« 【ブログ】アクセスログ | トップページ | 【ココログ】pingサーバー »

2006年10月31日 (火)

【Softbank】予想外割、通話料変更

またまた、ソフトバンクが急遽変更してきましたよ。

おそらく、ドコモの社長の発言が起因かと思いますが、細かく時間帯を分けて料金が区分されていたゴールドプランが、全時間にて1律、20円/30秒となりました。

「ゴールドプラン」通話料変更のお知らせ

まあ、深夜帯(2:00~8:00)までの料金は15円/30秒程度だったので値上げになりますが、それ以外は維持&値下げになるわけで基本的には歓迎されることでしょう。

このままいけば、ブループランも値下げしそう(笑)
S!ベーシックパックを315円→210円とかしてくれたら全ユーザーに恩恵があるんですけどね。

MNPを使った契約者の変動はauが一人勝ちのようですね。
Docomo→auが6万人
Softbank→auが2万人
Softbank→Docomoが3000人

FujiSankei Business i. 総合/「au」独り勝ち、約8万件増加 番号ポータビリティ制度(2006/10/31)

関係筋によると、6日間の増加分と減少分を相殺した純増減は、auが8万600件の増加だったのに対し、NTTドコモは6万件減少、注目されたソフトバンクも、ふたを開けると2万400件の減少だった。
 auはドコモ、ソフトバンクの両方から顧客を奪い取った。一方で、ソフトバンクとドコモの間では、ドコモが3000件ながら顧客を奪った。

ま、予想の範囲内でしょうか。意外にもDocomoへの流出が少ないかな。
プランやサービスが落ち着くのにしばらく時間がかかりそうなので、今は静観でしょうかね。

ちなみに、Softbankはオレンジ(X)+パケット定額が狙い目だそうです。
学生の方は学割。一人の契約のひとは自分割。を利用するとよいらしいです。

それと、各プランの長期継続割引ですが、基準がソフトバンク(ボーダフォン、J-Phone)加入年数に変更されているようで、私のようにデジタルホン時代からの9年超のユーザーだと、ゴールドプラン(予想外割)、ブループラン、オレンジプランの各長期継続割引に変更すると割引率がアップする場合もあるようです。

しかしながら、ブループラン、オレンジプランの長期割引の最大割引率は11年目以降が25%ですが、ハッピーボーナスの2年目の実質割引は29.1%と両プランの25%を上回り、11年目には50%に到達する為、ハッピーボーナスユーザーは安易に変更しないほうが得策だと思います。

ゴールドプランに関しては、ソフトバンク内の通話がほぼ無料※、国内メールが無料になるので、家族割引はなくなっており、継続割引を追加して最大70%引となっています。基本料が9600円/月ともともとが高いので70%引きとなっても2880円と割高。これに、ソフトバンク安心パック(498円/月)とパケットし放題(1024円~4410円/月)
を加えると最低でも4402円/月かかります。(スーパー便利パックは不必要で解約すると考えます)
これが、どれだけ年数変わっても変わらないわけです。

これに対しハッピーボーナスは家族割引を適用した場合は2人以上の加入で25%以上の割引となるため、2年目で54%割引、11年目には合計で75%もの割引率に達することになります。無料通信分も考えると旧プランの方が得策かと感じます。(自分のプランに関しては別記事にアップしたいと思います)

※21:00~24:00台のソフトバンク携帯電話への通話時間が1請求月内に最大200分(累計)を超過した場合、超過分は30秒ごとに20円(税込21円)かかります。この時間に関しては、ソフトバンク内の通話に限り200分=8000円分の無料通信分があると考えればよいでしょう。


他社携帯へデータを完全に移動したいならば、携帯管理ソフトが必須です。

|

« 【ブログ】アクセスログ | トップページ | 【ココログ】pingサーバー »

SoftBank/iPhone」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/4016213

この記事へのトラックバック一覧です: 【Softbank】予想外割、通話料変更:

« 【ブログ】アクセスログ | トップページ | 【ココログ】pingサーバー »