« アクセスログ | トップページ | 行ってきます。 »

2006年7月20日 (木)

【SONY】DVDとHDD搭載のハイビジョンハンディーカム登場!

1080iという高解像度を持つハイビジョンを録画できるDVDハンディーカム『 HDR-UX1』とHDDハンディーカム
『HDR-SR1』がソニーから登場しました。

ソニーは既に従来のDVテープに1080i規格のハイビジョンを録画できるハイビジョ ンハンディーカム『HDR-HC3』
HDR-HC3 B デジタルHDビデオカメラレコーダー ブラック
を出していますので、一挙にラインナップが拡充さ れました。

HDR-UX1の場合、8cmDVD+R DLで
最高画質(ビットレート12Mbps)で27分
最低のLPモード(ビットレート5Mbps)で60分
のハイビジョン録画が可能です。
う〜ん、さすがにDVDだと録画できる時間が厳しいですね。

HDR-SR1の場合 30GBのHDDに
最高画質(ビットレート15Mbps)で4時間 最低のLPモード(ビットレート5Mbps)で11時間
のハイビジョン録画が可能です。
これだけの撮影時間があれば、1回の撮影でも十 分足りそうな感じです。

もう、ハイビジョンビデオカメラはソニーの独壇場ではないでしょうか? W杯でハイビジョン対応大画面テレビがかなり売れたようですし、そのテレビで今 までのビデオを見れば、おのずとビデオカメラもハイビジョン対応のものがほしく なるのが普通でしょう。他社で1080i(横画素数が1080ピクセル)もの解像度を持った家庭用ハイビジョン カメラはまだどこも出していないはずですから、ソニーの技術力の高さを感じます 。

まだ、詳しくスペックなどを見ていませんが、画質的にはDVテープを使うのが一番 よいのではないでしょうか? ただ、DVD版は、そのままDVDプレーヤーで再生できる手軽さがありますし、HDD版 は4時間もの長時間録画が可能です。
今までのDVテープと同じように使いたいならばHDR-HC3を
とにかく簡単にハイビジョンハンディーカムを利用したいならHDR-UX1を
PCで編集して、 PCでDVDなどに焼きこみたいのならHDR−SR1を
というようにユーザーの利用スタイルに応じて製品を選べます。

ただ、DVDのハイビジョン規格(AVCHD)に対応したDVDプレーヤーがないのがつら いところですね。 このAVCHDは、ソニーと松下の提唱している規格であるため、今後は両社のHDD-DVD レコーダー(ソニーすご録、松下DIGA)でAVCHD規格に対応したものが登場するの はほぼ間違いないと思います。

ちなみに、DVDドライブを搭載するPCは追加ソフトでAVCHD規格のDVDディスクを再生できるようですし、
PlayStation3でも再生ができるとのことです。

あとは、Blu-rayハンディーカムとか、VAIOTypeUの用に記録部にフラッシュメモリーを利用したハイビジョンハンディーカムが登場するのを期待します。特に記録部がフラッシュメモリーになれば、耐衝撃性が格段にあがりますし、省電 力化や軽量化も望めますので、過酷な環境下で撮影されることの多いビデオカメラにはもってこいだと思います。

|

« アクセスログ | トップページ | 行ってきます。 »

デジモノ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/109977/2732040

この記事へのトラックバック一覧です: 【SONY】DVDとHDD搭載のハイビジョンハンディーカム登場!:

« アクセスログ | トップページ | 行ってきます。 »