« 【阪神】安藤、葛城、桜井 | トップページ | 【デジカメ】サイバーショットDSC-T200、T70発表 »

2007年9月 3日 (月)

【SONY】MDR-EX90SLの上を行くMDR-EX700SL

先日MDR-EX90SLの長期利用後のレビューをアップしたばかりですが、ソニーからその上を行くイヤホン「MDR-EX700SL」が発表されました。なんと、90SLのユニットサイズ13.5mmを大幅に上回る16mmユニットを耳に垂直に搭載するという見事というかなんというか見るからに凄いイヤホンです(ソニーのカナル型の一般的ユニットサイズは9mm)。

新開発大口径16mmドライバーユニットを採用し、豊かで臨場感ある高音質を実現した密閉型インナーイヤーレシーバー 最上位機種 発売

ソニーは、原音に忠実でありのままの自然な音を空気感までも表現する高品位な音質を追求した、密閉型インナーイヤーレシーバーの最上位機種「MDR-EX700SL」を発売します。新開発の大口径16mmドライバーユニットを採用し、豊かな低音から伸びのある高音まで広帯域再生を実現。原音に忠実なクリアサウンドを再生します。またドライバーユニット部分を外耳道に対して垂直に配置する装着方式を採用し、大口径ながら快適な装着性を実現させました。

価格も定価で3万6750円と90SLの3倍もするのでソニーの気合がわかります。ここまで価格が凄いと細かいところまで手が届かせることができるようで、フィット感に直結するイヤーピースが直径に加えて長さも違う7種類も用意されています。

音源にもこだわる人にオススメできるイヤホンでしょうね。iPodやネットワークウォークマンでロスレス記録した音源を外でも味わいたいという人がターゲットだと思います。圧縮された音源ではもったいないでしょう。

MDR-EX90SL+圧縮音源でも素人の私がハッっと息を呑むような音を奏でるぐらいですから、MDR-EX700SLならどうなるんでしょう?

ソニー、カナル型イヤフォン「EXモニター」最上位モデル
ITmedia +D LifeStyle:ソニー、世界初16ミリ径ユニット搭載「究極のEXモニター」
ソニー、カナル型イヤフォン「EXモニター」最上位モデル

レビュー

みんぽすの運営会社のWillVii株式会社より無償でお貸しいただいたSONY 密閉型インナーイヤーレシーバー MDR-EX700SL(以のレビュー記事です。
【みんぽす】MDR-EX700SLレビュー 開梱編
【みんぽす】MDR-EX700SLレビュー 試聴編

トラックバック

考える事と想うこと MDR-EX700SLの事(仮)

MDR-EX700SL - Google 検索

|

« 【阪神】安藤、葛城、桜井 | トップページ | 【デジカメ】サイバーショットDSC-T200、T70発表 »

デジモノ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: benoit | 2007年9月 7日 (金) 16時10分

わざわざ、ご連絡ありがとうございます。承認させていただきました!

投稿: | 2007年9月 8日 (土) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/7790038

この記事へのトラックバック一覧です: 【SONY】MDR-EX90SLの上を行くMDR-EX700SL:

» MDR-EX700SLの事(仮) [考える事と想うこと]
ども、本日2回目の更新のbenoitです。 さて、UEのSuper.fi 5Proを最後にしばらくヘッドホンを買っていませんでしたが、久しぶりに新しいヘッドホンを予約しました。 カナル型大好きな僕が選んだのが、SONYのMDR-EX700SL。 リンク先を見ていただければ判ると思いますが、いわゆるインイヤー型の変形バージョンで、これをカナル型と言ってしまって良いのか微妙な形状です。 これは、最近のソニーが大好きな形のひとつで、Walkmanシリーズも基本的にはこのタイプのヘッドホンが付い... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 16時09分

« 【阪神】安藤、葛城、桜井 | トップページ | 【デジカメ】サイバーショットDSC-T200、T70発表 »