« 【ご飯】おでん | トップページ | 【阪神】辛くも逃げ切り »

2006年9月13日 (水)

【ラリージャパン】観戦記:9月2日(その1)

前回初日である9月1日のレポートをお送りしましたので、いよいよ、本格ラリー観戦となる9月2日のレポートをお送りしたいと思います。

9月2日
□AM6:00
起床。
早いようですけども、ラリーを最初から見ようと思うとこの時間に起きる必要がありました。

どういうことかといいますと...

アイテナリー(スケジュール)によると、
リクベツ3を最初の車が通過するのが8:28ですが、これはラリーカーの出走時間。
その前に、SSの安全や通信設備のチェックの為にコースカーが走ります。

SS開始前に出走するのは
エキュイップメントカー、インフォメーションカー、000、00、0カー
ですね。
SS終了後にはスィーパーカーが走ります。

エキュイップメントカーはその名の通り備品運搬。ラリーに必要な備品を届けます。普通のバンだったりします(笑)

インフォメーションカーは、ラリーが始まるのをオフィシャルおよび観客に伝えます。もちろん、ラリーで使用する機器チェックや安全性のチェックも行われています。スィーパーカーは逆にラリーの終了を伝えます。今年のインフォメーションカー、スイーパーカーは三菱のアウトランダーでした(このアウトランダーはオフィシャルカーとして大量に投入されていた)。スイーパーカーのあとは、コース開放となり、エキュイップメントカーやメディアを載せた車が走行したりします。

そして、000カーからは、ラリーカーが始まる前の最終チェックとなり、ラリーカーに近いスピードでコースを走り、安全上や設備上、通信上の問題がないかを走行しながらチェックします。したがって、000カー以降は、WRカーとまでは行かないまでも、それなりのチューンがされてます。特に最後の0カーはPCWRCレベルのチューンがなされて、ドライバーもそのレベルで出走できる方が担当されます。今年の0カーは昨年と同じ小西重幸さんでした。

000カーは三菱ランサーエボリューションIV
00カーは三菱コルト RALLIART Version-R
0カーはスバルインプレッサWRXSTIバージョンSpec.C

Rally JAPAN : Japanese: オフィシャル紹介:コースカー

小西さんの昨年のレポートによれば、実際のチェックは00カーまでで終了しているようです。

小西重幸のラリージャパン”ゼロカー”ドライブ レポート

去年トミマキネンがゼロカーを努めた“ゼロカー”を今年は自分がドライブすることになった。ゼロカーとは国際ルールで競技車であるファーストカーの前にコースセーフティを確保するために走行が義務づけられているオフィシャルカーの1台。セーフティカーは他にもインフォメーションカーや000(トリプルゼロ)カー、00(ダブルゼロ)カー、競技車の直前にゼロカーと続く。先行の“インフォ”と“000”がコースオフィシャルや器材のスタンバイをチェック、“00”はそれが機能しているかのより実戦的チェックとなる。ただし実際に“修正”が可能なのはここまで。0(ゼロ)カーは基本的にはコースマーシャルの実戦的緊張感を高めるためのものといえばわかりやすいだろうか。

ちょっと余談が長くなってしまいましたが、
これらもラリー観戦の楽しみの一つですからこれに間に合うように行かねばなりません。
実際この時間でもちょっと遅いぐらいでした(北見発の場合)

□AM6:30
友人のレガシィでホテルを出発
2006rj_027

2006rj_0282006rj_029

2006rj_0302006rj_031

陸別までの道は天候もよくてまさに北海道!って感じでした。

2006rj_032

いよいよ陸別が近づいてきましたよ。

そして、北見から約1時間(途中で朝ごはんをコンビニで調達した時間を含む)で陸別町に到着しました。
友人の情報どおり、北見から陸別の道中は一切渋滞などなくスムーズでした。駐車場は友人の取って置きの場所(笑)ここでは明かせません。ここからは徒歩でラリー会場となる陸別サーキットまで移動です。

2006rj_034

「日本一寒い町 りくべつ」

という看板が。確かに9月初めで晴れてましたが朝は寒かったです。Tシャツ+ウィンドブレーカーでも丁度ぐらいでした。

2006rj_035

前を行く友人2人。

いよいよ、陸別サーキットに近づいてきたところで

2006rj_036

000(トリプルゼロ)カー登場!!!

既にコースチェックを終えてリエゾン区間を走行中でした。
いよいよ盛り上がってまいりましたよ。

2006rj_0382006rj_040

陸別サーキットの入口交差点付近です。

2006rj_041

当日券の販売所
帯広スーパーSSのスタンド席以外は当日券が販売されてます。

2006rj_043

いよいよ入口です!

2006rj_045
ゲートでチケットを見せ通過すると、リクベツのコースが目の前でした。ちょど、フィニッシュの位置ですね。ジャンピングスポットになっているのがわかります。ゲートにもっとも近いエリアはFエリアとなっています。

2006rj_046

リクベツの観戦エリアMAPですね。A~Fまで多種多様なエリアで観戦ができます。

3人で相談の結果、午前中のリクベツ3の観戦ポジションは既に3度目となる友人のお勧めであるCエリアに決定しました。FエリアからCエリアへは、循環バスで移動です。

とココで00カー(コルト)が通過していきました。

はい、00カーが通過したということは、ちょっとやばめです。急がないとラリーカーが出走してしまいます。

急いでバス停へ移動します。

2006rj_048

ゲートにもっとも近いFエリアには、レプリカカーやインフォメーションやショップなどがありましたよ。
急いでいたのですが、ここでガチャポンを一回だけしました(笑)

2006rj_049

循環バスに乗り込みます。

2006rj_051

丁度バスがついていましたし、込んでなかったのでスグに乗り込めたのはラッキー。
Cエリアまでは、ほんの数分でした。

2006rj_053

ここからCエリアまでは徒歩です。結構、勾配のきつい道でした。

そして、もうスグ、観戦エリアに着くぞ!

というところで、

0カー登場!!!

Rikubetsu3_0car


「rikubetsu3_0car.3gp」をダウンロード

もう、テンション上がりまくりです!!!

次回は、いよいよラリーカー登場です。

関連記事

【ラリージャパン】観戦記:9月2日(その2)
【ラリージャパン】観戦記:9月1日
トラックバック
92の扉:WRCラリージャパン2006・LEG2・SS12リクベツ3
tawa Heavy Industries Ltd.:【WRC】LEG2 闘いの予感…

ラリー・ジャパン 2006【DVD】
DVD WRC世界ラリー選手権 2006 Vol.8 ラリージャパン

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

WRC【DVD】

|

« 【ご飯】おでん | トップページ | 【阪神】辛くも逃げ切り »

Podcast」カテゴリの記事

モータースポーツ」カテゴリの記事

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

ラリージャパン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/3412206

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラリージャパン】観戦記:9月2日(その1):

» WRCラリージャパン2006・LEG2・SS12リクベツ3 [92の扉]
 昨日までと違い、今朝はスッキリとした青空が広がっています。 今日はいよいよラリージャパンを陸別SSで観戦する予定。去年は小雨がぱらつく肌寒い気候だっただけに、この青空は嬉しいですね。うちは「曇り男」とでも言うような感じなもので、一緒に観戦する「碧き流星(WRC,デジモノ,阪神タイガース,流体解析)」の 碧 さん や 「tawa Heavy Industries Ltd.」の tawa さん が「晴れ男」というとこ�... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 01時55分

» 【WRC】LEG2 闘いの予感… [tawa Heavy Industries Ltd.]
※おことわり 画像のコピーはご自由にどうぞ。 ただその場合、ちょこっとご記帳していただきますよう お願いできますかしら??? さて、いよいよ決戦のLEG2です。 決戦というか、旅行の日程上 まる一日観戦する唯一のLEGです。 ではあとは黙って写真を並べます。    晴天なり。前も右も左も馬も。 絶好のラリー観戦日和です!! そして一行は“日本一寒い町”に着きましたよ。 すると、早くも普通... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 01時02分

« 【ご飯】おでん | トップページ | 【阪神】辛くも逃げ切り »