« 【レビュー】全てが美しい VAIO Type T(BD搭載モデル) | トップページ | 【WRC】P.ソルベルグとアダプタがラリーノルウェーにエントリー(修正2) »

2009年1月15日 (木)

【ビデオ】HDビデオカメラの2009年モデルが続々

パナソニックが先陣を切った2009年のHDビデオカメラですが、ぞくぞくと他社からも新製品が登場してきました。

□ニュースリリース
・パナソニック:2009年1月7日発表
デジタルハイビジョンビデオカメラ
HDC-HS300/HS200/TM300/SD200(2月5日発売予定)

・ソニー :2009年1月15日発表
デジタルハイビジョンハンディーカム
HDR-XR520V、HDR-XR500V(2月20日発売予定)
HDR-CX120、HDR-XR100(2月20日発売予定)

・ビクター 2009年1月15日発表
ハイビジョンハードディスクムービー Everio
GZ-HD320/300(2月上旬発売予定)

・キヤノン  2009年1月15日発表
キヤノン HDビデオカメラ iVIS
iVIS HF S10/HF20(2月中旬発売予定)

各メーカーから出たハイビジョンカメラについてザクッと私が気になった部分を挙げて行きたいと思います。

□パナソニック(HDC-HS300/HS200/TM300/SD200
→1MOSあたりハイビジョン画質に
→最低被写体照度は1.6ルクス
→ダブルメモリータイプ登場(TM300)
→おまかせiAが静止画にも対応
→端子類の位置が三脚と干渉しない位置に
→おっかけフォーカス搭載
→光学12倍ズーム
→レンズ径は43mm
→HDC-HS300が520g、HS200が480g、TM300が445g、SD200が397g

□ソニー(HDR-XR520V、HDR-XR500V
→GPS搭載なのが面白い
→スマイルショットがHDDモデルにようやく搭載
→光学12倍ズーム
→最低被写体照度は3ルクス
→フィルター径は37mm
→フラッシュメモリータイプは今回未発表
→HDR-XR520Vが510g、XR500Vが500g

□ソニー(HDR-CX120、HDR-XR100
→XR500シリーズに比べてコンパクトで廉価
→カラバリが豊富
→光学10倍ズーム
→最低被写体照度は5ルクス
→HDR-CX120が330g、XR100が380g

□ビクター(Everio GZ-HD40/HD30
→カラバリが多くデザインが良い
→光学20倍ズーム
→AVCHD 24Mbpsに対応。
→370g(120GB)
→フィルター径は30.5mm
→最低被写体照度は9ルクス

□キヤノン(iVis HF20/HF S10
→顔認識搭載にようやく対応し、顔追尾機能付
→HF S10は大口径レンズ(なんと58mm)、HF20は37mm
→最低被写体照度はHF20が5.5ルクス、HF S10が4ルクス
→ファインダーはなし
→AVCHD 24Mbps
→ダブルメモリー
→HF20が400g、HF S10が500g

□まとめ
主要メーカーのビデオカメラが出揃いましたね。
サンヨーと日立が今後どういうモデルを出してくるのかが楽しみでもあります。

ハイビジョンビデオカメラは高画質・高機能タイプとコンパクト・手軽にという2パターンに分岐しつつあるようですね。高機能タイプは500g強、コンパクトタイプは400g弱という感じでしょうか。

昨年まではレンズのフィルター径は37mmが大部分をしめていたのですが、高画質タイプは画質を追求して径が大きくなっていく傾向になりそうです。圧巻はキヤノンのHF S10の58mmでバズーカ砲のようなレンズです(笑)

暗いところでの撮影能力に関してはパナソニックが一歩リードという感じです。
顔認識機能はただ単に認識するだけでなく、笑顔検出や追尾する機能とか進化してきています。

私がPanasonic HDC-SD100を選んだ理由の一つである自動シーンセレクト機能ですが、他社に入ってこなかったのは意外です。これはハイエンドでもローエンドでも気軽に撮影できるので他社も追随すると思っていたんですが制御が難しいのかもしれません。とはいえ、コンパクトデジタルカメラでは標準となりつつあるのでそのうち導入されていくのは間違いない気がします。

キヤノンだけでなくビクターもAVCHD 24Mbpsに対応してきましたね。
ビクターのBlu-rayレコーダーはこの24Mbpsに対応しているのだろうか?
キヤノンが24Mbpsに対応したときはコレをBlu-rayレコーダーはパソコンしかなかったわけで、手軽にBlu-rayに保存できないのであれば24Mbpsはちょっと使えない気がします。

ただ、先日規格が策定されたSDHCの上位で2TBまでの容量に対応するSDXC規格に対応した機器も今後は出てきそうですし、待てる方はSDXC対応を待った方が良いかもしれません。これが出たらHDDタイプは消滅するかも。

|

« 【レビュー】全てが美しい VAIO Type T(BD搭載モデル) | トップページ | 【WRC】P.ソルベルグとアダプタがラリーノルウェーにエントリー(修正2) »

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ビデオ】HDビデオカメラの2009年モデルが続々:

» キヤノン iVIS HF S10 画質重視のハイビジョンビデオカメラ [コスプレ衣装をメモするブログ]
ハイビジョンビデオカメラ買おうかなっと1年半くらい迷ってる私ですが、キヤノンからHF11の後継と言えそうなモデルが2機種発表になりました。iVIS HF S10は大口径レンズで画質重視の新シリーズです。(フィルター径は58mm) 保存は内蔵メモリにするタイプで、容量は32GB。SDカ... [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 22時46分

« 【レビュー】全てが美しい VAIO Type T(BD搭載モデル) | トップページ | 【WRC】P.ソルベルグとアダプタがラリーノルウェーにエントリー(修正2) »