« 【車】給油記録 | トップページ | 【モノフェローズ】〈ブラビア〉ワンセグ:XDV-D500レビュー »

2008年8月13日 (水)

【WRC】第10戦ラリードイツがまもなく開催

WRC 世界ラリー選手権2008 Vol.6 ドイツ/ニュージーランド
ジェネオン エンタテインメント (2008-10-24)
売り上げランキング: 1376

WRC(世界ラリー選手権)第10戦ラリードイツが今週末開催です。第一戦のモンテカルロ以来のフルターマック(舗装路)ラリーになります。古都トリ-アを中心に開催されます。

優勝候補はもともとターマックを得意とするシトロエンのS.ローブですが、唯一彼についていけるとしたら同僚のD.ソルドでしょう。また、ストバートフォードで参戦する元ローブの同僚だったF.デュバルも実力的には十分です。

この3人のほかは基本的にグラベル出身なんですが、フォードとしては、M.ヒルボネン、J.ラトバラがどれぐらいローブに迫れるかが選手権争いの重要なポイントになることと思います。フォードはこのドイツから08年スペックを投入です。(ストバートは07年スペック)

スバルとしては、インプレッサWRC2008が初めてターマックを走る為、その性能は未知数。2007年モデルから素性はよくなったようですが、相変わらずダンパーのトラブルが多いです。その為か、ダンパーのサプライヤーであるボスとの関係を変更したようです。

スバル ダンパーの開発を自ら主導 - WRC JAPAN - 世界ラリー選手権 日本語オフィシャルサイト

SWRTはフィンランドにおいて、ボスとの関係を見直し、フィンランドでは英国にあるチームの拠点でアッセンブルされたダンパーが2台のインプレッサに取り付けられたことを明かした。スバルのボスとの関係の変化を示す最初の兆候は、ソルベルグとアトキンソンのマシンからボスのロゴが消えたことだった。シェイクダウンでは2台ともボスのロゴがついていたが、ラリーが始まる時には取り外されていた。

ダンパーは今までどおりボスから供給されるようですが、それは出来上がった既製品ではなく部品のようです。それをプロドライブ側で組立調整して取り付けることになったとのことのようです。フィンランドではその効果が現れたとは言いがたいですが、調整の幅が広がったことは間違いなく今後の熟成に期待を掛けたいところです。個人的にはサプライヤーを変えたら?とは思いますが...。

スズキもSX4フル参戦になってから始めてのターマックです。乾燥した舗装路だとよりマシンに負担がかかりますのでその辺の耐久性も重要なポイントになってくるかと思います。


気になるトリーア周辺の天気ですが、雨に雷に霧の予報とかなり不安定のようです。雨が降った場合はかなり滑りやすくなりますんで波乱含みの展開になりそうです。なんかサバイバルラリーの予感。

|

« 【車】給油記録 | トップページ | 【モノフェローズ】〈ブラビア〉ワンセグ:XDV-D500レビュー »

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/22955157

この記事へのトラックバック一覧です: 【WRC】第10戦ラリードイツがまもなく開催:

« 【車】給油記録 | トップページ | 【モノフェローズ】〈ブラビア〉ワンセグ:XDV-D500レビュー »