« 【スバル】SUBARU Mobileサイト | トップページ | 【PC】パソコンの調子が悪い »

2008年3月 5日 (水)

【みんぽす】Paparazzi(PZ-71)レビュー 衝撃テスト/まとめ編

ドライブレコーダー Paparazzi (PZ-71)
みんぽすさんよりお借りていました「ドライブレコーダー Paparazzi (PZ-71)」のレビュー第2弾をお送りします。すでに商品はお返ししているのですが、その前にドライブレコーダーの動作テストを実施しましたのでその結果をお伝えしたいと思います。

このテストですが、Paparazzi購入後にユーザー登録するとダウンロード可能になる感度調整ツールを使って、最高感度に設定して行っています。デフォルトの設定ではないのでご注意ください。

Paparazzi (PZ-71)レビュー

□感度調整
Paparazziの感度調整方法ですが、シンプルな方法となっています。
・Paparazziに入っているSDカードをカードリーダーなどを使ってPCに接続する。
・SDカードを開く
・感度調整ツールをSDカードにコピーする
・感度調整ツールを起動し感度を調整する
・データを保存して終了
以上です。

まずは、Paparazziに入っていたSDカードをPCに接続します。PZ-71には1GBのSDカードが付属しますが、今回は在庫がなかったとかで2GBのSDカードを使用しています。で、ちょっと問題が、今まで使っていたカードリーダー(MCR-8U/U2)が1GBまでの容量にしか対応していなかったのです(汗)

仕方がないので、USBストレージとしても使える、デジタルカメラ(EXILIM EX-V8,EX-Z40)をカードリーダー代わりに使用しました。ちなみにフォルダ構成が違うのか、Paparazziで保存した動画はこれらのデジカメではファイルの存在すら認識されませんでした。もっとも認識されてもフォーマットが読み込める保証はありません。

01

今回は商品をお借りしている為、製品登録を行えませんので感度調整ツールは特別にCD-ROMで提供していただいています。

いただいたCD-ROMの中身は
・PaparazziConfig.exe
・はじめにお読みください.pdf
・PZ-71.ini
・sdfv2002.exe

の4つでした。

ParparazziConfig.exeが感度調整ツールのプログラム本体ですね。特にインストール作業は不要です。
使い方ははじめにお読みください.pdfにありますので、Adobe Readerをインストールして読み込めば使い方が分かります。
PZ-71.iniは工場出荷時の設定ファイルが保存されているファイルです。Paparazziに使用する前のSDカードであらかじめ感度設定をしたい場合はこのファイルをコピーしてから作業します。
sdfv2002.exeはSDカードのフォーマットプログラムです。パナソニックの純正フォーマットプログラムですので最も確実性があります。フォーマットは完全にSDカードを初期化しますので、中身のあるSDカードにうっかり実行しないようご注意ください。

SD/SDHCメモリーカード フォーマットソフトウェアの配布:Panasonic

02
まずは、ParparazziConfig.exeをSDカードの一番上の階層にコピーします。 Paparazziに一度も使用したことのないSDカードを使う場合はPZ-71.iniもコピーします。
03
コピーしたSDカード側のParparazziConfig.exeをダブルクリックして開きます。 今ある設定を読み込みます。「設定値読込」ボタンをクリックしてSDカードのPZ-71.iniを読み込みます。

※注意自動で設定(PZ-71.iniファイル)は読み込みません。
ツールを開いた時点ではSDカードに保存されている設定ファイルは読み込んでなく、デフォルトの設定が表示されてしまうので現在の設定と勘違いしてしまう可能性があります。是非、プログラムを起動したら自動で読み込む仕様に変更して欲しいものです。

04

レバーを動かして感度を調整します。今回はすべて敏感側によせて最高感度にしました。

05

設定を保存します。(ファイル名はPZ-71.iniのままで保存)

06

上書き保存しますので「はい」

以上で設定作業は終了です。

□時刻設定
今回は試す時間がなかったのですが、このツールを使えばPaparazziの時刻調整も可能です。
設定方法は
・車に乗って、電源を入れる時間をあらかじめ設定して保存する。
・車に乗って、SDカードをPaparazziに挿入
・指定した時間に電源を投入。
となります。これ、凄く設定が微妙ですよね。一戸建てに住んでいてすぐ駐車場の車に行けるとか、SDカードリーダーのあるノートPCとか車に持ち込んでなら比較的楽に設定できますけど、駐車場が離れている(マンションなど)では電源を入れる時間を予想するのが大変です。なにしろ不慮の事態でその時間より遅れてしまったら、間違った時間が設定されてしまう危険もあります。

設定が全く出来ないよりは面倒でも設定が出来た方がよいとは思うのですが、1行液晶でも本体につけて、時間ぐらいは本体だけで設定できるようにしてほしいところです。事故のときに時間も重要な証拠の一つですから次期モデルには是非検討してほしいですね。

□ファイル

07

Paparazziに一度入れたSDカードには、PZ-71.iniという設定ファイルのほかにPZ-71というフォルダが出来ています。PZ-71というフォルダを開いたところです。このフォルダを開くと「HIGH-SW」、「MID」、「LOW」というフォルダがあります。それぞれ衝撃の強さに応じて自動的にファイルが振り分けて保存されるようです。HIGH-SWが最高と手動撮影、MIDが中間、LOWが最低ですね。今までの私の運転ではコーナリング時に一度だけ記録されていました。もちろんLOWでした。

08

フォルダには連番で保存されています。カードがいっぱいになったときは古いデータから削除されていくそうです。

09

各ファイルをクリックすると再生できます。フォーマットは一般的なAVIなのでPCに特別なソフトを入れなくてもWindowsMediaPlayerで再生できます。

□取り外し
みんぽすに返却するため、取り外します。
シガーソケットから電源コードを抜いてから作業です。

Paparazzi_

本体はかなり強力に貼りついていました。相当力をいれないと外れませんでした。

外したあとは両面シールが一部はがれています。二度目の使用は厳しそうですので新品を購入したほうがよいでしょうね。

あとは、貼り付けていたケーブルを取り外して作業終了です。

□動作テスト
自動録画のテストの為に事故にあうわけにも行きませんので取り外したのを機会に、再度電源コードを接続して故意的に衝撃を与えて録画されるかどうかをテストしてみました。

■前後衝撃テスト
テストは感度を最高にして行っています。

後方からの衝突をイメージしてPaparazziを勢いよく前に突き出してみました。
動画を見ていただければわかると思いますが、衝撃を加えたあと、赤い動作ランプが点滅しているのがわかると思います。

■傾斜テスト
テストは感度を最高にして行っています。

路肩などに落ちたり、カーブなどで横Gがかかった状態を想定して、Paparazziをゆっくり傾けてみました。
大体20度~30度傾いたところでピピッと音がして録画が開始される様子がわかります。
センサーは前後、左右、上下の6軸全てありますので、どんな方向からの衝撃でも感知できそうです。

前後に関してはは相当強い衝撃を受けないと反応しないように作ってあるように感じました。

※注意
本当は、車に取り付ける前に動作テストすべきだと思います。
そういうのも取扱説明書に書いて欲しいものです。せっかく取り付けても不具合でうまく動作してなかったなんてドライブレコーダーの意味がないですからね。

□まとめ
ドライブレコーダーを付けたからといって、事故にあったらありがたいけど洒落にならないなぁと思ってましたが無事一ヶ月間事故にあわずにすみました(笑)

正直、ドライブレコーダーはかなりありがたい存在だなと思いました。あるだけでかなりの安心感です。
自分自身も何度か事故をしたことがありますし、義父の車が目の前で当て逃げされたこともあります。そういうときにこういう商品があったならば、大いに役立っただろうと思います。もちろん、自分の運転も記録されるので安全運転になります。

お借りした、Paparazziは非常に軽くコンパクトですし、設置にそれほど気を使わなくて済むのがいいですね。デザインもシンプルで好感が持てますし取り付けていても大層なものを付けているという印象も与えないのもよいと思います。

ただ、逆にきっちりとコードも見えないように取り付けたいという方には不向きな商品です。
直接バッテリーから電源を取れるコードとかがあれば、シガーソケットを使わずに住むので検討してほしいところではあります。

価格的には他社の製品も含めて2万~3万円台なので平均的でしょうか、後継機のPZ-72はちょっと高め。フロント用とリア用の2台セットなどもあればいいですよね。

マイクもあったらいいですよね。音声記録も重要な証拠にもなりますし。手動撮影時にナンバーを読み上げてそれが記録されてればかなり役立つと思います。

新しい車(レガシィディーゼルかレガシィハイブリッド)を購入したら、付けてもいいかなぁとちょっと考えます(笑)
そんな感じの商品でしたよ。参考になりましたでしょうか?

以上でPaparazzi(PZ-71)レビューを終了したいと思います。ありがとうございました。

前回のレビュー
Paparazzi(PZ-71)レビュー 設置/手動撮影編

関連記事

【みんぽす】[ベンチャークラフト] paparazzi
【スバル】東京モーターショー出展概要


ドライブレコーダー - Google 検索
みんぽす - Google 検索



当ブログは"みんぽす"に"モノフェローズ"として参加させていただいております

レビューに使用している商品はみんぽすの運営会社のWillVii株式会社より無償でお貸しいただいています。


|

« 【スバル】SUBARU Mobileサイト | トップページ | 【PC】パソコンの調子が悪い »

レビュー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/10933010

この記事へのトラックバック一覧です: 【みんぽす】Paparazzi(PZ-71)レビュー 衝撃テスト/まとめ編:

« 【スバル】SUBARU Mobileサイト | トップページ | 【PC】パソコンの調子が悪い »