« 【デジモノ】単一と単二のeneloopが出てるけど…。 | トップページ | 【AppStore】F1の情報をリアルタイムで取得:F1 timing »

2009年6月16日 (火)

【家電】T-fal スチームアイロンなら三往復が一往復に、頑固な皺もスチームで一発:ウルトラグライド イージーコード 80

ティファール(T-FAL) スチームアイロンウルトラグライドイージーコード80 FV4280J0
T-fal スチームアイロン
ウルトラグライドイージーコード80

今まで使っていたコードレスアイロンが突如電源が入らなくなったので急遽調達してきました。購入したのは「 ティファール(T-FAL) スチームアイロンウルトラグライドイージーコード80 FV4280J0(コードあり)」です。

コードレスアイロンからコードありアイロンへとは意外かもしれませんが、なかなかこのT-falのアイロンはよく考えられていてコードありアイロンでも使いやすいです。

□購入経緯
今まで使っていたアイロンは、私が就職して一人暮らしを始めるときに購入したもので10年以上も前の代物でした。サンヨー製のコードレスアイロン(A-CL4)ですが、今までなんのトラブルもなくアイロンがけができていたのですが、数日前から電源ランプが付いたり付かなくなったりしてまして、ついにはまったく付かなくなってしまってました。

原因は電源コードの断線と思われます。いつも、アイロンは妻のMARUTOが使っているわけなんですが、コードレスなのに断線というのも変な話ですが、アイロン台から伸びているコンセントコードを十分に引き出さずにピンと張った状態で使ってたようなんですよね。それでコンセントの根元が断線してしまったようです。う~ん、前も空気清浄機を同じ理由で修理に出したんですけど懲りてないです…。

しかし、アイロンは非常に高い消費電力なんで素人が下手にコンセントを修理しようとして火災の原因とかになったら洒落にならないのともう10年物だし修理するのもなんなので、速攻で購入を決定し、近くの家電量販店に買いにいきました。

本当は、安いネットで購入したかったんですけど、転職してから毎日スーツで出かけているので、1日でも無いとまずいわけで仕事帰りにMARUTOと一緒に買いにいったというわけなんです。

□比較選定
私は、てっきりコードレスアイロンを購入するものと思っていたので、コードレスアイロンで評判のよさそうな、東芝製のものをあらかじめ調べておきました。

TOSHIBA Lacoo コードレススチームアイロン TA-FV61(P) メタリックピンク
TOSHIBA Lacoo コードレススチームアイロン TA-FV61(P)

しかし、家電量販店についてアイロンコーナーでMARUTOと一緒にアイロンを品定めしていると、店員さんの一言で状況が一変しました。

「売れているのはコードレスで軽いアイロンですけど、オススメするのは、重くてコードありのアイロンです」

女性の方が基本的に使われるので重くて邪魔なコードがあるアイロンはそもそも敬遠されるんだとか、まあごもっとも。

しかし、実際に皺が伸ばしやすいのは重量のあるアイロンで温度が下がらないコードありのアイロンだというんです。クリーニング店のアイロンは重くてコードありしかありませんから。

う~ん、これまたごもっとも。たまに私もMARUTOがAYAちょくんに授乳中など忙しそうなときはアイロンあてたりしてたんですが、

「ちゃんと体重かけないと皺が伸びないよ」

と毎回MARUTOに言われるんですよね。

MARUTOは体重がかかるようにアイロン台は脚を出さずに床に置いて体全体で体重をかけながらアイロンを掛けてますからね。

確かに、MARUTOもコードレスアイロンの便利さはわかってはいるものの、私が転職して毎日スーツで出かけるようになってからは、すぐに冷めて充熱台に置かなければならないコードレスアイロンはかなりのストレスだったようでして、ぐぐっとコードありアイロンへと購入意欲が傾いていきました。

そこで、コードありアイロンはどうなの?ってなると、激安コードありアイロン以外には、T-falのスチームアイロンしかコードありアイロンはありませんでした。こうなるともうT-falの中で選ぶしかなくなりました。

で、もともと1万円以上もするアイロンは買うつもりはなかったですし、5,6千円のコードレスアイロンでいいと言っていたのですが、

「店員さんが、これなら7,000円にしますよ」

とのひとことでウルトラグライドイージーコード80 になりました。携帯で調べても大体7,000円ぐらいが相場でしたし、即決定、購入となりました。

□デザイン、機能
いままで使っていたSANYOのコードレスアイロン A-CL4と比較してみました。

Tfal_iron_022 Tfal_iron_023

SANYOのコードレスアイロンも最近のコードレスアイロンに比べれば大きいですけど、T-falのは幅はほとんど一緒ですが、縦に長いですね。底面にはスチーム孔がありますが、その差は歴然です(笑)ちなみに今までのがたったの9個に対して、T-falのはなんと64個!底面全体にスチーム孔があいてます。

Tfal_iron_025 Tfal_iron_012

操作部周り比較です。SANYOのアイロンではすべて取っ手部にあり温度は3段階でしたが、T-falは温度調整は水タンク側の大きなダイヤルで行うようになっていて、段階も多く、温度調整は生地の種類(衣服のタグに書いてある)で選べばよいので直感的に操作できるようになっていてわかりやすいです。

使えるようになったらダイヤル下のランプがオレンジ色になりますが、ダイアルを一番温度の低い側にしても電源が切れるわけではなく常に通電されていてコンセントを抜かない限り熱くなっているので注意が必要ですね。

Tfal_iron_026 Tfal_iron_027

ジェットスチームのボタンですが、T-falは指よりも大きなボタンになっていて使いやすそうです。上部のレバーはスチームアイロンとして使う場合のスチーム量を決めます。0だとドライアイロンになります。スチームが出るのは温度が高いときのみで温度設定ダイヤルのオレンジ色の範囲のみになります。

Tfal_iron_001

右側のボタンは霧吹きのボタンになっていて、上の穴から噴出します。


□使い勝手(ドライ)

Tfal_iron_013

MARUTOの感想ですが、

「気持ち悪いぐらいよくすべる」

「温度を気にしなくてよいから楽」

「思ったほどコードは邪魔にならない」

って言ってました。私も使ってみましたが、確かにT-falは重量を感じさせないぐらいヌメヌメとよくすべります。本体を持ち上げれば確かに重たいんですけど、底面の摩擦が低いようで滑らしている際には本当に気持ち悪いぐらいの軽く動きます。

コードに関しては、購入した直後はストッパーが付いているのでこれを外してあげると中央部分が引き出せるようになります。

Tfal_iron_010 Tfal_iron_009

こうするとコード部分が高い位置に持ち上げられるのでコードが邪魔にならないというわけですね。さすが、ウルトラーグライドイージーなんて大層な名前が付いているだけのことはあります。

また、後ろ部分が大きな三角形で構成されているので、立てておく場合も非常に安定していてちょっとしたことじゃ倒れそうにありません。この辺も使いやすさの一つの指標になると思います。

□使い勝手(スチーム)

Tfal_iron_014

今までまともにスチームアイロンなんてつかったことがなく、スチームをどうやって使うのかもわかってなかったんですが、スチームレバーを1~3の間にしていると、水平にした状態では常時スチームが出る状態になるんですね。取っ手にあるボタンはジェットスチーム用でスーツなどを立てた状態で皺を伸ばすためにスチームするときにつかったり、頑固な皺を伸ばすときに余分にスチームしたいときに使うようです。

で、実際Yシャツに対してスチームをONにしてアイロン掛けして見ましたところ、驚くほどきれいに皺が伸びて行きます。今までのコードレスアイロンなら3度4度と同じ位置を繰り返し体重をかけて滑らせてようやく皺が伸びる感じですが、T-falのスチームアイロンだと体重をかけなくても1,2度滑らすだけで気持ちよく皺が伸びて行きます。もちろん、失敗して折皺ができてしまっても、もう一度掛けなおせば簡単に直ります。

さらに、今までどんだけアイロン掛けしても、生地の性質からか皺が伸びきらなかったシャツがあり、お蔵入りになっていたのにも試してみたところ、これまたあっさりビシッとアイロン掛けができてしまいこれまたびっくり。

MARUTOも

「これなら、アイロン掛けの時間が半分以下の時間で済む!」

と大絶賛でした。

ただ、ハンカチなどを余熱でアイロン掛けしようと、コンセントを抜いてアイロン掛けをしていたら、スチーム孔から水がじわっと染み出してびしょびしょに。どうやら、スチームレバーを0にするのを忘れていた為に水がそのまま出てきてしまったようです。これは気をつけねばなりません。

上位機種(アクアスピード160,アクアスピード260アクアターボ210プログラム8 パワージーンズ400)は水漏れ防止機能付きで、温度が低くなっても水が漏れないようになっています。


□収納、お手入れ

Tfal_iron_015 Tfal_iron_016

収納ですが、コードは後ろの三角形の部分にくるくるとまきつけることができるようになっています。最後にはクリップが付いているのでそれではさんであげれば邪魔になりません。

Tfal_iron_020

もっとも、コードレスアイロンのようにケースは付いてこないのが残念ですね。コードレスアイロンの場合は、熱いままでもすぐにケースにいれて収納できるので、危なくもないです。なぜにほとんどのコードありアイロンにはケースがないのか疑問です。

ただ、アイロンバッグなるものが、1000円~2000円ぐらいで売っているようなのでこういうのを使えばよさそうですね。T-falのアイロンは他社のよりもサイズが大きいので収納可能なアイロンサイズは十分チェックしてくださいね。

で、いろいろと探してみたらモノフェローズ仲間のKaboさんがおしゃれなアイロンバッグを紹介されていました!

冷まさなくても収納OKなアイロンバッグ

KaboさんもT-falのアイロン(よりスチームが強力な上位機種)を使われているようで、こちらのアイロンバッグがT-falにも使えることがわかります。

蒸気の力でアイロン上手 ティファール(T-FAL)スチームアイロン アクアスピード 使用レポート

アイロンのレビューもわかりやすいですので是非参考に!

□まとめ
T-falは大容量スチームを搭載するために、コードレスではなくコードありにしているようです。購入したアイロンでは最大55ml/minで最上位機種だと実に95ml/minものスチームを噴出します。

コードレスアイロンでは比較的大容量スチームとなっている東芝のLacooでも最大12ml/minなんですよね。その差は明らかです。

重量も比較的ありますが、重量を感じるのは立てかけたり収納するときのみで、アイロン掛けしている時は底面がすべりやすいので重量は感じません。

いままで皺が取れず使わなくなっていたYシャツまで簡単に皺がとれる実力は、もう有無を言わさずすばらしいことです。

MARUTOも

「コードレスありのT-falにして正解!」

と言ってますんで間違いないですね。

T-falのスチームアイロンは毎日アイロン掛けする方々には超オススメです。

このレビューを評価する(みんぽす)
碧のレビュー(みんぽす)

生活家電に関するレビュー | MONO-PORTAL


T-fal スチームアイロンの最上位機種です。



|

« 【デジモノ】単一と単二のeneloopが出てるけど…。 | トップページ | 【AppStore】F1の情報をリアルタイムで取得:F1 timing »

家電」カテゴリの記事

コメント

ティファールのアイロンがますます欲しくなりました(笑)
現在使っているかるるも良いのですが、最近だんだん滑りが悪くなってきて、、、、(悩)

投稿: こうちゃん@名古屋 | 2009年6月17日 (水) 13時08分

スチームを使うと、布が湿気るためかすべりは悪くなりますね。

それでも、皺の伸び方は圧倒的ですよ。

あえてコードありという選択をしたT-falの英断を支持します!

投稿: | 2009年6月19日 (金) 12時33分

私もかるるにして残念で…スチームも今ひとつだけどあの値段が残念度を上げてるな コード有りに賛成一票です

投稿: ちょっぴし後悔 | 2010年4月13日 (火) 02時53分

コメントありがとうございます。

コードレスというだけで価格は上がりますから、同じ値段ならT-falのコードありがいいと思いますよ。

購入からしばらく経ちますが、毎日活躍しています。

投稿: 碧 流星(管理者) | 2010年4月13日 (火) 08時32分

メーカー解らない\990のアイロンを友人宅で見せて貰って 何と早く熱くなってシワがスパッと伸びるやつがあったんだけども、安くても 軽くても 熱は大切ですよね スチームとか デザインとかどうしてもこだわってしまうけど 次はコード有りにしよう…前のは東芝だったけど T-fal私も欲しくなりました

投稿: ちょっぴし後悔 | 2010年4月15日 (木) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/30006433

この記事へのトラックバック一覧です: 【家電】T-fal スチームアイロンなら三往復が一往復に、頑固な皺もスチームで一発:ウルトラグライド イージーコード 80:

« 【デジモノ】単一と単二のeneloopが出てるけど…。 | トップページ | 【AppStore】F1の情報をリアルタイムで取得:F1 timing »