« 【Wii】らくらく無線スタート | トップページ | 【WRC】Rd.7 Acropolis Rally »

2008年5月28日 (水)

【SoftBank】サイクロイドケータイの終焉

初代サイクロイド アクオスケータイ Vodafone 905SHを所有している私ですが、そろそろサイクロイドも終焉の時を迎えているのかなと思います。出た当初はそれこそ、これが究極の機構だと思っていました。なんせ、ワンセグ試聴するのにこれほど適したものはないと思っていましたから。

液晶部分を回転させると、するっと気持ちの良い回転をもって横画面になり左右の出っ張りは対称。
片手で保持したり、机の上においても安定していますし、最近のサイクロイドケータイでは、横画面のままメールやインターネットブラウザが使えます。横画面のままでもテンキーが普通に使えるため、2軸反転タイプや縦スライドケータイよりも優れています。

ただ、マイナスポイントもあって、機構上どうしても分厚くならざるを得ないのです。横画面のままテンキーで文字入力という優れたポイントに関しても、「Willcom 03」が回答してくれています。スライドを閉じれば、下部はテンキーかカーソルキーをイルミネーション切替で対応。横にスライドすればキーボードが登場。Willcom D4のようにスライドしてから液晶が立ち上がれば机の上においての試聴もなんなくこなせます。

先日発表されたSH906iは2軸反転タイプではありますが、タッチパネル液晶となっていますし、GPSやBluetoothを搭載し、Bluetoothでは外部キーボードまで使えます。

外部キーボードが使えるとなると完璧ですよね。

まもなくSoftBankも夏モデルを発表するかとおもいますが、全画面液晶タッチパネルに横スライドキーボードを搭載した、魅力的なインターネットマシン2を期待したいところです。

SoftBank 923SHは既にBluetooth認証を通過しているようです。はたしてコレがFULLFACE3なのか、922SHタイプのインターネットマシンなのか、はたまたSH906iのソフトバンクバージョンなのか?興味が尽きませんね。

|

« 【Wii】らくらく無線スタート | トップページ | 【WRC】Rd.7 Acropolis Rally »

SoftBank/iPhone」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

私が905SHに機種変更してから早1年5ケ月。

その間ボーダフォン→ソフトバンク、
アクオスケータイも、フルフェイスやインターネットマシンの
デザインに押されている感じが否めません。

確かに厚みが増すのは構造上仕方ないですね。
サイズも3.5インチが限界でしょうか?

機能的には早くGPS搭載を希望します。

投稿: 仙台虎的日々 | 2008年5月30日 (金) 19時34分

いよいよ本日2008年夏モデルが登場ですね。私が期待するFULLFACE3(インターネットマシン2)が出るのかでないのかが非常に気になります。
GPSはどうなんでしょうね?ソフトバンクはあまり注力していないように思いますが…。

投稿: | 2008年6月 3日 (火) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/21241944

この記事へのトラックバック一覧です: 【SoftBank】サイクロイドケータイの終焉:

« 【Wii】らくらく無線スタート | トップページ | 【WRC】Rd.7 Acropolis Rally »