« 【WRC】Rd.11 LEG2 Rally New Zealand | トップページ | 【WRC】SUBARU Motorsport »

2007年9月 1日 (土)

【PDA】シャープが光センサータッチパネルを開発

シャープから光センサーを使った新しい方式のタッチパネルが発表されました。2箇所以上の認識はもちろんスキャナーとしても利用できる優れものです。スマートフォンや携帯に搭載を予定しているようです。また、大型化(12.1インチ)も考えているようでPCへの展開も期待されます。

タッチパネルやスキャナなどの入力機能を搭載した「光センサ内蔵システム液晶」を開発し量産へ | ニュースリリース:シャープ

シャープは、新たにタッチパネルやスキャナ機能を搭載したシステム液晶の開発に成功しました。液晶パネルの各画素に光センサを内蔵することにより、タッチパネル用のフィルムなどが不要になるため表示品位を損なわず美しい画像を映し出します。
シャープ、タッチパネル用フィルムが不要の新UI搭載液晶を開発
シャープが各画素に光センサを内蔵した次世代高精細システム液晶を公開:デジタルARENA
液晶がスキャナーに、さらに指紋センサーに──シャープ、モバイル機器向けの新液晶パネル開発 (1/2) - ITmedia +D モバイル

従来の静電容量方式や抵抗膜方式とは違ってタッチセンサー用のフィルムを使わず、液晶の各画素に対して光センサーを埋め込んでいるため、薄く出来る上に非常に発色がよくまた表面を硬くできるので傷に強いものを作れるようです。仕組み的には従来の液晶が光の3原色に対応する赤緑青という画素が横に並んで1画素を構成したものに、丈夫に光センサーを配置した4つの画素で1画素を構成しているという形です。

まだ、シャープ製のスマートフォンがソフトバンク向けにでてませんし、このあたりの技術が4thアクオスケータイとかFULLFACE 913SHの後継機に使われてくるんじゃないかと期待します。

ドコモからも富士通製やHTC製の新しいスマートフォンが発表されましたね。テンキーのみのキーボードレスの仕様はかなり携帯ライクで私の望んでいるスタイルの一つです。富士通製はともかくHTC製のはソフトバンク向けにも出して欲しいものです。

報道発表資料 : Windows Mobile OS搭載FOMA「F1100」「HT1100」の2機種を開発 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモ初のコンシューマー向けスマートフォンは指で操作するタッチパネル搭載!:デジタルARENA

2007年8月30日、NTTドコモは、Windows Mobile OSを搭載したスマートフォン「F1100」と「HT1100」の2機種を開発したと発表した。発売予定は2007年度第4四半期


|

« 【WRC】Rd.11 LEG2 Rally New Zealand | トップページ | 【WRC】SUBARU Motorsport »

SoftBank/iPhone」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/7762244

この記事へのトラックバック一覧です: 【PDA】シャープが光センサータッチパネルを開発:

« 【WRC】Rd.11 LEG2 Rally New Zealand | トップページ | 【WRC】SUBARU Motorsport »