオレシーバー BT30 ブラック DRC-BT30/B」を購入しました。イヤホンはMDR-EX90SLでiPhone 3GSで使ってますのでレビューをお届けしたいと思います。

□関連ページ
DRC-BT30 | ヘッドホン | ソニー

□購入同期
私はiPhone 3GS同梱のマイク付イヤホンをつかっておらず、電話がかかってきたときにすぐに出られないのが問題でした。また、MDR-EX90SLを延長コード無しでiPhoneをシャツの胸ポケットに入れて聞いていたのでiPhoneの操作時にはちょっと短くて邪魔に感じていました。

□パッケージ
本体が見えるパッケージになっていますので大きさなどを確認して購入できると思います。
まあ、特に可もなく不可もなくって感じです。

中には説明書と充電用のUSBケーブルが入っているだけです。

□デザイン

SONY Bluetooth ワイヤレスオーディオレシーバー BT30 ブラック DRC-BT30/B SONY ワイヤレスオーディオレシーバー BT15 ブラック DRC-BT15 B

DRC-BT15(右)のスマートでスタイリッシュなデザインに比べDRC-BT30(左)はスクェアなデザインです。各ボタン類はしっかりしていてやわい感じはありません。

DRC-BT15とはボタンの配置が異なっていますね。上部にはコントロールジョグがあるのは同じですが、電源ボタンと通話ボタンの位置が逆。ジョグ下がDRC-BT15は電源で、DRC-BT30は通話。側面にあるのがDRC-BT15が通話でDRC-BT30が電源となってます。同じ面にあるから使いやすいのか、ご操作の元になるのか...まあ、どちらが操作性が良いのかは不明ですが、DRC-BT30の場合、コントロールジョグが大きいので操作間違いはすることはないと思います。

DRC-BT30は背面に大きなクリップを備えていますので、シャツやネクタイとかポケットにはさんで固定できます。クリップの上部に穴が開いているのでストラップを通すこともできます。本体重量がとても軽いのでクリップで挟んでも落ちそうにないですし。ネックストラップで首からかけても重さを感じることはありません。

□電源/充電
電源は側面の「Power」ボタンを長押しすることでON/OFFされます。電源が入ると上部のLEDが青く点灯します。またバッテリーが減ってくると電源をONにしたときに赤く点滅します。

充電は側面のカバーの横にminiUSB端子があるのでそこに付属のケーブルを刺し、パソコンのUSB端子に繋ぐか、USB-ACアダプターに繋いで充電します。ある程度充電にパワーがいるのか、iPod miniの時代に使っていた古いUSB-ACアダプターでは充電できなかったので注意してください。iPhone用に使えるものならば大丈夫だと思います。

バッテリーの持ちですが、1日2日でなくなることはありませんね。音楽を通勤中に行きかえりで合計1時間程度聞いている程度であれば、1週間以上は持っているような気がします。ただ、20分程度通話をしたら一気にバッテリーが減りましたので通話は結構負荷が高いのかも。

※現在、バッテリーがどの程度持つのか検証中です。結果がでましたら追記します。

□ペアリング
パスコードは一般的な「0000」ですが、Bluetooth2.1に対応しているからかiPhone 3GSとのペアリング時にはパスキーを入力しないで同期できました。

「Bluetooth 2.1 + EDR」、ペアリングの簡略化と省電力化を実現
本機のパスコードは何ですか? | サポート・お問い合わせ | ソニー

ペアリングは
iPhone側で設定>一般>Bluetooth
を開き、「オン」にします。

DRC-BT30と表示されるはずです。

次にDRC-BT30の側面のカバーを開けたところにあるペアリング用ボタンがありますのでそれを長押ししてペアリング可能状態にします。上部のLEDが青と赤に激しく明滅します。

あとはiPhone上でDRC-BT30をタップすれば、接続要求がiPhoneの画面に出ますので「登録」を押せばペアリング完了です。

一度、ペアリングしてしまえば、あとは、DRC-BT30の電源のON/OFFするだけで自動的に接続してくれます。

ペアリングは最大8台まで可能なようです。
ペアリング情報は何台まで登録できますか? | サポート・お問い合わせ | ソニー

□音楽の再生
DRC-BT30の操作ボタンを何度か押し込めば、それまでに再生していた音楽を再生してくれます。何度かと書いたのは、直前のアプリ操作状況によりそうだから...。1度目で再生できることもあれば2度目に再生できることもあります。POWER入れた直後だと接続途中だったりして、3度目でようやく音楽が再生されたり。

てな具合。まあ直前に音楽を再生してなくて別アプリを動かしていても、リンクが確立した後に2度押せば音楽が再生されるんで、iPhoneをいちいち取り出さなくても音楽を聴き始めることができます。これ便利。

もちろん、音量もiPhone側でなくDRC-BT30側で調整でき、ボタンを上下に動かすだけでOK。これも便利。

ただ、iPhone側の問題で左右に倒しても曲送り/曲戻しが出来ないのは残念ですが、これは
DRC-BT30に限ったことではなく、どのBluetoothレシーバーでも同じなので致し方ないところ。まもなく出るとうわさのiPhone OS 4.0で改善されることを願いましょう。

□ワンセグ
ソニーのページにはワンセグ対応と書いてないので心配でしたが、ちょうどみんぽすさんよりお借りしていたnav-uがあったのでワンセグも視聴できるか試したところ、あっさり視聴できました。

下記サイトで対応品であることを確認できます。
本機はSCMS-T方式のコンテンツ保護に対応していますか? | サポート・お問い合わせ | ソニー

□音切れ
iPhone側の問題なのかBT30側の問題なのか、たまに音声がプツッと瞬断することがあります。なんとなく周辺で漏れているWi-Fi電波に影響されているような気がします。というのも、自宅や、電車の中などでは殆ど途切れず、街中を歩いているときに良く途切れたりするからです。まあ、ワイヤレス製品ですし、頻度的には少ないので許せるレベルだと思っています。

気になる方は、通信ビットレートを下げる方法が下記に載ってますので試されるとよいと思います。

Bluetooth通信中に音が途切れるのですが。| サポート・お問い合わせ | ソニー

もちろん通信ビットレートを下げるので音質は悪くなります。

※出力側のiPhone側のBluetooth問題かもしれませんのでiPhoneのWi-FiをOFFにして途切れるのか検証中です。

□音質
DRC-BT30に刺して使っているのはMDR-EX90SLです。iPhone 3GSにはMP3(192kbps)で音楽などを入れてあるのですが、特に音質などは問題ないと思います。十分クリアに聞けますし外で聞いている分には直刺しとの差は良く分かりません。もっとも静かな室内で聴くなら違いもわかるんでしょうが、この製品は外出時につかうものですしあまり神経質になっても仕方がないと思います。

□通話
DRC-BT30は音楽をワイヤレスで聴くだけでなく、iPhoneに着信した電話を受けて話すことができます。着信があったら、受話のマークのあるボタンを押すだけで電話を取る事ができます。もちろんiPhoneを取り出す必要はありません。

DRC-BT30にネックストラップをつけて首からぶら下げているのですが、ぶら下げたままでもこちらの声をちゃんと拾ってくれるようです。相手の声はもちろんクリアに聞こえますし、外がうるさいときなど、iPhoneで直接通話するよりも確実に相手の声が聞こえるので話しやすいですね。

もちろん、車の中でつかっても良いのですが、ステレオイヤホンをつけていたら外部の音が聞こえ難くなって危ないのであまり向いてないように思います。車で使うのであれば、片耳タイプのBluetoothヘッドセットを使った方がよいと思います。

□ボイスコントロール
iPhone OS 3.0で追加されたボイスコントロール機能ですが、DRC-BT30の発話ボタンを一回押すことでボイスオーバーモードになります。

が、認識率が低くて使えない...これはもちろんiPhone側の問題ですね。Google Mobile Appの音声認識はサーバー経由で解析しているのか非常に優秀なんですけど、iPhoneも3G圏内なら本体じゃなくサーバーで音声認識してくれたらちゃんと使えるようになるかもですね。

まとめ
まず、iPhoneでイヤホンを繋ぐなら、Bluetoothでワイヤレスにすべきと断言します。本体とイヤホンが離れることで得られる自由さは便利です。なんせiPhoneはタッチ操作をするものですし、ケーブルが無いことでこれがすこぶる快適に行えます。

で、DRC-BT30の評価ですが、操作性は問題なく、重量も軽いですし不満は特にありません。唯一デザインがDRC-BT15とかソニエリのような洗練されたものであればとは思いますが、無難なデザインですし逆に目立つこともなく利用できるというメリットはあるかもしれません。

ケータイに比べると、薄いものの面積が広いiPhoneですし、通話の際にいちいちポケットから出すのはちょっと面倒です。そういったこともDRC-BT30なら通話機能もあるのでそのまま利用できるのがいいですね。iPhoneを出さなくていいということは落下の心配もないということにもなりますんでストラップ無しで使っている方にもオススメしたいです。

ただ、どうしてもステレオのイヤホンをケーブルで繋ぐ形になるので、綺麗に収納するのは難しいですね。一応絡まないように、イヤホンのヘッドの部分をクリップにはさんで放りこんでますが(笑)持っているイヤホンを使う予定がない人は一体型で収納しやすいのを選ぶのがいいと思います。Bluetooth経由ですし音質にこだわってもあまり意味がないですからね。

まあ、この製品の場合イヤホンが別になっているので、万が一、本体のバッテリーが上がっても、イヤホンを外して直接iPhoneに差し込めば音楽を聴き続けることができるのは別体タイプの大きなメリットだと思います。

※追記
現在、DRC-BT30は生産が終了し、イヤホン付きのDR-BT63EXが発売されています。通話用のノイズキャンセルが追加されているようです。

個人的には、家族と行動しているときなどは、音楽は聞くこともないですし車も運転したりするので、DRC-BT30は邪魔になりますので、バッファローのBSHSBE04のような極小、極軽量で目立たない片耳タイプの通話専用タイプをもう一個欲しいなと思っています。

※追記
片耳タイプはロジテックのLBT-HPS01C2を購入しました。片耳ですが音楽やワンセグも聴けて重宝しています。
【レビュー】片耳なのに音楽からワンセグまで全機能入りのBluetoothヘッドセット:ロジテックLBT-HPS01C2: 碧き流星

4913-302-151416

このレビューを評価する(みんぽす)
碧のレビュー(みんぽす)


iPhone 3GS(softbankオンラインショップへ)
iPhone 3GS

iPhone for everybody キャンペーン
iPhone for everybody キャンペーン

 



|

« 【iPhone】XperiaとiPhoneを同列に扱うのはちょっと... | トップページ | 【車】自分の車好きさをあらわしてみるテスト #kurumazukitest »

iPhone/iPad/iPod/Android」カテゴリの記事

SoftBank/iPhone」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/33084029

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】ソニー ワイヤレスオーディオレシーバー DRC-BT30:

« 【iPhone】XperiaとiPhoneを同列に扱うのはちょっと... | トップページ | 【車】自分の車好きさをあらわしてみるテスト #kurumazukitest »