« 【CAE】CAEソフトの違い。 | トップページ | 【阪神】下柳ボロボロ。 »

2007年7月31日 (火)

【デジカメ】自立する一脚が欲しい:追記

三脚はSLIKU7700を持っているのでいいのですが、一脚が欲しい。

ただし、自立するものが欲しい。

三脚って便利なんですけどなんせ、足を広げるとかなり場所をとります。かといって一脚は場所をとらない分、ずっと支えていないと駄目でしんどい。実際問題、ほんの少しの間だけでも自立していてくれればいいんですよね。

ということで自立する一脚が欲しいわけです。

一脚なのに自立?まあ、矛盾するような商品ですが同じ考えの人はいるようで、一脚の先端が三脚になったタイプがあるようです。

マンフロット セルフスタンディング プロモノポット

あとは、テーブル三脚に延長ポールを組み合わせて使うってのもありですね。こちらの方が価格が安くなりますし、三脚に加えて使えばより高い位置での撮影にも使えるようになります。

ハクバ Uポッドデジタル QU400

この辺と延長ポールを組み合わせるのがベストかも。

※追記
有力候補を見つけました。

ATV-490

というaudio-technica製の一脚なんですが、アシストステップがついてるんです。
自立はしないものの、このステップをおろして足で踏みつけておけばかなり安定すること間違いなし。
足でさえ踏んでおけば手を離しても立ってられるのではないでしょうか?

少々長いですが、重量もそこそこ軽いですし、値段も手頃です。

なにより、機動性を損なわない上に簡単に安定させられることが魅力的。

マンフロットのは、先に簡易三脚を取り付ける手間が必要ですし、畳んだ時にはかなり長くなります。これは、簡易三脚+延長ポールでも同じです。





|

« 【CAE】CAEソフトの違い。 | トップページ | 【阪神】下柳ボロボロ。 »

デジモノ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/7341289

この記事へのトラックバック一覧です: 【デジカメ】自立する一脚が欲しい:追記:

« 【CAE】CAEソフトの違い。 | トップページ | 【阪神】下柳ボロボロ。 »