« 【スバル】ステラのブログもあるぞ! | トップページ | 【ブログ】アクセスログ »

2006年6月19日 (月)

【W杯】痛恨のドロー

どちらが、勝ってもおかしくない感じの戦いでした。日本は再三のピンチをしのぎ、再三のチャンスを決められず、クロアチアも再三のピンチをしのぎ再三のチャンスを決められなかった。

しかし、あの柳沢のあのキックはなんだったんだろう?ぽっかりとあいたゴールマウスに軽くあわせればよいだけだったはずなのに、パス?シュート?って感じのキックに。柳沢に渡るまでのダイレクトパスによる目の覚めるようなすばやいパス回し(鳥肌たった)はクロアチアのDF陣を完全に翻弄していただけに非常に悔しい場面でした。

あとは、やはり、せっかくゴール前にクロスがあがっても、だれも詰めて行かない当たりに行かない場面が幾度となくありました。ああいうところにカズやゴンならば走りこんでいたと思ってしまいます。

ヒデはやっぱり凄いですね。リズムを変える為のシュートといっておきながら、ゴールマウス内に確実に力のあるシュートを放っていました。

とにかく、最終ブラジル戦は2点差以上で勝たねば決勝進出はありません。
いくら、決勝進出が決まっているブラジルとはいえ、日本に負けるというのは許されないでしょう。

だからといって、日本は負けるわけにはいかないのですよ。

全力でぶつかれそして、ゴールを奪え!!!

FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD ブラジル代表 優勝への全軌跡 DVD FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD ブラジル代表 優勝への全軌跡

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2002/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 【スバル】ステラのブログもあるぞ! | トップページ | 【ブログ】アクセスログ »

スポーツ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W杯】痛恨のドロー:

« 【スバル】ステラのブログもあるぞ! | トップページ | 【ブログ】アクセスログ »