« 【車】車間距離維持システムの導入を望む。 | トップページ | 【ボーダフォン/ソフトバンク】WM5端末は年内登場でHTC製 »

2006年9月14日 (木)

【ラリージャパン】観戦記:9月2日(その2)

興奮の0カー疾走から、いよいよ、本物のラリーカーが登場です!

9月2日(その2)
AM8:18

2006rj_054

いよいよ、観戦エリアに到着です
既に多くの観客が場所取りを済ませています。

リクベツ3を最初にラリーカーが出走するのが8:28ですから、後10分!
ということで、私たちも観戦場所を探します。

もちろん、人気スポットである、ジャンプスポットであるクレスト部分には既に人だかり(笑)

ですが、ココで先ずは観戦。

出走順ですが、LEG1での結果を元に、上位はリバースオーダー(下位の人から)となります。
Leg2の出走順

まずは、トップカテゴリーであるA8クラスがリバースオーダーで出走。

□1台目
No.12 ガレス・マクホール
Private Entry
FORD FORCUS RS WRC 04

2004年モデルのフォーカスRS WRCでプライベートエントリーのドライバー
日本までわざわざやってきてWRカーでエントリーするぐらいですからよほどのお金持ち(笑)

とりあえず、WRカーの走りを自分の目で見たかったので
すんません、画像なしです。

ですが、やっぱり撮りたくなったので、EX-Z40を動画モードで準備。

□2台目
No.10 ルイス・ペレス・コンパンク
FORD FORCUS RS WRC 06
STOBART-VK-M-SPORT FORD RALLY

こちらは、フォードのBチームで参戦のコンパンク。こちらもお金持ちだそうです。
ラリーカーがくるまでの緊張感を見て欲しいので無編集でお送りします。


「rikubetsu3_10_COMPANC_.3gp」をダウンロード

動画最初の笛は、ラリーカーの接近を知らせるオフィシャルの合図です。
これで、一気に緊張感が高まり、周囲の空気が張り詰めるのです。
その後、遠くからエンジン音が聞こえてきて、猛烈なスピードでフォーカスがやってきます。

ここからしばらくは初めての観戦で生の自分の目で観戦したかったので画像も動画もありません(すみません)

□3台目
No.9 マシュー・ウィルソン
FORD FORCUS RS WRC 06
STOBART-VK-M-SPORT FORD RALLY

フォードの代表であるマルコム・ウィルソンの息子さんです。

撮影場所はリクベツのCエリアのショートクレスト周辺です。

前のSS11Eminaに向かう途中のロードセクションでターボトラブルが発生し、SS12でも解消せず、非常にゆっくりとしたスピードでリクベツ3を走行していました。上のコンパンクと比べると明らかに遅いのがわかります。

SUBARU - モータースポーツ

陸別のショートステージ、3回目のステージでは、ターボブーストなしでの走行が続くウィルソンが依然苦戦。

□4台目
No.5 ペター・ソルベルグ
SUBARU WORLD RALLY TEAM
SUBARU IMPREZA WRC 2006

いわずと知れた、スバルのエースです。2003年WRCドライバーズチャンピオン。
本来はこんな出走順で走っていてはいけないんですが、LEG1でのブレーキトラブルなどでこの位置。

□5台目
No.14 新井 敏弘
SUBARU WORLD RALLY TEAM
SUBARU IMPREZA WRC 2006

2005年PCWRCチャンピオン。PCWRCはグループN仕様で争われるWRCの次のカテゴリーです。
ほとんど市販車に近い車で戦う為、ベース車の素性が問われるカテゴリー。
以前にもWRカーでWRCに参戦したこともあり、最上位は4位とトップクラスの実力を持っています。
念願かなってラリージャパンで最新スペックのWRカーで出場となりましたが、マシンのセッティングがいまひとつでこの位置。

□6台目
No.2 ダニエル・ソルド
KRONOS TOTAL CITROEN WRT
CITROEN XSARA

JWRCでめきめきと実力を発揮しチャンピオンになり、WRCにステップアップ。当初は3rdドライバーの扱いでしたが、破竹の勢いでWRカーをも乗りこなし、セカンドドライバーの座をX.ポンスから奪った超有力若手ドライバー。

□7台目
No.6 クリス・アトキンソン
SUBARU WORLD RALLY TEAM
SUBARU IMPREZA WRC 2006

スバルのセカンドドライバー。ソルドと同じくJWRC出身。グラベル戦を得意とし、昨年のラリージャパンでは、ペター、ローブ、グロンホルムに匹敵するスピードを見せ、見事3位フィニッシュ。今年はペター同様、マシンの不調に悩まされ中。しかし、最近は完走率が高くなってきていますのでマシンの調子が上がってくれば速さもおのずと上がってくるはずです。

□8台目
No.7 マンフレッド・ストール
OMV - PEUGEOT NORWAY
PEUGEOT 307 WRC

M2エントリーのOMVプジョーから参戦中のストール。昨年限りで撤退を表明したプジョーの307を駆ってWRC全戦に出場中。

2006rj_055

見事、ジャンプの瞬間を捕らえることに成功しました(笑)

ここから、観戦場所をCエリアの先端近くへ移動。

□9台目
No.4 ミッコ・ヒルボネン
BP FORD WORLD RALLY TEAM
FORD FOCUS RS WRC 06

2004年までスバルのセカンドドライバーでしたが、結果を残せず放出されましたが、2005年にプライベーターで結果を残し見事2006年にフォードのセカンドシートをGet!ソルド同じく若手の有望株です。

2006rj_056

EX-Z40は光学3倍ズームを備えていますが、ノーズームでないと入りきらないぐらいの近さ。
タイミングばっちりでど真ん中に捉えることができました。

スピード的にはもっとも遅いポジションなのでじっくりと動きを見ることができます。
WRカーのトップドライバーたちはそれほどスライドせずにココを通り抜けていきます。

□10台目
No.1 セバスチャン・ローブ
KRONOS TOTAL CITROEN WRT
CITROEN XSARA

Car No.1=昨年のドライバーズチャンピオン。2003年はペターに1pts差でチャンピオンを逃しましたが、2004年、2005年も圧倒的な強さでドライバーズチャンピオンを2年連続で獲得。WRC最強ドライバーです。

はい、ローブの走りもじっくり見たかったので撮影してません。
そして、いよいよWRカーの最後です。

□11台目
No.3 マーカス・グロンホルム
BP FORD WORLD RALLY TEAM
FORD FOCUS RS WRC 06

2000年、2002年のドライバーズチャンピオン。プジョー206での圧倒的な強さが記憶に残る。フィンランド出身のドライバー。プジョー307のマシントラブルに泣かされ、さらにプジョーの撤退と悲運が重なるも、めきめきと実力を上げてきたフォードに移籍し、再びトップの実力を発揮できる環境に。スバルが不調の今、ペター以外に、ローブの独走を止めることが出来るのは彼しか居ない。

2006rj_057

大きく柵に身を乗り出しての撮影。まさに、クリッピングポイントを通過中のマーカスを捕らえることができました。コーナーのRとタイヤの向きが一致してないのがわかるでしょうか?リアを軽くスライドさせつつ、ここから一挙にアクセルを踏んで加速していきます。

WRカーの出走が終わったところで、次はPCWRCクラスの出走となりますが、WRカーが終わった時点で別の観戦場所に移動する人がチラホラと出始めました。

PCWRC以降は、その3で...。

関連ページ

ラリー・ジャパンカテゴリー
トラックバック
tawa Heavy Industries Ltd.:【WRC】LEG2 未知との遭遇
ニャンコのように気ままに・・・。^^: 2006 WRC R11 日本(ラリージャパン)




ラリー・ジャパン 2006【DVD】
DVD
WRC世界ラリー選手権 2006 Vol.8 ラリージャパン

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

WRC【DVD】

|

« 【車】車間距離維持システムの導入を望む。 | トップページ | 【ボーダフォン/ソフトバンク】WM5端末は年内登場でHTC製 »

Podcast」カテゴリの記事

スバル」カテゴリの記事

ラリー(WRC/IRC)」カテゴリの記事

ラリージャパン」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/3438713

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラリージャパン】観戦記:9月2日(その2):

» 2006 WRC R11 日本(ラリージャパン) [ニャンコのように気ままに・・・。^^]
今年こそは帯広まで見に行きたかったのだか、子供が生まれたばかりではどうしようもな [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 22時58分

» 【WRC】LEG2 未知との遭遇 [tawa Heavy Industries Ltd.]
※おねがい ・しゃしんのコピーはじゆうだよ。だけど、きみの名前をかいていってね。 ・おおきなしゃしんがほしい子は、ちょくせつ言ってね。 ・ブログを見るときは、へやを明るくして、がめんからはなれてね。 ゼロカーが通過したということは ついにスペクタキュラーたちの登場です!! SS12はリクベツ3、2.73kmの短期決戦 陸別スーパースペシャルステージです。 12 G.マクホー... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 01時06分

« 【車】車間距離維持システムの導入を望む。 | トップページ | 【ボーダフォン/ソフトバンク】WM5端末は年内登場でHTC製 »