« 【SoftBank】似て非なりの913SHと816SH | トップページ | 【デジカメ】EXILIM Hi-ZOOM EX-V8 »

2007年8月27日 (月)

【デジカメ】汎用防水パック ディカパック使ってみた:レビュー

V90506871

普通のデジカメを簡易防水にしてしまうディカパックを1月に買ったんですが、 なかなか使う機会に恵まれずようやく先日海で始めて使いました(笑

とはいえ、水に沈めたわけではなく水につけたわけでも水がかかったわけでもなく、単純に防砂、防塩目的。

それでも、水際までよったりしても、安心感はありますね。

我が家のEXILIM(EX-Z40)には今後の購入するデジカメに対応させる為、余裕のあるサイズのWP300を購入していたんですが、そのままでは、デジカメ位置が固定できず、望遠時にカバーがレンズに被ってしまうことがしばしばあり、撮影に気を使わないといけませんでした。

そこで、

家にあった発泡スチロールをカッターで約1cm幅程度のコの字に加工してスペーサーとしてはめ込んだところ、中のデジカメがずれずレンズ位置がばっちりと決まり格段に使いやすくなりました。発泡スチロールの加工時間は約10分です(笑)

おそらく、適合サイズのWP100でもこのズレは発生したと思うのでスペーサーを作成した方が安定して撮れるでしょうね。

各社デジカメの防水ケース(マリンケース)だと水深10mとかもぐれるんですが、2万円OVERのむちゃくちゃな価格。 本当にスキューバーダイビングとかするならともかく、そんなお金だすんだったら、3m防水のμ790SWとかスキューバするにしてもμ770SWとか買ったほうが本体だけで防水性能がありますし手軽で安心です。

だからといって、めったに行かない水場の為に防水パックや防水デジカメを買うのもアレなんで、ディカパックはまさにわたりに船てき商品なわけです。実売4000円弱の価格で汎用タイプなんで、レンズが飛び出すようなオーソドックスなデジカメならほぼ全て対応します。最近の コンパクトデジカメならWP300WP100でほぼ対応できると思います。

大体のサイズがコレでわかったのでもっと使いやすいように丁寧に発泡スチロールを加工したいと思います。

Dicapac
特に画質も問題なく撮影できてました。

ラリージャパンでの防砂対策にも役立つかな?
でも機動性を考えると簡易クリーニングセット(ブロワーなど)を買ったほうが確実でしょうねぇ…。

|

« 【SoftBank】似て非なりの913SHと816SH | トップページ | 【デジカメ】EXILIM Hi-ZOOM EX-V8 »

デジモノ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/7696585

この記事へのトラックバック一覧です: 【デジカメ】汎用防水パック ディカパック使ってみた:レビュー:

« 【SoftBank】似て非なりの913SHと816SH | トップページ | 【デジカメ】EXILIM Hi-ZOOM EX-V8 »