« 【WRC】スバルと三菱、トヨタのWRCの激闘の歴史をまとめたDVDが発売 | トップページ | 【AppStore】傾けての微調整が肝。Mr.AahH!!Lite »

2009年9月19日 (土)

【カーナビ】さらに高精度になったポータブルナビ「nav-u」が発表


据え置き型カーナビから撤退しているソニーですが、ポータブルカーナビ(PND)市場ではかなりシェアを持っているようです。もともと他社にはない気圧センサーなどを搭載して他社のPNDでは出来なかったGPS非受信地の測位精度の高さが売りだったnav-uですが、さらに高精度になった『NV-U75シリーズ』が発表されました。2009年10月31日の発売開始です。

□製品ページ
新開発自車位置測位システムと充実の地図情報“nav-u”(ナブ・ユー)『NV-U75』シリーズ | プレスリリース | ソニー
カーナビ “nav-u”「ナブ・ユー」 | ソニー

今回の新モデルでは、気圧センサーを廃止する変わりに上下回転を測るジャイロセンサーを新たに1基を追加して勾配を測定するようになったようです。また、徒歩での利用を想定して電子コンパスも搭載しているようです。

ソニー,PND「nav-u」シリーズの新機種を公開,2軸ジャイロで位置補正,静電タッチパネルやBluetoothを搭載 - カーエレ - Tech-On!
 同社の従来機種は,勾配の判定のために気圧センサを利用していたが,従来1軸だったジャイロ・センサを2軸にして廃止した。さらに,3軸加速度センサの数値から自動車の速度を推測して,位置精度を高める制御も取り入れた。このほか,徒歩などでの利用を想定し,電子コンパス機能を搭載した。なお,2軸ジャイロ・センサはSi(シリコン)製MEMS方式の製品ではなく,水晶式の製品を採用したもようだ。

車速に関しては、直接車から情報を得る据え置き型カーナビの精度には適わないでしょうが、センサー自体は据え置き型よりも高精度な物を搭載しているらしくその測位精度にはかなりの自信がありそうです。

ASCII.jp:どのPNDが買い? 使い勝手を試した【レビュー編】|連休の渋滞回避はコレ! カーナビ購入ガイド

上記のリンクで各PNDを比較していますが、ここでもnav-u(レビューは旧モデルNV-U3DV)の性能は他社を一歩リードしているようですし、新製品にも期待が持てます。

ここまで来たら、2台目需要というより、メインカーナビとしても利用できるかもしれません。

ワンセグ付きのNV-U75Vが64,800円
ワンセグなしのNV-U75が54,800円

でAmazonで予約受付中です。



|

« 【WRC】スバルと三菱、トヨタのWRCの激闘の歴史をまとめたDVDが発売 | トップページ | 【AppStore】傾けての微調整が肝。Mr.AahH!!Lite »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カーナビ】さらに高精度になったポータブルナビ「nav-u」が発表:

« 【WRC】スバルと三菱、トヨタのWRCの激闘の歴史をまとめたDVDが発売 | トップページ | 【AppStore】傾けての微調整が肝。Mr.AahH!!Lite »