« 【SoftBank】<要注意>S!メールの設定が自動受信に変わる | トップページ | カニすき »

2007年3月 9日 (金)

【ソニー】無線LANと2GBメモリー内蔵のサイバーショット『DSC-G1』発売

iconicon

つい先日、5倍ズーム搭載の新サイバーショットをこちらで紹介したばかりですが、今度は無線LANと2GBのメモリー内蔵のサイバーショット『DSC-G1 icon』が発表されました。

大容量約2GB内蔵メモリーに最大約20,000枚の写真をデジタルアルバムとして持ち歩ける、新“サイバーショット”『DSC-G1』発売 ~世界初、約92.1万ドット、写真画質の3.5型液晶搭載~

ソニーは、約2GB※1の大容量内蔵メモリーに最大約20,000枚※2の写真を保存し、世界初※3、約92.1万ドット、3.5型の「エクストラファイン液晶」を搭載した、新“サイバーショット”『DSC-G1』を発売します。

考えましたねぇーソニー。内蔵で2GBのメモリーを搭載すれば撮影には十分だし、データの送信は無線LANでやればいちいち接続しなくてもデータをPCに吸い上げられる。そうなれば、外部メモリーはいらないだろう!というわけです。もちろん内蔵化することで、大幅にコストも下げられますし、トラブルも少ない。しかも、大多数のSDカードユーザーから、メモリースティックだからと敬遠される理由もなくなります。

ん?仕様を良く見てみますと、外部メモリー(メモリースティックDuo)も使えるんですね。なんか逆に魅力半減。中途半端にメモリースティックが使えると考えるとSDカードユーザーは無駄に思っちゃう気がします。実際600万画素クラスに2GBのメモリーって十分な量だと思いますので、追加で外部メモリーを搭載する理由が良くわかりません。容量に不安があるならば、いっそのこと内蔵が4GBや8GBのモデルを用意してでも外部メモリーを廃止すべきだったかと思います。

無線LAN搭載や大容量内蔵メモリーばかりが目に付きますが、液晶も凄いです。3.5インチで92.5万画素という大画面&高画素タイプを搭載しています。今までのデジカメだと大きくても3インチで画素数が23万画素程度だったかと思いますので、このサイズと画素数はインパクトありますね。撮影後に細かいところにちゃんとピントがあっているか?とかのチェックが正確にできそうな気がします。

レンズに関しては、600万画素の屈曲系3倍ズームを搭載し、手ブレ補正は光学補正とISO1000までの高感度により対処します。ただ、サイバーショットTシリーズに搭載されている顔認識機能は無く9点AFのみ。おそらく開発スタート時期のずれから機能にずれが生じてしまったんでしょうね、ちょっと残念です。仮にこのGシリーズが継続されDSC-G2などがでれば当然搭載されてくるものと思います。

ソニーとしては、この『DSC-G1』はチャレンジングモデルなんではないでしょうか?実売価格が7万程度と、普通の人には高い値段ですし、一般の人にはちょっと手が出ないのではないかと思います。むしろ、この手の製品が好きな購入者にこういうモデルを作ってみたけどどうですか?と問いかけているようなモデルだと考えます。そして、購入者の使い方や要望を吸い上げて今後のサイバーショットの開発に役立てていくんじゃないでしょうか?

え、私?もちろん、一般の人ですから、そんなお金はありませんです。(涙)

|

« 【SoftBank】<要注意>S!メールの設定が自動受信に変わる | トップページ | カニすき »

デジモノ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/5625402

この記事へのトラックバック一覧です: 【ソニー】無線LANと2GBメモリー内蔵のサイバーショット『DSC-G1』発売:

« 【SoftBank】<要注意>S!メールの設定が自動受信に変わる | トップページ | カニすき »