« 【WRC】新井さんのサイン! | トップページ | 【ココログフリー】メンテナンスのお知らせ »

2006年10月16日 (月)

【家電】電気ケトル

デジモノではなく、思いっきりアナログ的な家電をご紹介。T-FALの電気ケトルです。電気ケトルっていうのは、電気を使ったヤカンですね。一般的な家庭にあるものだと保温機能もある電気ポットが普通でしょうか?

T-fal 電気ケトル ニューヴィテスエクスプレス 1.7L BF252022

なんで、この商品を紹介しようかと思ったかというと、家電Watchの第1回と最新回に電気ケトルが紹介されてるからです(笑)

第一回のは我が家で使っているのと同じT-FALの1.0L版ですね。我が家のは一般的なヤカンとおなじ1.7Lです。

コラム: 家電製品ミニレビュー第1回 ティファールの電気ケトル

最後に、電気ポットと比較してみよう。電気ポットが“常時お湯が沸いている機械”なのに対し、ティファールは“いま必要なお湯をすばやく沸かす機械”だ。たとえば、一日中、家にいて、何度もお茶を飲むような用途ならばポットの方が向いている。一方、朝食の際にちょっとコーヒーを飲んですぐに外出してしまう、という用途ならばティファールの方が向いている。使用頻度が低いなら、沸かし直しも早いので、常時保温しておかなくて、そのつど沸かし直すのも苦にならない。

そう、まさに我が家がこの理由でこの商品を買ったのですよ。
我が家にも以前は電気ポットがあったのですけど、常時お湯を沸かしておくほど利用しないんですよねぇ。

かといって、お湯が欲しいって時にわざわざ大きいヤカンをだしてお湯を作るってのは面倒なわけで...。

で、MARUTOが友達の家で見つけてきてこれ便利!と感じて購入したのであります。

碧き流星のおすすめ商品の方でもご紹介していますが、まさに必要量を必要なときにだけ一気に沸かす商品です。ヤカンと違って便利なのは、沸騰したら自動的に電源が落ちることですね。沸かしっぱなしがないので安全ですし、コードのある土台とポット部分は独立しているので、注ぐときには必ず電源がオフになりますし、注ぐときにもコードは全く邪魔になりません。
(沸かしている途中にポットを持ち上げても電源がオフになります)

複雑なボタンは一切いっていうか、ボタン1つしかありませんから間違えることはありません。

湯を沸かす時間も、1,2分だったりするので、まず水をいれてスイッチを押して、準備をしている間に沸きあがります。

スパゲッティとかの大量のお湯も鍋で沸かすよりも、この電気ケトルで沸かすほうが圧倒的に早いです。
それは、熱が逃げにくい構造だからですね。普通のヤカンとほぼ同じか早いぐらいだと思います。

保温機能を一切持たないので、常時通電もされませんし、使わないときは消費電力0(ゼロ)という省エネ商品です。水も使う分をその都度汲むわけなので新鮮ですしね。

もちろん、急速湯沸しの為に一時的な消費電力が1500W近くまで達するので、電子レンジ等との併用には気をつけなければいけませんが、それを差し引いても便利な商品だと思います。

↓T-FALの他めいろんなメーカーがいろんなサイズで展開していますので、一度見てみてはいかがでしょうか?

|

« 【WRC】新井さんのサイン! | トップページ | 【ココログフリー】メンテナンスのお知らせ »

家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/3826190

この記事へのトラックバック一覧です: 【家電】電気ケトル:

« 【WRC】新井さんのサイン! | トップページ | 【ココログフリー】メンテナンスのお知らせ »