« 【Softbank】既存ユーザーはどうすればよい? | トップページ | 【日本シリーズ】ハム優勝! »

2006年10月26日 (木)

【WRC】ラリー・オーストラリア:まもなく開催

今日の20時からWRC(世界ラリー選手権)第14戦ラリー・オーストラリアが開催されます。今日行われるのはSS1/SS2のスーパーSSのみで、セレモニアルスタート的なものですね。本格的なラリースタートは明日になります。オーストラリアは、日本とほとんど時差が無いので、情報がリアルタイムに確認できて嬉しいですねぇ。

さて、ラリー・オーストラリアですが、ボールベアリングロードと呼ばれる、小さく丸い石ころが敷き詰められた道路となり、非常に滑りやすいことで有名です。特に、出走順が早いドライバーはこの石ころの掃除役になる為、タイムロスは避けられません。基本的にはラリージャパン同様に狭くて滑りやすい路面となりますね。そして、オーストラリアでもっとも怖いのは、カンガルーです。2005年のオーストラリアでは、首位を走行していたスバルのペター・ソルベルグが飛び出してきたカンガルーと激突し、リタイアという憂き目に会っていますので、たとえ大量リードを稼いでいても一瞬でリタイアしてしまう怖さがあります。

次に優勝候補ですが、今ラリーも首位を独走中だったローブは骨折の為、欠場しておりますので、フォードのM.グロンホルムがダントツでリードでしょう。次に来るのはM.ヒルボネンか、調子がよければ、ペター・ソルベルグというところでしょうか。

ローブの骨折で、マニュファクチャラーズ選手権が急に怪しくなってきたクロノス・トタル・シトロエンチームですが、トルコで結果を出せなかった、コリン・マクレーを今回は起用せず、結果を出したX.ポンスを1stドライバーに抜擢し戦います。2ndはD.ソルドですが、最近めっきり調子が悪くなってしまっているのが心配ですね。

フォードチームは、基本的に磐石。マシンにもドライバーにも不安はないでしょう。唯一の心配事はカンガルーかな。

スバルチームは、前戦のトルコでマシンセッティングが決まり速さが戻ってきましたので、オーストラリアでも期待したいところですが、まだまだ、不安材料が多すぎて安心はできませんね。とくに、セッティングが決まっても、砂埃でラジエターが詰まったり、インタークーラーに吸い込んで視界が0になったりというような、マシントラブルが怖いところです。2ndのC.アトキンソンは地元ですので、ぜひとも踏ん張ってほしいものです。彼もセッティングさえ決まれば速そうです。

OMVプジョーは、M.ストールとトルコで3位フィニッシュした、H.ソルベルグが参戦。ソルベルグの活躍にも期待したいですね。

シュコダはM2エントリーの為、このオーストラリアをスキップして出場しません。

併催されるPCWRCですが、首位のアルアティアは今ラリーをスキップしており、8ptsと迫った奴田原さんが、2位以上になれば、俄然選手権が面白くなります。しかし、優勝候補は新井さんですかね。今季はさまざまなトラブルで結果を残せていませんが、速さはPCWRCの中ではダントツですから。

WRC【DVD】

|

« 【Softbank】既存ユーザーはどうすればよい? | トップページ | 【日本シリーズ】ハム優勝! »

スバル」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/3961343

この記事へのトラックバック一覧です: 【WRC】ラリー・オーストラリア:まもなく開催:

« 【Softbank】既存ユーザーはどうすればよい? | トップページ | 【日本シリーズ】ハム優勝! »