« 【PC】光電話開通 | トップページ | 【iPod】iPod touchのGPSレシーバー »

2007年12月26日 (水)

【スバル】水平対向ディーゼルの日本投入は2010年以降

スバル(富士重工業)のニュースリリースにて環境対応技術、安全技術についての取り組みが発表されました。レガシィディーゼルやレガシィハイブリッドを切望している私としては気になる報告が含まれて居ました。

スバルの環境対応技術、安全技術に関する取り組みについて
~スバル誕生50周年を迎えるにあたって~

それによると、2008年に水平対向ディーゼルを欧州に投入。小型車用のCVTを2009年から、小型車用の新型水平対向エンジンを2010年に投入。となっています。またR1eに代表される電気自動車に関しても積極的に推進し、数年後には200万円台、2010年代半ばには量産効果で150万円程度にまで出来る見通しだとか。

電気自動車については、どこで充電できるかなどのインフラ整備が必要ですけど本当に実現できればいいですよね。

で、私的にもっとも気になるのが、ディーゼル車の日本投入時期です。

この資料によると市場の機が熟すまで(2010年ごろ?)は投入しないとあります。メルセデスベンツがディーゼルエンジンを日本市場にすでに投入するなど、注目度は確実に高まっています。乗用車においてトヨタを含め他の日本メーカーがまだ投入していない中、先鞭をつけるのは勇気がいるとは思いますが、欧州での評価がOKならば、すぐにでも投入して欲しい限りです。

で、ハイブリッドはどうなったんでしょうね?トヨタとの提携後全く出てこなくなってしまいました。

ただ、小型車用のCVTおよび新型水平対向エンジンを開発中ということで、トヨタのハイブリッドシステムを搭載する準備を整えているのかなぁとも思います。トヨタのプリウスは1.5Lエンジン+モーター+CVTというシステムですし、これにあわせた開発であればよいのですが。プリウスの場合はエンジンとモーターを横に並べていますが、水平対向だと上下に積む形?それともフロントとリアに分割?スペースをどこに作るかが難しそうです。

小型車用とわざわざ銘打っているのでおそらく1.5Lクラス以下だと思いますが、EJ15のマイナーチェンジにとどまっているEL15エンジンを1.5L専用として開発していくのでしょうか?

2.0L~2.5LクラスはまだEJシリーズ続行ですかね。早くEZ30の4気筒版のEZ20登場を願いたいものです。

それと、環境対策としては、以前にもこちらに書いたようにゴルフのTSI同様に、1.5Lエンジン+ターボチャージャーで2.0Lクラスのパワーと低燃費を両立した車も新型水平対向エンジンとともに投入して欲しい限りです。

既に13年目になる私のインプレッサスポーツワゴンですが、水平対向ディーゼルがでるまで、まだまだ現役続行となる予定。

関連記事

【スバル】水平対向ディーゼル&CVT

【スバル】 - Google 検索

|

« 【PC】光電話開通 | トップページ | 【iPod】iPod touchのGPSレシーバー »

スバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/9580290

この記事へのトラックバック一覧です: 【スバル】水平対向ディーゼルの日本投入は2010年以降:

« 【PC】光電話開通 | トップページ | 【iPod】iPod touchのGPSレシーバー »