« 【車】 Golf Touran TSI 試乗 | トップページ | 【阪神】江草、久保田は悪くない! »

2007年4月19日 (木)

【PC】I-ODATAから家庭向けのハードディスク発表

iconicon

I-O DATAから家庭向けのネットワークハードディスク「LANDISK Homeicon」が発表されました。これ、なかなか興味深い製品です。従来は企業などが大事なデータを管理するときに利用していたネットワークハードディスクですが、それを家庭用に使いやすくした製品ですね。

I-O DATA Press Release

株式会社アイ・オー・データ機器(以下 アイ・オー・データ)は、当社従来製品の半分以下となるコンパクトサイズを実現した、ホームネットワーク用ハードディスク「HDL4シリーズ LANDISK Home」の1T(テラ)※1バイト、2T バイトの2製品を4月末より出荷いたします。アイ・オー・データは、本製品をネットワークハードディスク市場の裾野を広げる上での最重要製品として位置付け、全モデル合計で年間5万台以上の出荷台数を見込みます。

ハードディスクで一番怖いのは故障してデータが読み出せなくなることですよね。
最近は、デジカメやビデオ、音楽のデータ、テレビの録画など、なくなっては困るものが一杯あります。

壊れては困るものは定期的にバックアップしておけばよいのですけれど、バックアップって手動で行うと非常に面倒ですし、自動化できたとしてもリアルタイムでバックアップすることは事実上不可能です。そもそも、1台のHDD内でバックアップをとっていてもHDD自体が壊れてしまうとどうしようもありません。最低限、2台のHDDが必要です。

この製品では、それらをハードディスク側で自動的に行ってくれるRAID機能があらかじめ装備されているのです。

RAID機能っていうのは、複数のHDDを使ってデータを二重化し、あるHDDデータが破損しても、別のHDDにあるデータを使って自動的に修復する機能です。もちろん、全てのHDDが同時に壊れてしまったらどうしようもありませんが、普通に使っていれば、全てのHDDが同時に壊れる可能性はかなり低くなるということです。

このLANDISK HOMEの1TBの製品「HDL4-G1.0」は4台のHDDを搭載しRAID 5というものを採用しております。
RAID5の機能を使う場合約0.75TBの容量しか使えなくなりますが、ハードディスクの故障によるデータの損失が避けられることを考えれば十分ではないでしょうか。4台のHDDのうち1台のHDDが故障しても、データが壊れることはありませんし、その1台のHDDを修理(交換)すれば、4台構成に自動復帰します。

よくRAIDとバックアップの違いですが
一番の違いはRAIDはユーザーが消去したデータは二度と戻らないということです。ユーザーの不注意を防ぐ機能ではありません。
バックアップの場合は、ユーザーが消去したデータでも、消去前にバックアップしてあれば、元に戻すことが可能です。

バックアップする前にデータが破損するのを防止する機能がRAIDです。

まあ、これだけなら、既に企業などで普通に使われているのでなんら不思議でもなんでもないんですけれど
このLANDISK HOMEはネットワークを使った動画などのコンテンツ共有を実現するための規格「DLNA」に準拠しているので、この規格に準拠している製品ならばデータを簡単に共有できるようになります。

I-O データですでに正式対応発表されているものとしては
東芝REGZA Z2000シリーズ
iTunesサーバー機能
ですね。

DLNAという標準規格を利用しているので、他社製品との連携が行いやすいわけです。
大事なデータは全てこのLANDISKに保存しておけばいいんですよ。

1TBの製品の価格で7万円、2TBの製品の価格が128,000円です。

ちなみに、IOデータの従来型製品である


icon
icon

HDL-GT1.0
iconは9万円程度しますし、

1TBの安いネットワークハードディスクでも6万程度はしますから、この機能なら非常にリーズナブルですよね。

是非ともデータが増えてきたら購入を考えたいと思います。

|

« 【車】 Golf Touran TSI 試乗 | トップページ | 【阪神】江草、久保田は悪くない! »

デジモノ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

碧さんこんにちは。

私が製品Webページを見た限りではRAIDは
確かにデータを失いにくいという特徴がありますが
交換用のHDDとして同じ型番のHDDが必要で
同じ型番であってもロットが違うと使用できない
場合がある点は改善されているのかという点と
家庭向けとして使う場合に気になる騒音の大きさ
がどのぐらいになるのか記載されていない点が
気になりました。

ファンを2個搭載しているのですから、結構
騒音が大きいと思うのですが・・・

投稿: デジタル | 2007年4月20日 (金) 11時13分

□デジタルさん

そうですねぇ、交換が安く簡単にできて欲しいとは思います。
そっか、騒音までは考えてませんでした。

デザインはリビング向けにしてあるんですけどね。
一般家庭にサーバールームなんてないですし、その辺も要調査ですね。

ありがとうございました。

投稿: | 2007年4月20日 (金) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/6143123

この記事へのトラックバック一覧です: 【PC】I-ODATAから家庭向けのハードディスク発表:

« 【車】 Golf Touran TSI 試乗 | トップページ | 【阪神】江草、久保田は悪くない! »