« 【Softbank】オンラインマニュアルに911SH/910SH追加 | トップページ | 日本大地図 »

2006年12月13日 (水)

【WRC、スバル】2006年は失敗だった

CARVIEWの記事に衝撃的なタイトルがついてます。”2006年は失敗だった”とSTI社長の桂田勝氏が述べたようです。詳しくは後述しますが、組織も刷新され、2007年モデルはメキシコから投入されるようです。

【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった 【 carview 】 ニュース

12月12日、東京恵比寿にあるEBIS303ホールにて、STI(スバルテクニカインターナショナル)とSWRT(スバルワールドラリーチーム)による記者発会見が開催された。不振だった2006年の総括と2007年の新たな活動へ向けての意気込みを、それぞれの代表者や設計部門の責任者が語った。

不振の原因について桂田氏の発言によるとフロント部の空力とシャシーの設計ミスというところのようです。

【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった 【 carview 】 ニュース

「今年の不振の原因はフロントのパッケージングとシャシーダイナミクスの開発に失敗があった。組織的な面とあわせて今年後半からは2007年に向けての改善を行っている」

まず、空力面ですが、WRCがF1とは違うということを理解できなかったのが原因でしょうね。BFグッドリッチタイヤ+ターマックイベントならば速さも見せれたかもしれませんが、昨今のグラベル中心のWRCでは埃や泥というものと戦わねばならないわけで、経験したことの無いエド・ウッドさんには荷が重かったのでしょう。

【WRC】スバル、常勝チーム復活へ向け準備は万端! 【 carview 】 ニュース

元F1空力部門のスペシャリスト、エド・ウッドを更迭し、来季からのチーフデザイナーに、03年のインプレッサWRCチャンピオンマシンを製作したクリストフ・シャプランを呼び戻すことを明らかにした。

2004年モデルではラジエターとインタークーラーのV字マウントが原因で埃が詰まったり、水圧をもろに受けて、フロント部分が完全に破壊されたりと、散々でしたし。デザインの変わった2006年型でもアトキンソンのマシンから、SLのように噴出す砂埃の画像を見たときは驚きましたからねぇ。

ということで、ペターがチャンピオンになった2003年モデルを開発したクリストフ・シャプラーさんが呼び戻されるようです。メキシコで登場するインプレッサWRC 2007のデザインが楽しみですね。

次にシャシーダイナミックスですが、これはもう拡幅が原因なのが明らかですね。本来ならば安定方向に進むはずだった拡幅ですけれど、2005年のメキシコでは何とか勝ったもののその後調整が泥沼化して結局、元のサイズにもどしたら上手く走れるようになってきた訳ですね。ところが2006年になって再び走れなくなったんですが、これはプロドライブが勝手に戻しちゃったからで、これでデビッド・ラップワースがスバルより更迭されるという原因になったわけですね。

【スバルWRC06-07】2006年は失敗だった 【 carview 】 ニュース - 自動車業界 最新の動向を毎日チェック

次に、シャシーダイナミクスについては、2005年にFIAの規定で車幅の上限が1800mmに拡大されたことを受けた仕様変更、それと、2006年から禁止されたフロントとリアデフのアクティブ制御の影響、さらにサスペンションのフリクション問題が重なり、結果としてトラクションがかからないなどの悪影響がでてしまったことを挙げた。

最後に、気になる新井敏弘さんの動向ですが、今季は速さはあるものの不運が付きまとい優勝を逃してしまったので、来季はPWRCのタイトル奪還に全力で行くそうです。桂田さんの話を見ると、今年WRカーで出場したラリージャパンでもPWRCで参戦しそうですねぇ。PWRCの参戦義務は8戦中6戦。WRCのM2カテゴリーの場合は16戦中10戦。丁度足せば16戦になるわけですから、残り10戦はWRカーでWRC参戦して欲しいです。お願いします桂田さん!!!

やっぱり

「新井選手にWRカーで走って欲しい」

のです。

【WRC】スバル、常勝チーム復活へ向け準備は万端! 【 carview 】 ニュース

ちなみに、2006年はラリー・ジャパンにてWRカーを走らせた新井選手だが、来季については「まだ何も決まっていない」とコメント。STI社長の桂田氏は、「新井選手にWRカーで走って欲しいという皆さんの気持ちは分かりますが……私としては彼にはPWRCでチャンピオンを奪回して欲しい(来季のラリージャパンではPWRCが併催の予定)。とにかくまだ何も決まっておりません」と語った。


残念ながら噂のあったM2カテゴリーの参戦については語られなかったようです。



レガシィブログ
にて、アウトバックのCMを歌われているJUJUさんのCDをプレゼントということなので、トラックバック。

JUJUさんのCD希望

自分が奇跡を望むなら、WRCでスバルが再びマニュファクチャラーズ&ドライバーズチャンピオンを取る事でしょうか(笑)

関連記事

OCNスポーツ ESPORTE | モータースポーツ:ソルベルグ無勝利の理由を探る

ドライバーズ選手権はセバスチャン・ローブ、マニュファクチャラーズ選手権はフォードが獲得。2006年WRCは12月第1週に行われた第16戦グレートブリテンで長いシーズンの幕を閉じた。

トラックバック
レガシィブログ-LEGACY BLOG: STI SUBARU WRC プレスカンファレンス




|

« 【Softbank】オンラインマニュアルに911SH/910SH追加 | トップページ | 日本大地図 »

スバル」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/4530469

この記事へのトラックバック一覧です: 【WRC、スバル】2006年は失敗だった:

« 【Softbank】オンラインマニュアルに911SH/910SH追加 | トップページ | 日本大地図 »