« 【お弁当】ひさしぶりのお弁当 | トップページ | 【SoftBank】ホワイトコール24 »

2008年5月 8日 (木)

【スバル】エビちゃん&レガシィマイナーチェンジ

エビちゃんと言っても大和證券ではなく、スバルです(笑)

富士重工業株式会社 ニュースリリース:スバル 新CMに「蛯原友里」を起用

創立50周年記念モデルのCMにエビちゃんを起用のようです。

これに加えて、レガシィがマイナーチェンジ。
先進運転支援システム「EyeSight」がついに市販化されます。

富士重工業株式会社 ニュースリリース

富士重工業は、スバル レガシィ シリーズに一部改良を施すとともに、スバルとして初となるプリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減)機能を備える先進運転支援システム「EyeSight」*を採用したモデルを設定し、本日より全国スバル特約店を通じ発売する。 今回の一部改良は、新ボディ色の設定、内装の質感向上、一部仕様装備の変更を実施するとともに、2.5ℓ エンジン搭載車の追加設定を中心にラインナップの見直しを図り、シリーズ全体の商品力を強化。 “常に進化を続けるレガシィ”を主眼に、モデルの熟成を図った。 また、新型ステレオカメラと新開発3D 画像処理エンジンにより、優れたプリクラッシュセーフティを実現する先進運転支援システム「EyeSight」を新展開。ツーリングワゴン/ B4「2.0GT EyeSight」、「3.0R EyeSight」、アウトバック「3.0R EyeSight」として新たに設定する。

これ、他社より一歩先行く運転支援システムでして、速度0km/hからブレーキ制御を行う画期的なものです。

ブレーキとアクセルを踏み間違えて…

という悲惨な事故が後を絶ちませんが、このシステムならば、ブレーキとアクセルを踏み間違えても、壁があったり人が居たりしたらブレーキが自動的に掛かり急発進できません。もっとも、現時点では前方のみなんでバック時にはどうしようもありませんが、技術的には後方でも可能でしょう。ちなみに世界初の技術です!

ちなみに他社の運転支援システムは速度15km/h以下では動作しません。

※追記
ちなみにこのEyeSight、価格が非常に抑えられていて、ノーマルの2.0GTと比較して21万アップで済んでいます。従来のミリ派レーダーを組み合わせたADAシステムだと70万アップでしたが、今回ステレオカメラのみでシステムを完成させたことでコストを大幅に下げられたようです。

残念ながらEyeSightは3.0Rと2.0GTのAT車にしか設定されておりません。これらの車種は最上位グレードなんで利益幅も大きくEyeSightの価格上乗せも少なくて済むのかもしれませんが、願わくば多少上乗せが高くなっても構わないので、全車種への展開を期待したいところです。もっとも来年に控えたレガシィのフルモデルチェンジ時にはそうなっているかもしれませんね。

その他
富士重工業株式会社 ニュースリリース:スバル レガシィ アウトバック「2.5XT」を発売
アウトバックに2.5Lターボエンジンが搭載されたモデルです。

特別仕様車も50周年に合わせていろいろ発売されます。
富士重工業株式会社 ニュースリリース:特別仕様車 スバル レガシィ「2.0i Advantage Line」を発売
富士重工業株式会社 ニュースリリース:特別仕様車 スバル インプレッサ「 15S Comfort Selection」を発売
富士重工業株式会社 ニュースリリース:特別仕様車 スバル ステラ「L Limited」、 およびステラカスタム「R Limited」を発売
富士重工業株式会社 ニュースリリース:スバル ステラ「REVESTA S」を追加設定

関連記事

SUBARU BLOG:レガシィシリーズ一部改良 EyeSightを搭載

|

« 【お弁当】ひさしぶりのお弁当 | トップページ | 【SoftBank】ホワイトコール24 »

スバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/20840042

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル】エビちゃん&レガシィマイナーチェンジ:

« 【お弁当】ひさしぶりのお弁当 | トップページ | 【SoftBank】ホワイトコール24 »