« 世界一受けたい授業 | トップページ | 【スバルWRC】スバルの幻のスタッフウェアがSTIより販売 »

2009年2月23日 (月)

【車】エスティマ アエリア

V90524231.JPG V90524221.JPG
先週MARUTOの実家にいっていちご狩りに行ってきたんですが車がクレスタからエスティマになってました。

AYAちょくんが生まれて祖父母を合わせると6人になり、義弟も帰ったら7人。一台で行動出来なくなったんで祖父がみんな乗れる奴って中古屋に依頼したらしいです。

1999年モデルのアエラスで3ナンバーワイドボディー。2.4Lスーパーチャージャー付きでサンルーフあるしエアロもフル装備で快適です。

私も運転して欲しいっつうことで保険は無制限。少し運転しましたが、トラックみたいです(笑)2トンを超えるボディーですがスーパーチャージャー付きなんでパワーは充分。フワフワ感も思ったほどないのは意外でしたね。

ホイールベースが異常に長いので取り回しは大変。Uターンも対向2車線だと道路の真ん中ぐらいから回らないと無理。自分のインプワゴンとかなら、内側の車線からでも余裕で回れるんですけどねぇ。

ATはタクシーみたいなコラムシフト。中央をウォークスルーにする為にそうしてるみたいですが、なかなか慣れません。アクセルワークも結構微妙で、遊びが大きいわりに急激にパワーが立ち上がるのでギクシャクした運転になってしまいます。MTならクラッチワークで逃げれるんですけどATだと逃げれないしブレーキも急激にパワー立ち上がるからスムーズな運転をするのは大変そうです。

あとカーナビがなんとCD-ROM。
しかも2000年の地図のまま。
前のオーナーの設定全部残ってるし...。

最新地図探したら2005年10月で更新終了でした。どうしたものやら。

型式は
GF-TCR10W
です。

スペックなどはちら。
トヨタ エスティマ アエラス ツインムーンルーフ カタログ | 中古車ならGoo-net(グーネット)

トヨタ エスティマ グレード一覧 カタログ | 中古車ならGoo-net(グーネット)
ミニバンのスタイリングながら、エンジンとミッションを完全にホイールベース内に収めたミッドシップ方式を採用するエスティマ。エンジンを75度も傾けて搭載することで可能になったこのシャシーレイアウトは、世界的に見ても画期的といわれている。グレード展開はセカンドシートにキャプテンシートを持つG、セカンドベンチシートのV、Vと同様のシートレイアウトにエアロパーツやストーン調インパネなどが装着されたアエラスの3種。エンジンはすべて2.4Lのスーパーチャージャー付きハイメカツインカムで、160馬力を発生。サスペンションはフロントがストラット、リヤはGがダブルウイッシュボーン、Vとアエラスはラテラルロッド付きの4リンクとなる。後輪駆動とビスカスカップリング+センターデフ方式の4WDが、各グレードに用意される。







|

« 世界一受けたい授業 | トップページ | 【スバルWRC】スバルの幻のスタッフウェアがSTIより販売 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【車】エスティマ アエリア:

« 世界一受けたい授業 | トップページ | 【スバルWRC】スバルの幻のスタッフウェアがSTIより販売 »