« 【WRC】骨折ローブの代役はマクレー!!! | トップページ | 【ラリージャパン】リクベツ3:No.2 ダニエル・ソルド »

2006年10月 4日 (水)

【WRC、スバル】アトキンソン残留、サラザン解雇か。

今シーズン不調のスバルですが、来年のドライバーラインナップが決定しました。クリス・アトキンソンが残留し、ペター・ソルベルグと2台体制で臨むということです。

SUBARU - モータースポーツ

オーストラリアのクリス・アトキンソンが、2007年もSUBARUワールドラリーチーム(SWRT)からFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦することが決まった。アトキンソンとコ・ドライバーのグレン・マクニールは、SWRTのエースクルー、ペター・ソルベルグ/フィル・ミルズ(コ・ドライバー)のチームメイトとして、2007シーズンのWRC全戦に参戦する。

2台体制ということで、昨シーズン、今シーズンとターマックスペシャリストとして活躍していたステファン・サラザンは来季2007年シーズンはスバルからは出場しないことも決定しているようです。

SUBARU - モータースポーツ

「来シーズン、我々は、どのイベントもこの2台に専念して全力を尽くしていく予定。このため、残念ながらステファン・サラザンにサードカーを用意する機会はなくなる。ステファンを失うのは本当に残念だが、彼がこの2年間、イベントやテストチームに注いでくれた尽力には心から感謝している」と語った。

ま、現在のスバルの状態を考えると、3人のドライバーを抱えるよりも2人のドライバーに注力してマシンの改善をしていくのが妥当な線と判断したのでしょう。インプレッサの戦闘力の回復はまずはグラベルからという意思の表れでもあると思います。とはいえ、来季はピレリが撤退することでスバルもミシュランタイヤを履きますし、サラザンが2004年に見せたターマックでのパフォーマンスはインプレッサWRC2003+ミシュランタイヤによるものです。

SUBARU - モータースポーツ

世界ラリー選手権第15戦「ラリー・カタルニア」が10月28-31日、スペインで開催され、プライベーター参戦のSUBARUドライバー、ステファン・サラザンが総合4位に入賞。

できれば、開発スタッフとしてスバルにとどまり、ターマック用のインプレッサWRC2007の開発に加わって欲しいと思いますし、噂されているスバルのBチームやスバルフランスから活躍してくれればと思います。

サラザンが大活躍したラリーのDVDです。

WRC 世界ラリー選手権 2004 VOL.12 カタルニア/オーストラリア: DVD

トラックバック
スパムトラック対策の為、一時的にトラックバックの受付を停止しています。 トラックバックをご希望の方はコメントを入れていただければ対応いたします。

|

« 【WRC】骨折ローブの代役はマクレー!!! | トップページ | 【ラリージャパン】リクベツ3:No.2 ダニエル・ソルド »

スバル」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【WRC】骨折ローブの代役はマクレー!!! | トップページ | 【ラリージャパン】リクベツ3:No.2 ダニエル・ソルド »