« 【日記】おかえり | トップページ | 【スバル】インプレッサマイナーチェンジ »

2006年6月20日 (火)

【905SH】インプレスのAV watchレビュー

インプレスのAV watchにてminiSDワンセグ録画対応の「AQUOSケータイ」miniSDワンセグ録画対応の「AQUOSケータイ」でVodafone 905SHが紹介されてますね。AV watchでの紹介ということで、携帯の機能ではなく、ワンセグテレビとしての使い勝手をレビューしておられます。なかなか詳しく、テレビ側からのレビューなのが面白いですね。

週刊 デバイス・バイキング

携帯電話のような移動体端末では、視聴位置も都度変わる可能性がある。905SHでは自動的にその場所の放送をスキャン/追従する機能は備えていないが、複数の地域設定を登録し、その設定を編集できるチャンネルリスト機能を装備している。

そうなんですよ。基地局情報から自動的にチャンネルリストを切り替えてくれる機能があってもよさそうなものです。
そして、このチャンネルリストですが、細かく地域設定できるのは良いのですが、設定してもその地域名がチャンネルリスト名に反映されません。もちろん、チャンネルリスト画面でメニューからリスト名称は変更できるのですが、せっかく地域設定をするのですから、そのままの情報を反映させるだけでもかなり使い勝手が良くなると思います。(その上でユーザーが自由に変更すればよい)

週刊 デバイス・バイキング

テレビ機能の操作に関しては、ボタンの割り当てを覚えるまで若干戸惑った。というのも、横位置ではデータ放送が見えず、操作もできないので、縦位置では動いても、横位置では操作を受け付けないボタンが出てくる。そのためか、説明書を読んでから、縦位置と横位置時の表示可能項目を理解するまで、直感的に操作できなかった。

これは、そうですね。横位置と縦位置でメニューの出方が変わるので操作を戸惑います。
横位置のままメール閲覧とか出来ても良いのになぁと思ったり。(左側にTV、右側にメール)
いちいち縦位置に変更するのも面倒だったりします(笑)
せっかくの横位置で横位置になったという情報も取得できるのですから、縦でも横でもシームレスに使えるようにして欲しいですね。

週刊 デバイス・バイキング

ワンセグ放送の画質はさすがに良好。液晶サイズが大きく、解像度も400×240ドットと高いため特に止め画が多い映像であれば、かなりしっかり細部まで確認できる。色再現性も非常に良く、携帯電話で見ているとは思えない程。肌色の発色が良く、暗部の階調潰れもほとんど感じない。時折ブロックノイズが散見することはあるものの、ニュース番組のスタジオ内映像や、アニメ、動きの少ないドラマでの画質は、携帯電話とは思えない程。

はい、ワンセグは凄いです。アナログの場合は徐々に徐々に砂嵐のようなノイズが多くなって見づらくなりますが、ワンセグはとにかく粘りきります。ノイズはブロックノイズがでたり、動きが止まったりという感じですが、それが発生するのはかなりギリギリで、アナログがほとんど視聴できない領域でもちゃんと画像や音声が届く場面が多くデジタルの威力を感じます。

週刊 デバイス・バイキング

基本的なテレビ視聴機能に大きな不満はないが、現在放送中の番組データを瞬時に確認できないのがやや残念なところ。特に905SHの場合、チャンネル切替に時間がかかるので、現在放送中の番組を一覧してから切り替えたいのだが、放送経由でEPGを一覧する画面は用意されておらず、通信経由で取得する。

そうなんですよ、ワンセグには電波にも番組表が含まれているはずなのですが、それを利用せず通信を利用してしまうのが困り物です。パケット定額を使っていれば気にもならないのでしょうが、携帯でWEB利用をしようと考えない私にとってはこのアプリはつかえません。

むしろ番組予約などは、Gコードでやりたいですねぇ。そういうVアプリを提供して欲しいです。(多分ライセンスの関係でフリーのVアプリでGコード解読は無理だと思います)

あと、毎朝7時からのニュースを録画しておきたい場合にも、毎日設定しなければならず、繰り返し録画設定も欲しいところです。

週刊 デバイス・バイキング

暗号化が施されているため、PCに録画したデータをコピーしても、再生不能。また、他のminiSDカードにフォルダごとコピーすると、905SHで認識でき、番組タイトルなどが表示されるが、再生はできなかった。

PCで再生できないのは知っていましたが、同じデータを905SHに戻しても再生できないのですかね?
他のminiSDと書いてあるのですが、同じminiSDに戻した場合はどうなるのでしょう?
一度実験してみないといけませんね。

録画したデータを一度PCにバックアップしてメモリーを空け、また見たいときに戻して再生するというような使い方が出来れば嬉しいなぁ。

週刊 デバイス・バイキング

録画番組の画質は、通常の番組視聴時と変わらない。また、音声付きの1.33倍早見/早聞き再生のほか、2/10/30/120倍速の早送り/戻しが可能となっている。ただし、この倍速表示は縦画面時のみにしか確認できず、サイクロイド時にはスキップ速度がわからないのが残念だ。

横画面で倍速表示が確認できないとありますが、間違いです。
左のメールボタンを押して「パネル」を表示すれば、倍速表示を確認できます。ただ、画面の下部分が隠れてしまいますが...。家庭用ビデオなどのように画面中にテキストやアイコンを表示すればよりわかりやすいとは思います。

倍速から等速に復帰する時、ボーダフォンマークを押すのですが、これは決定ボタンにすべきでだと思います。
なんとなく違和感があります。

週刊 デバイス・バイキング

また、ワンセグ放送映像の外部出力機能などは備えていない。

そうなんです、録画した番組は外部出力に対応しておらず、せっかくの録画番組も家庭のテレビに出力してみるというようなことは出来ないのです。SD-Video型式のビデオならば、外部出力に対応しているので、PCでアナログ放送をキャプチャーして再生する場合は外部出力可能です。

週刊 デバイス・バイキング

また、音楽プレーヤーとしてはSD-Audioと、AACの再生に対応。iTunesで作成したAACファイルを、\PRIVATE\VODAFONE\My Items\Music以下に転送したところ、認識され再生も可能だったが、アーティスト情報などのタグ情報が表示できなかった。

これは、付属のソフトを使わず転送したんですかね?付属のソフトを使って転送した場合がどうなるのかも確認したいと思います。


↓携帯オーディオプレーヤーにワンセグが付いてます。









TOSHIBA gigabeatVシリーズ ワンセグ視聴と録画/再生機能搭載ハードディスクオーディオプレーヤー 30GBHDD インディアンブラック MEV30T(K)


CE

TOSHIBA gigabeatVシリーズ ワンセグ視聴と録画/再生機能搭載ハードディスクオーディオプレーヤー 30GBHDD インディアンブラック MEV30T(K)


販売元:東芝

発売日:2006/06/30

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 【日記】おかえり | トップページ | 【スバル】インプレッサマイナーチェンジ »

SoftBank/iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【905SH】インプレスのAV watchレビュー:

« 【日記】おかえり | トップページ | 【スバル】インプレッサマイナーチェンジ »