« 【WRC】TTE(現TMG)のオベ・アンダーソンが事故死 | トップページ | 【WRC】Rd.8 SS1 Rally of Turkey »

2008年6月12日 (木)

【WRC】ラリー・オブ・トルコまもなく開催

WRC 世界ラリー選手権 2004 VOL.7 トルコ/アルゼンチン

今週末はWRC(世界ラリー選手権)第8戦ラリー・オブ・トルコが開催されます。前戦アクロポリスのやや東に位置するトルコで開催されるラリーはグラベルラリーでアクロポリスよりかは路面が荒れてはないですが天気がよければ、トップスタートは砂掻き役になり不利ですし、後方スタートでは前走者の砂埃が死海をさえぎりスピードが出せないというような事態も考えられます。今のところ天気予報を見る限りは晴れのようなので、出走順がどう結果に響いてくるのかが注目です。

優勝候補は浮動のS.ローブ(シトロエン)、それに続いて、フォードのM.ヒルボネンがどこまで張り合えるかが勝負でしょう。出走順で有利な、J.ラトバラ(F)、最近グラベルでもスピードを増してきたD.ソルド(C)も上位に入ってくるのは間違いないでしょう。スバルは、新型インプレッサの第2戦目ということで過大な期待は禁物ですが、前戦の厳しいアクロポリスでP.ソルベルグが2位と幸先のよい成績を残していますので、場合によっては上位争いに絡んでくるでしょう。


気になる出走順はポイント順に

1.S.ローブ(C)
2.M.ヒルボネン(F)
3.C.アトキンソン(SB)
4.J.ラトバラ(F)
5.D.ソルド(C)
6.P.ソルベルグ(SB)
7.G.ガリ(sF)
8.H.ソルベルグ(sF)

ですね。上位3台ぐらいがどれぐらい砂掻き役で遅れるのかがDay2以降の順位を左右しそうです。
もっともDay2以降のスタート順駆け引きもあるので難しいですよね。

どちらにしても最近のグラベルラリーではパンクによる後退が多いので、パンクさせずに安定して最後まで走り抜けることも重要なポイントになります。スズキやプライベーター、フォードの2ndチームなどは確実に走りぬいてポイントを稼ぐことも大事でしょう。

また、一部では噂になっていますが、来年あたりから、スバルも2ndチームを出すかもしれないということが報じられています。M.マルティンのWRC復帰や、イギリス人ドライバーなどこちらも注目していきたいところです。私としては、PWRCチャンピオンの新井さんをWRCに復活させて欲しいと願います。若手ではないですけどね(汗)

|

« 【WRC】TTE(現TMG)のオベ・アンダーソンが事故死 | トップページ | 【WRC】Rd.8 SS1 Rally of Turkey »

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/21584568

この記事へのトラックバック一覧です: 【WRC】ラリー・オブ・トルコまもなく開催:

« 【WRC】TTE(現TMG)のオベ・アンダーソンが事故死 | トップページ | 【WRC】Rd.8 SS1 Rally of Turkey »