« 【車】タイヤの保管方法 | トップページ | 【ココログ】ココログフリー過去記事編集ブックマークレット »

2007年2月14日 (水)

【車】Golf GT TSI

愛読している日経ビジネスの広告にフォルクスワーゲン Golf GT TSIがあります。特徴的なのが、車の写真がなく、エンジンの写真だけということ。それもそのはず、このGolfの最大の特徴はエンジンだからです。GTと名の付くGolf(GTIやGTX)はインプレッサで言えばWRXに相当するグレードで、今までは2.0Lにターボチャージャーが付いていたんですが、GT TSIは下位グレードのEの1.6Lエンジンよりも小さい、1.4Lエンジンなんです。しかし、驚くなかれ、そのパワーはなんと170PSで、トルクは24.5kgmもあるんです。なぜか?

それはこのTSIはターボチャージャーとスーパーチャージャーという二つの過給機を搭載しているからなんですね。

なぜに2つのタイプの違う過給機を搭載しているかというと、スーパーチャージャーはメカニカルに過給するため、アイドリング~低回転中回転域においても十分に過給できるのですが、高回転になると、メカロスが大きくなり不向きなんです。一方のターボチャージャーは、排気圧を利用して過給するため、低回転では十分にタービンが回らずパワーが出ません。しかしながら、高回転になるとタービンに十分な風量が送り込まれ十分な過給圧が得られます。構造が単純なのでメカロスはスーパーチャージャーよりも少ないです。この2つのタイプの過給機は守備範囲がまったく逆になっているわけです。

で、TSIの優れているところは、これを大排気量(2.0L~)のエンジンに積むのではなく、小排気量(1.4L)のエンジンに搭載したことですね。これにより、燃費が1.6Lクラスでありながら、太いトルクと大きなパワーを全回転域で得ることに成功しているのです。

この発想はハイブリッド車のプリウスが1.5Lエンジンに大パワーモーターを搭載しているのと良く似ていますね。プリウスの場合は低回転域のトルク不足を電気モーターで補うことで乗りやすくしているわけですね。

まあ、個人的にはスーパーチャージャとターボチャージャー両搭載と言えば、マーチ スーパーターボを思い出してしまいますが(笑)、あちらはハイパワーを単純に追求した車で燃費は追及してませんね。

で、私のブログでは何が言いたいかといいますと、こういうエンジンをスバルに是非とも出して欲しいなと思うわけです。インプレッサ1.5Rのエンジンをベースにスーパーチャージャーとターボチャージャーを搭載して170psとなったら、WRXに匹敵する面白い車ができあがりますよ。スバルには軽自動車でのスーパーチャージャーのノウハウと、乗用車でのターボチャージャーのノウハウがありますから、フォルクスワーゲンと共同開発でもして新しいエンジンを作って欲しいなと思ったりするわけです。もちろん、1.5Rエンジン+モーター or 2.0iエンジン+モーターのハイブリッドも期待したいところですが、トヨタとの提携がイマイチ見えてこないので、ガソリンエンジンの効率を追求するほうが早いのじゃないかなぁと思った次第であります。


碧き流星のおすすめ商品


|

« 【車】タイヤの保管方法 | トップページ | 【ココログ】ココログフリー過去記事編集ブックマークレット »

スバル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ソレ作ったらWRXが要らないというか、新しいWRXになるんじゃないの?と言ってみる( ´∀`)
価格的にもWRXぐらいになりそうだし。
でも燃費は良くなりそう~。

投稿: 奇妙な青 | 2007年2月14日 (水) 21時51分

次のWRXは300馬力とか言われてますからねぇ。
VWもGTiは残ってますし、すみわけされるんじゃないでしょうか?

投稿: | 2007年2月15日 (木) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/5336295

この記事へのトラックバック一覧です: 【車】Golf GT TSI:

« 【車】タイヤの保管方法 | トップページ | 【ココログ】ココログフリー過去記事編集ブックマークレット »