« 【WRC】ラリーXモバイルが春にもソフトバンクに対応 | トップページ | 【WRC 2009】ペターがトップタイム!:SS1 Rd.2 Norway »

2009年2月12日 (木)

【WRC】第2戦ラリー・ノルウェーまもなく開催

WRC(世界ラリー選手権)の第2戦ラリー・ノルウェーが週末に開催されます。全12戦となった今シーズンでは、スウェーデンがカレンダーから外れている為、ノルウェーが唯一のスノーラリーとなります。今までのスウェーデンでは温暖化の影響からか、雪量が不足したびたび開催が危ぶまれたり、グラベルラリーっぽくなったりと大変でしたが、ノルウェーはさらに北に位置する為に雪量が比較的多いようです。今シーズンのノルウェーはいろいろとリポートが挙がってきているように、豊富な雪量のようで、コースは深い雪に覆われ、両サイドにはスノーバンク(雪壁)があるとのことです。

ラリーカーはピレリタイヤのソリッド・ゼロというスタッドタイヤ(スタッドレスじゃなくスタッドありタイヤ)を履いてこの雪路を走ります。両サイドの雪壁があるために殆どのコーナーがブラインドコーナーとなるため、ドライビングには相当のテクニックを要します。ただ、雪の壁ということで、多少マシンがヒットしてもダメージは少なく、逆にそれを利用してわざとヒットさせるようにしてコーナリングスピードを上げるというテクニックも使われます。ただ、失敗すれば、雪壁に突っ込んでしまって抜け出せなくなり、大幅にタイムロスするという危険性もありますが...。

ということで、こういうテクニックというのは、雪が豊富な地域出身ドライバーが圧倒的に有利となります。

優勝候補としては、今回ばかりはシトロエンのS.ローブではなく、フォードの2人でしょう。2人とも、フィンランド出身ということでスノードライビングは得意ですし、初開催となった昨年はM.ヒルボネンが優勝をかざっています。

とはいえ、S.ローブもスウェーデンでは2004年に優勝しているので侮れない存在ではあります。

そして、ダントツの注目ドライバーとしては、なんと言ってもノルウェー出身のP.ソルベルグでしょう。先日お伝えしたようにスバル撤退後に自らのチームを立ち上げて、参戦します。旧型のクサラではあり過大な期待は禁物ですが期待せずにはいられませんよね。

当然、お兄さんであるH.ソルベルグも地元ですから、期待したいです。

ほかは、スバルの2ndチームとして出走するはずだったアダプタがインプレッサWRCを2台投入しますし、P-Gアンダーソンも、シュコダファビアを駆って出場します。

また、PWRCはここノルウェーが第1戦となり、新井敏弘が登場です。スバルとしてはトップカテゴリーから撤退した為、このPWRCではなんとしても結果を残したいところでしょうし、新井さんの活躍に期待がかかります。


|

« 【WRC】ラリーXモバイルが春にもソフトバンクに対応 | トップページ | 【WRC 2009】ペターがトップタイム!:SS1 Rd.2 Norway »

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/28018900

この記事へのトラックバック一覧です: 【WRC】第2戦ラリー・ノルウェーまもなく開催:

« 【WRC】ラリーXモバイルが春にもソフトバンクに対応 | トップページ | 【WRC 2009】ペターがトップタイム!:SS1 Rd.2 Norway »